ればせながら本日、ご先祖様のお墓参りに行って参りました。



いや、色々と忙しくて、お彼岸も最終日になっていたり。 (^^;)








2016年・秋のお彼岸・お墓参り1
そんな事を言いつつも、毎度おなじみの妙心寺へ。 (^^;)



京都市は右京区にある、臨済宗・妙心寺派の総本山


この寺域内に御先祖様の眠る塔頭(たっちゅう)がありまして・・・、









2016年・秋のお彼岸・お墓参り2
そんな毎度のくだりも程々に、日頃の感謝・ご報告を申し上げ、

お参りはかに終了・・・。 ( ̄人 ̄)




こうして境内の一角に咲く彼岸花を見ると、暑い夏も終わって、

またが来るんだな~と思う、今日この頃なんですよね・・・。









2016年・秋のお彼岸・お墓参り3
いや、まだまだ暑いですわ~。 (;´д`)



「暑さ寒さも彼岸まで」と言われながらも、まだ普通に30℃越え
してるし。 (^^;)


少し歩いただけで、けっこうをかいたり。 (^^;)





さて、そんな具合にお天気も良く、このまま帰るのは勿体無いので、

少しり道して帰りましょうか。









2016年・秋のお彼岸・お墓参り4
これまたスゴイ人出! (@_@;)



いや、妙心寺からほど近くの北野天満宮に足を延ばしましたが、

神域を取り囲む様に出店もズラリと、大変なわい。



これはなるほど、本日25日は天神さんの御縁日なんですね。

そこに曜日も重なって、この盛況ぶりなワケですか。



この状況では、御本殿前に到達するのにろしく時間が掛かりそうなので、


本日は目からのお参りで御容赦頂きましょう。 (^^;)









2016年・秋のお彼岸・お墓参り5
お参り帰りに、近くの上七軒(かみしちけん)にも立ち寄りましたが、

これまたスゴイ人出。 (^^;)



京都最古の花街(かがい)で、祇園と同様、風情ある街並みが
続くんですよね。


あわよくば、本物の舞妓さんと出会えたらな~とも思っていましたが、

この状況では難しそうなので、


またの機会があれば。 (^^;)




そもそも本日は、スマホしか持って来てませんので。 (^^;)









2016年・秋のお彼岸・お墓参り6
その後は足を延ばして、二条城付近をウロウロ。 ~(゚д゚ ) ~( ゚д゚)



いや、お社を巡る内、いつの間にかこの辺りまでていたり。 (^^;)









2016年・秋のお彼岸・お墓参り7
その後は進路を東に、近くの京都御所も散策したりして。 (^^;)



いや、本日は散策と言いますか、普段お参りと言いますか、


お散歩と言いますか。 (^^;)




ワタクシの場合、社寺巡りや史跡巡りを記事にする時は、ガッツリと
写真を撮って、色々と謂れも調べ込まないと


が済まないタチなんですよね~。 (^^;)



なので時々こうしても考えず史蹟を巡ったり、ただ神仏の前に
頭を垂れたりするだけの時間があっても、


アリなのかな~と思う次第なんです。 (^^;)





そんな難しい事を言いつつも・・・、









2016年・秋のお彼岸・お墓参り8
突如進路を変えて、上京区へ北上。


お次は白峯神宮(しらみねじんぐう)へ。 ==( ゚д゚)ノ   ←(何故に)




いや、暴走モードに入ると、自分自身でも説明できません。 (^^;)









2016年・秋のお彼岸・お墓参り9
その後はまた突如、進路を大きく西京区へ変更。


松尾大社(まつおたいしゃ)へ。 ==(#゚Д゚)ノシ  ←(行動が意味不明)









2016年・秋のお彼岸・お墓参り10
いやホント、最終的に嵐山まで来てるし。 (^^;)



でもさすがにこの辺りまで来ると、空気はんでいて清々しいですね~。


山から吹く風もしくて、気持ちいい。 (^^)









2016年・秋のお彼岸・お墓参り11
ちなみにここ嵐山周辺は、常時多くの人出で賑わっているんですね。



有名な社寺がく点在していながら、当ブログではあまり訪れて
いないエリアなので、


この辺りもまた頑張ってらねば。 (^^;)






・・・で、本日は、のお話でしたっけ? (^^;)    ←(そこ)









2016年・秋のお彼岸・お墓参り12
秋のお彼岸・お墓参りに行った件でした。 (^^;)



お参り後に散策に出て、えらくお話が脱線しましたが、 (^^;)

でもでも、毎年春と秋に迎える日本独自の祖先供養行事・お彼岸



こうして年に2回くらいは、御先祖様を敬い偲び、日頃の感謝
気持ちを申し上げたいですね。 (^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/676-e74e28dd