8/22(土)。 京都の「悪王子神社」(あくおうじじんじゃ)へ行って参りました。



ガイドブック 京都・「歩く下京自遊自在」 2009/8/14に載っていた、気になった神社なので、
お伺いすることにしました。(^^)





阪急・烏丸駅
阪急・烏丸駅(からすまえき)をスタート。


19番出口を上がって、一路東へ。








東洞院通り2
すぐに東洞院通り(ひがしのとういんどおり)が見えてくるので、南下します。








悪王子神社
そして、じきに到着♪






「どこに神社があるんだッ。 (#゚Д゚)ノシ 」




よく見てください。 ビルの谷間にあるでしょ。(^^;)








悪王子神社2
鳥居こそありませんが、ちゃんとしたお社です。




悪王子社は素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀る八坂神社の摂社で、
天延二年(974)東洞院四条下る西側に建立されました。
(以下、神社の案内看板より抜粋。)








悪王子神社3
古事記や日本書紀に出雲国肥河(いずものくにひのかわ)の川上で八岐大蛇
(やまたのおろち)を退治した素戔嗚尊を讃え、悪王子の称号を賜り、運命を
切り開く若き勇猛心の御魂を荒御魂(あらみたま)と申しお祀りしています。







ちなみに、一つの精霊には、
荒御魂(あらみたま)・・・動的な部分「勇猛・進取」の徳を指す。
和御魂(にぎみたま)・・・静的な部分「温和・仁慈」の徳を指す。


二面性を持ち合わせているんですね。





日本の神様は二重人格なんでしょうか。(^^;)








悪王子神社4
当時は、第六十四代円融天皇の御代で、平将門の乱(935)、藤原純友
の乱(939)等地方の国々が乱れ、その犠牲の祟りで疫病や災害が起こると考え
られました。その怨霊を鎮めるため祇園御霊会(ぎおんごれいえ)が行なわれ、
これが祇園祭の始まりです。








悪王子神社5
それが豊臣秀吉の命で烏丸五条に移され、この地を元悪王子町、
移転地を悪王子町と呼ばれるようになりました。悪王子社は明治十年より現在の
八坂神社境内に鎮座されていますが、当町内にあるのが本当で、土地所有者の
御好意で平成十年四月悪王子社の分霊を頂きここにお祀りすることができました。




なるほど、「悪王子神社」には、そのような云われがあるんですね。








悪王子神社6
それでは失礼しまして、正面へ。


御祭神

・素戔嗚尊:荒御魂(すさのおのみこと:あらみたま)








悪王子神社7
神額は「悪王子社」と掲げられています。



しかし、「悪王子」というネーミング、強烈なインパクトです。(^^;)






ちなみに、ここでいう「悪」とは、「猛々しい、強力な」という意味だそうです。








悪王子神社8
では、御賽銭を入れて鈴を鳴らし、手順正しく、



お参り~。( ̄人 ̄)








悪王子神社9
お参りのあとは、お社を少々拝見。


おお、これは立派な細工が施されています。




全体的に新しく、とても清潔な印象を受けます。








悪王子神社10
屋根は、きれいな流れ造りです。


お社の周りは、透明のアクリルボードでしっかりガードされています。





雨どいも付いて、風雨対策は万全。 スゴイ。








悪王子神社11
真横からも失礼します。

ちなみに外側の屋根も、流れ造りです。(^^;)







さて、次へ向かうため、そろそろおいとましましょう。


ありがとうございました。( ̄人 ̄)






悪王子神社12
さてさて、京都は「悪王子神社」(あくおうじじんじゃ)。



大変小さい神社ながら、良いお参りをさせて頂きました。 (^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/91-fd0a983c