ここ最近何かとしくて、しぶりの更新だったり。 (^^;)



社寺もあまりれていないので、更新できるネタもなかったりして。 (^^;)







京なび1
そんな事を言いつつも本日、これまた久しぶりに京都駅付近まで
来たので、


ちょっとり道してから帰りましょうか。









京なび2
それにしても、やっとさも和らいできましたね~。 (;´д`)



少し前までの、あの凶暴なまでの暑さは鳴りを潜め、


今はもうの気配も感じられたり・・・。 ( ̄人 ̄)    ←(熱中症注意)









京なび3
いや、さすがにもう熱中症の心配はないと思いますが。 (^^;)



そう自虐的になっている内に、京なびへ到着。 (^^;)




ちなみにこちら「京なび」、当ブログでも何度かご紹介しておりますが、

京都市と京都府が共同で設置する、「京都総合観光案内所」なんですね。



日英中韓の多言語対応から宿泊施設の案内、更には修学旅行まで対応 した
マルチ観光案内所ですが、



加えてマニアまで納得させるレアな社寺情報も時々入手できるので、


ワタクシも何かとお世話になっているワケなんです。 (^^;)









京なび4
何のマニアかは不明ですが、ひとまずのところ入り口で

一礼してから、潜入~。  ~~(  ̄人 ̄)




いや、社寺ではないので、特に一礼する必要はありません。 (^^;)









京なび5
入口から早くも、社寺・観光・企画に関するパンフレットが所狭しと
展開されています。




ひとまずになるパンフレットは、片っ端から頂きまくり。 (^^;)









京なび6
こちら「花だより」も、リアルタイムなインフォメーションなんですよね。


各社寺の境内に咲く、花の見頃が一覧で掲げられて、まさにここでしか
得られない情報だったり。


こうして拝見すると、まだまだった事の無い所も多いですね~。



ちなみに今の時季は(はぎ)が見頃ですか。



こうした季節のお花に、社殿や伽藍をめた写真にもチャレンジしたい。 (^^;)









京なび7
はまた特別公開の季節でもあるんですね。



その上時代祭も執り行われたりと、


何気にただしい。 (^^;)









京なび16
芸術作品の展覧会もまた多く開催される時季でもあるんですね。



芸術の秋と云われる事もあって、これまた何気にただしい。 (^^;)




ちなみに今年は京絵師・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の生誕300周年
記念の年なんですか。



多くの仏画も遺した江戸時代の奇才に触れるには、この時季が絶好の
機会かも知れません。 (^^)









京なび9
吉井勇(よしい いさむ)の作品展もあるとは、


これまた何気にマニアック。 (^^;)   ←(コラ)




ちなみに吉井勇とは大正から昭和にかけて活躍した歌人なんですね。


東京に生まれ、後年は京都・八幡市(やわたし)に寓居したそうな。




本作品展も、八幡市の美術館で開催とは妙に納得したり・・・。 ( ̄人 ̄)









2011年・かにかくに祭10
そう言えばずい分以前、→京都・祇園:2011年 「かにかくに祭」 2011/11/17
の記事で書いたんですが、


吉井勇は祇園をこよなく愛した事でも知られ、祇園白川通には今もこうして

かにかくに碑が遺されているんですね。




何だか舞妓さんネタに寄りそうなので、吉井勇に関してはこの辺で。 (^^;)









京なび10
それにしても、やはり外国からのお客さんも多いですね~。


英文での案内やパンフレットもバッチリとって、さすがは京なび。









京なび11
京都という場所柄、花街(かがい)に関するパンフレットや書籍も豊富。


諸外国の皆さんは熱心に入っておられます。



いや、現代ではこういった伝統美も希少な存在。



日本人でもかれるものがあります・・・。 ( ̄人 ̄)     ←(惹かれすぎ注意)









京なび12
そんな事を言いつつも、こちらのポスターも拝見。 (^^;)


まさに祇園甲部にある施設で、京舞をはじめ、狂言や雅楽など、
日本の伝統芸能を身近に鑑賞する事が出来るんですね。




ちなみにポスターの舞妓さんお二方、舞妓さんを卒業されて久しいので、

そろそろり直されても良い頃かと思ったり。 (^^;)









京なび13
こちらは現役の舞妓さんなんですね。 (^^;)


これまた祇園甲部歌舞練場内は、「八坂倶楽部」で期間限定で開催される
ミュージアムですか。



こうした花街関連の情報をしっかりとさえているのも、さすがは京なび。









京なび14
さて、何だかんだでまた長居したので、そろそろ帰りましょう。



色々とパンフレットを頂きまくりで、何気にバッグもくなったり。 (^^;)









京なび15
さてさてそんなこんなで、京都総合観光案内所・京なび。 (^^;)


終盤はやや花街寄りになりましたが、

でもでも、何かと社寺の特別公開情報やパンフレットをいて、
いつもお世話になっている次第なんです。 (^^;)



これからお彼岸にかけて、ようやくしくなる頃。


頂いて来たパンフレットを吟味して、また社寺や展覧会など、

色々と巡る検討をしたいと思います。 (^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/675-3a014a6c