社寺巡り 京都・「百万遍・知恩寺」(ひゃくまんべん・ちおんじ) 「手づくり市」 2009/8/17
の続きで、 「吉田神社(よしだじんじゃ)」へ向かっています。





吉田神社2
東今出川通りを右折、京都大学を右手に臨みながら、南下します。








吉田神社3
400mほど歩くと、鳥居が見えてきました。








吉田神社4
立派な朱塗りの鳥居です。



となりには手水舎が。








吉田神社5
水はなみなみと、清らかです。(^^)








吉田神社8
お手を清めたあとは、鳥居の前へ。



それでは、気持ちを整えまして、


いざ潜入。








吉田神社9
鳥居をくぐると、すぐ左手に「今宮社」があります。








吉田神社10

御祭神

・大己貴神(おおなむちのかみ)
・大山祇神(おおやまづみのかみ)
・健速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)


吉田町の産土神だそうな。


まずは、お参り~。( ̄人 ̄)








吉田神社12
それでは、参道の階段を上って行きましょう。



趣があって、いい感じです。(^^)








吉田神社13
おお、なかなかに広い境内です。








吉田神社14
「吉田神社案内図」があるので拝見。



なるほど、「吉田山」の麓(ふもと)に位置するんですね。



これは広大な敷地です。








吉田神社43
左手には、「さざれ石」と、巻物をくわえた「神鹿」が。



鹿さんは、なでなでさせて頂きました。(^^;)








吉田神社17
お次は「本宮」へ。


清和天皇貞観元年四月(859)中納言藤原山蔭卿(ふじはらやまかげ
きょう)が春日の四神を勧請し平安京の鎮守神として吉田山に創建される。
(以下、公式サイトより抜粋。)








吉田神社18
爾来永延元年(987)一条天皇の行幸を始め正暦2年(991)大社の一に列せられ、
堀河天皇嘉承元年(1107)四度官幣に預る等、皇室の崇敬極めて厚く、殊に神職
吉田兼倶が吉田神道を創設。








吉田神社19
後土御門天皇文明16年(1484)斎場所(さいじょうしょ)大元宮(だいげんぐう)
を造営してより益々隆盛加はり神道界の絶大なる権威を保持したのである。旧社領590石。








吉田神社20
それでは、本宮前へ。


御祭神

第一殿 :建御賀豆知命(たけみかづちのみこと)
第二殿 :伊波比主命(いはいぬしのみこと)
第三殿 :天之子八根命(あめのこやねのみこと)
第四殿 :比売神(ひめがみ)


中の様子を伺うと、お社が横一列に四社並んでいます。



お参り~。( ̄人 ̄)








吉田神社21
その後は丘の上にある、摂社の「神楽岡社」へ。





山にある神社は、坂や階段が多くて、キツイです。(^^;)








吉田神社22

御祭神

・大雷神(おおいかづちのかみ)
・大山祇神(おおやまづみのかみ)
・高靇神(たかおかみのかみ)


神楽岡地主の神、雷除の神として崇敬厚く、吉田町の氏神だそうな。




少々息が上がりながらのお参り。( ̄人 ̄;)








吉田神社23
右隣の末社へは階段を降りず、そのまま平行移動でお伺いしましょう。(^^;)








吉田神社24
「若宮社」


御祭神

・天忍雲根命(あめのおしくもねのみこと)



本宮の三・四殿と、縁が深いそうな。


お参り~。( ̄人 ̄)








吉田神社25
さてお次は、


おや、二手に分かれて鳥居があります。




う~ん、ではまず左の方へ。








吉田神社26
「菓祖神社」

御祭神

・田道間守命(たぢまもりのみこと)
・林浄因命(はやしじょういんのみこと)



「お菓子」の神様として製菓業界の方から信仰が厚いそうな。( ̄人 ̄)





ワタクシもお菓子大好きだったりします。(^^;)








吉田神社28
さて、右手の鳥居をくぐって行きますと、見えてきました。








吉田神社29
「山蔭神社」

おお、こちらのお社はシルエットが美しい。


御祭神

・藤原山蔭卿(ふじわらやまかげきょう)
 (相殿・恵比須神)


こちらは「料理の神様」です。( ̄人 ̄)



包丁の神、飲食の祖神として崇敬厚いそうな。








吉田神社30
さて、だいぶ夕方になり、時間が押して参りました。



他にも摂・末社がありますが、本日は次でラストにしましょう。(^^;)








吉田神社31
末社・「斎場所大元宮」(さいじょうしょ だいげんぐう)

またを上ってきました。








吉田神社32
こちらにも手水舎があります。



せっかくですから、再度お清めしましょう。(^^)








吉田神社33
う~ん、

枯れ葉ではお清めはできません。(^^;)








吉田神社34
気を取り直しまして、「斎場所大元宮」(さいじょうしょ だいげんぐう)へ、潜入。

全国の神々が祀られています。








吉田神社37
やっぱり、時間的に遅かったか。

門は閉まっていました。(^^;)



御祭神

天神地祇八百萬神(あまつかみくにつかみ やおよろづのかみ)

内院鎮座神
東神明社・天照皇大神
西神明社・豊宇氣比売神
東西諸神社・式内神三千百三十二座(全国の神)




門の外から、お参り~。( ̄人 ̄;)








吉田神社38
おお、遠目からお社の一部、「千木」と「菊の御紋」が見えます。



また次の機会に拝見したいと思います。








吉田神社39
さて、最後に社務所で御朱印を頂きましょう。








吉田神社41
こちらが頂きました御朱印。

ありがとうございます。(^^)




「由緒書き」と、「吉田神社とその歴史」という説明書きも頂けました。

吉田神道の発展などについて、詳しく書かれています。








吉田神社42
さてさて、京都は「吉田神社(よしだじんじゃ)」。

良いお参りをさせて頂きました。







でも予想外に広い神域で、全部のお社を巡りきれなかったので、次の機会は
時間に余裕を持ってお伺いしようと思います。(^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/88-9ddf63a4