6/30(木)。 水無月(みなづき)食べました。  ( ̄人 ̄)






いや、唐突なくだりで恐縮ですが、本日は夏越祓(なごしのはらえ)
の日なんですね。 (^^;)



各神社では6月の後半に、日々の罪・汚れをい清め、暑い夏を無事に
過ごし、 残る半年の無病息災を祈願する神事が行われるんです。









2016年・水無月1
その一年の丁度折り返しである「夏越祓」に合わせて、関西のごく一部では

水無月(みなづき)と呼ばれる和菓子を頂く風習がありまして・・・、



いや、これも最近まで全国区的な行事と思い込んでいたり。 (^^;)









2016年・水無月2
そう言いつつも、近所のスーパーで購入した水無月を御賞味。 (^^;)



ちなみに「水無月」とは、ういろう生地に小豆をのせて、三角形に切った
和菓子の事。



直前まで冷蔵庫に入れていたので、え冷え。 (^^;)






2016年・水無月5
ちなみに旧暦6月1日は、「氷の節句」または「氷の朔日」といわれ、
室町時代には幕府や宮中で年中行事とされていたそうな。


この日になると御所では、「氷室」(ひむろ)のを取り寄せて、
その氷を口にして暑気を払っていたんですね。




でもでもなるほど、当時の庶民にとって夏の氷など食べられるもの
ではなく、そこで宮中の貴族にならって、

氷をどった菓子・「水無月」が作られるようになったワケですか。



小豆は邪気払い、三角形は暑気払いのを表しているとか。









祝・ブログ開設七周年6
節分の日にしても然り、豆には古来より、魔を滅する「魔滅」(まめ)
という 意味が込められている事から、


魔除けや厄除けの供物として儀式などに使われたそうな。  ( ̄人 ̄)









2016年・水無月3
そう言いながらも、ペロリと平らげて、ご馳走様でした~。 ( ̄人 ̄)




いや、る前なので控えめにしようと思いながらも、


結局フル食してしまうし。 (^^;)









2016年・水無月4
さてさて、そんなこんなで、2016年・水無月(みなづき)。  (^^;)


梅雨もまだ明けておらず、夏本番もまだながら十分にし暑い今日この頃。

そんな中たい水無月を頂いて、暑気が払われました。 (^^)


でもまずはこうして半年間、無事に過ごせた事に感謝を・・・。 ( ̄人 ̄)




そう言えば、今年はまだの輪くぐりをしていませんでした。


これもまた、どちらかのお社にれねば・・・。 (^^;)





スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/668-486a0ce8