さてお正月は終わり、十日戎(とおかえびす)も松の内も終わり、


さすがに新春気分がけ切った今日この頃・・・、






久々に舞妓さん撮影ネタなどを一つ・・・。 ( ̄人 ̄)    ←(キタ)



いやホント、早いもので、1月はもう後半に差し掛かっているんですね。 (^^;)





これまたいもので、前回は、→京都・祇園 伝統行事 2015年・「八朔」
(はっさく) 2015/09/13
の記事以来なので、


舞妓さん撮影ネタも実に、5ヵ月ぶりだったり。 (^^;)









2016年・始業式1
画像 : 朝日新聞デジタルニュース 2015/1/8の記事より。





さて、今回参戦しますは始業式(しぎょうしき)。 (゚д゚)



京都の各花街では、芸妓さん・舞妓さんが黒紋付の正装で参列し、
旧年の御礼、そして新年の御挨拶を交わす行事なんですね。



式場である歌舞練場からの待ちや、御挨拶回りの様子を撮らせて頂こう
というのが魂胆なワケですが、


実のところワタクシ、あまり始業式には参戦した事がなく、5年も前に

京都・上七軒:2011年 「始業式」 「前編」 2011/01/14
京都・上七軒:2011年 「始業式」 「後編」 2011/01/17

で撮りに伺って、記事にして以来ですかね~。



冬の時季なので、単にいのが苦手という事もあったりして。 (^^;)


夏の八朔は毎年撮りに行ってますが、たまには始業式にも参戦して
みるのもアリかな~と。 (^^;)









2016年・始業式2
して今回、同じ狙うならばと、京都・花街最高峰祇園甲部。 (゚Д゚)



人混みを避けるべく、団栗橋(どんぐりばし)を渡って現地入りしましたが、
思いのほかキャメラマンがないですよ。


聞く所によると、芸・舞妓さん方の式場入りは既に終了したそうな。 (;´д`)



各屋形から歌舞練場への出立の様子をしでも撮れればな~と、
11時過ぎに訪れましたが、


不覚にも寝坊したのは痛かった。 (^^;)




それにしても、昨年よりずい分い式場入りだとか。


舞妓さん撮影って、過去のデータ通りに行かないものなんですね。 (^^;)









2016年・始業式3
午後からの待ちに備えて、この祇園町周辺をウロウロしながら

時間をしましょう。 (^^;)




おや、最近の祇園での火災報知器は都をどりと舞妓さんのデザインをあしらって、
ってますね~。


を基調に落ち着いた色合いで、景観にも溶け込んでいます。









2016年・始業式4
花見小路通にも出て1枚、パチリ♪



こちらにはデザイン主体の駒札が。


喫煙に飲食、そしてゴミのポイ捨てなどなど、で判り易く禁止事項を
表しているんですね。


なるほど確かに、最近の祇園町は中国語も多く飛び交って、海外からの
お客さんも増えてますからね~。



それにしても、舞妓さんへのお触り禁止の絵が印象的。 (^^;)   ←(表現)









2016年・始業式5
そんな中でも、人通りの少ない路地に入ると対照的なけさ。


手水鉢の縁には小さな可愛らしいお地蔵様が祀られていて、癒されたり。



南無地蔵菩薩・・・、 ( ̄人 ̄)









2016年・始業式6
無理やり社寺ネタを絡めて辺りを散策している内に、良い頃合いに。 (^^;)



歌舞練場の入り口へ行ってみると、にわかにがしくなっていますよ。


式が終わって、そろそろ芸・舞妓さんがて来られる模様。



でも凄いキャメラマンの人数で、既にワタクシの立ち位置はい感じ。


この遅いタイミングで来たので当然ですが。 (^^;)




それではとをかいて、歌舞練場の裏口に回ってみたところ・・・、









2016年・始業式7
おお、これは良いタイミングで第一陣がて来られました。 w(*゚0゚*)w



そんな中、背景に歌舞練場の楼閣を絡めてみましたが、後ろから付いて来る
キャメラマンも写り込んで、なかなかにしい。 (^^;)



ちなみに右から芸妓さんは、小扇(こせん)さん、小耀(こよう)さん、
そして小芳(こよし)さんと・・・、









2016年・始業式8
待って~。  (´Д`) ノ



う~ん、お顔とお名前を確認しようとしていたら、いつものパターンに入って、
さらっと後塵を拝す事に。 (^^;)



またモタモタして撮りしてしまった。 (^^;)




そうこうしていると前方からは、中国語飛び交う、大陸系マダム方の
集団が。 (@_@;)



一斉に写真を撮り始め、爆買いならぬ爆撮りとは、これいかに。 (^^;)









2016年・始業式9
ぬおっ、こんどはこちらからつる居御一行の登場!? (゚д゚;)


何気に今日は、序盤から展開がしい。 (^^;)



でもよく拝見すると、芸妓さんのお一人がつる居の紗月(さつき)さん
ではなく、多摩のつる葉(つるは)さんなんですね。



いや、そんなかい事にこだわっている場合ではありません。 


これはとにかくシャッターチャンス。 (^^;)









2016年・始業式10
充分に寄って、芸妓さんの紗矢佳(さやか)さんと、そして舞妓さんの
茉利佳(まりか)さんを1枚、パチリ♪


いつもニコやかやかで、癒されますね~。 (*^^*)



いやホント、この群衆の中でも全くじないところが凄かったり。 (^^;)



それにしても、ここで会ったのも何かの御縁。

本日はこちら「つる居」御一行に、



ずっといて行きましょう。 ( ̄人 ̄)    ←(ストーカー)









2016年・始業式11
そんな事を言いつつも、御挨拶回りの様子も1枚。 (^^;)


水引幕をワンポイントに、何だか新春的な雰囲気で撮れてご満悦。 (^^)




それにしても、こういった定例の花街行事はそれぞれ、色んな撮り方が
あるんですね。



背景と構図にこだわり、ただ一点に留まって入魂の1枚を狙うも良し。

より多くの芸・舞妓さんを捉えるべく、ひたすらり回るも良し。



はたまた、特定の芸・舞妓さんの様々な画・表情を追い求め、


終始いて回るも良し・・・。 ( ̄人 ̄)    ←(ストーカー)




いや、舞妓さん撮影ではいつもり回る系が多いので、たまにはこういう
アプローチもアリかな~と。 (^^;)









2016年・始業式12
おや、こうしてよく見ると頭には、稲穂の簪(かんざし)が。 (゚д゚)



一月の舞妓さんは、頭の左に松竹梅の簪(かんざし)を挿し、
右側には実るほどに頭を下げるという意味で、本物の稲穂を挿すんですね。


一方、芸妓さんは頭の側に挿し、いずれも小さな白いがあしらわれた
おめでたい縁起物。


それにしてもなるほど、この簪が先ほど感じた新春感でしたか。









2016年・始業式13
これまた祇園町とは対照的なバルーンアート。 (゚д゚) 



サッと構図を決めて1枚撮りましたが、伝統的な街並みとの対比
何気に面白い1枚に。 (^^;)



お三方の表情も悪くありませんし、これまたご満悦。 (^^;)









2016年・始業式14
その後は大和橋を渡って、白川南通を行くんですねッ。 (@_@;)


いや、この先には有数の芸・舞妓さん撮影スポットである、巽橋
控えているので、これまた危険なルートを通るんだな~と。 (^^;)



大勢のキャメラマンと、もみくちゃになる事必至。 (^^;)



そんな手前でも、風情ある1枚をと、構図にえ込みを配して、パチリ♪


う~ん、微妙に背景の木塀にピントが合うし、表情を含めて今ひとつ
な1枚に。 (^^;)



咄嗟に全てをめないといけない舞妓さん撮影って、改めてしい
ですね~。 (^^;)









2016年・始業式15
白川南通の途中で急に左折して、今度は新橋通へ。


こちらもまた危険なルートには変わりなかったり。 (^^;)



大勢のキャメラマンともみくちゃになるし、遭遇した芸・舞妓さんと
御挨拶を交わす様子を絡めて撮るのは、さすがに無理。 (^^;)






さて、ここまで来ると、さすがにつる居御一行に付いていく人数も
ってきましたが・・・、









2016年・始業式16
紗矢佳さん、横断歩道を渡りましょう! (@_@;)



引き連れるキャメラマンもほとんど居なくなって、紗矢佳さんのお導きも
大胆なルートになってくるし。 (^^;)



いやホント、普通に付いて行ったらに撥ねられそうになって、

アブナイ。 (^^;)     ←(人のせいにしません)






そんな事を言いつつもスキを狙って・・・、










2016年・始業式17
1枚お願いしまして、パチリ♪


これまたもみくちゃになっての1枚で、単なる街撮りスナップ写真
の様になって今一つの出来。 (^^;)



でもでもこのぎの中茉利佳さん、ありがとうございます~。 m(_ _)m









2016年・始業式18
さて、始業式後の御挨拶回りもそろそろ終盤の模様。


八朔の様に御挨拶回りがメインではないので、廻られる軒数はな目
なんですね。



ワタクシも最後に他の様子も撮っておきたいので、つる居御一行からは
この辺で離脱を。



本日は沢山撮らせて頂き、ありがとうございました~。 (´д`) ノ~






このタイミングで近くの花見小路通から、何やら歓声が聞こえてきますよ。

最後に屋形へ帰られる芸・舞妓さん方がれた様です。



いやホント、特に観光の人も多い花見小路通での芸・舞妓さんは、

芸能人的な人気を誇りますからね~。 (^^;)




そう言いつつも、ワタクシもササッと駆け付けると・・・、









2016年・始業式19
なんと、本物の芸能人!? (@_@;)



芸・舞妓さん方の往来に混じって、テレビでよく見る人が現れたので
ぎになってたんですね。




お忍びで舞妓さん撮影に来られていたとは・・・。 ( ̄人 ̄) ←(そんなワケない)



でもホント、予想外の人物が現れて、チョトびっくり。 (^^;)









2016年・始業式20
それにしても芸能界きっての百獣の王も、この騒ぎにはきの様子。 (^^;)



何かのロケだったんでしょうかね。


ここ祇園周辺は色々と撮影にも使われるので、こういった場面と出会える
のもまた、舞妓さん撮影の面白い所かも知れません。 (^^;)









2016年・始業式21
そうこうしている内に段々と日もいて、人通りも少なくなり、御挨拶回りも
完全にわりな空気に。




でも最後に、舞妓さんに風情あるお茶屋さんのお玄関先に立って頂いて、
新春感のある1枚を頂きたい! (゚Д゚)     ←(要望ムチャすぎ)




確かに、辺りには舞妓さんはおろか、キャメラマンの姿も見られません。 (^^;)


いや、せっかく始業式撮影に参戦したので、どこかのタイミングで
記念になる1枚を頂ければな~と考えていましたが、この時間からはさすがに無理。


本日はおとなしくりましょう。 (^^;)



舞妓さんからちゃんとした1枚を頂くのは簡単な事ではありません。 


始業式の様に大型の行事ごとなら、なおさらの事・・・。 ( ̄人 ̄)



いや、そもそも御挨拶回りで1枚頂こうという事自体、NGなワケで・・・、





そんなり言をブツブツ言いながらろうとしていると・・・、









2016年・始業式22
まだ御挨拶回りを続ける舞妓さんを、目ざとく発見! (゚ ゚ )



これはまさに、本日最後のチャンス! (゚Д゚)



いやホント、この機を逃すと本日は間違いなく終了が確定してしまいます。









2016年・始業式23
そんなワケで、舞妓さんの入られたお茶屋さんのお玄関前へダッシュ。


おお~、もうキャメラマンが誰も居ないので、気兼ねなくセンター
陣取れましたよ~。



しかもお玄関回りをよく拝見すると、上から注連縄(しめなわ)に両サイドは
根引松(ねびきのまつ)、そして下には葉牡丹(はぼたん)と、


これ以上無いという位、新春感バリバリ! (゚Д゚)




ここに立って頂いて、絶対に1枚頂く!  w(*゚Д゚*)w      ←(コラコラ)




突然訪れた大チャンスに、やや興奮気味にもしばし待機。 (^^;)









2016年・始業式24
おお、出て来られました。


でもってはいけません。 お声掛けはタイミングが重要。



まずはお店出しよろしく、足から出て来られる所を落ち着いて
カメラに収めつつ、タイミングを見計らい・・・、



1枚、お願いしますッ! (*゚Д゚*)ノ





「は~い♪」









2016年・始業式25
パチリ♪


これまたく応えて下さって、ありがとうございます~。  。・゜・(/Д`)・゜・。


いやホント、ほぼめていましたが、最後の最後で頂けて良かった。 (^^;)



そう言えば途中、小雨が降ったんでした。

手にはな雨傘と、これ以上無い位の1枚に、改めて感動。



お写真の出来はとして。 (^^;)




でもでも、舞妓さんは豆純(まめすみ)さんなんですね。



充分に御礼申し上げて、ありがとうございました~。 m(_ _)m









2016年・始業式26
さて、もうさすがに始業式後の御挨拶回りも、終了



いや、近くの花街・宮川町では、時間的にまた式後の御挨拶回りも
撮れそうですが、

どこかでもみくちゃになった際に腕をめてしまったので、またの機会に
訪れましょう。 (^^;)









2016年・始業式27
さてさて、そんなこんなで、2016年・京都祇園、伝統行事は始業式


しぶりの舞妓さん撮影、そして久しぶりの始業式本格参戦でしたが、
存分に楽しませて頂きました。 (^^)


一点集中型で、つる居御一行に付いて回ったのも新鮮だったり。 (^^;)



ラストでは悪運、いや強運を発揮して1枚頂けたのも奇跡的でした。

ホント、頂けた舞妓さんには感謝申し上げます。 (^^;)



そんなワケで、これ以降の舞妓さんネタ在庫はまたゼロ


でもしぶりに赴くと、やっぱりしい舞妓さん撮影。

また何か行事の際には、れたいですね~。



その模様の更新は、またれた頃に・・・。 (^^;)






powered by TomiryuMap







スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/651-42215edc