本日は、久しぶりに「御神酒」(おみき)ネタなどを一つ。 ( ̄人 ̄)




いや、まだ新春気分が抜け切らない今日この頃なので、こういった


お酒ネタを入れてみるのも、またアリかな~と。 (^^;)







伊勢神宮・御神酒1
そんなワケでこちらが、昨年末、→社寺巡り 2015年:三重・伊勢神宮
「お伊勢参り」 2015/12/31
の際に購入しておりました「御神酒」。



一先ずお正月も一段落したこの休日辺りが、開封する良いタイミング
かも知れません。 (^^;)









伊勢神宮・御神酒5
早速開封しますと、い艶やかな陶器に入った御神酒が印象的。


蓋は御猪口(おちょこ)と兼用になっているんですね。




伊勢神宮の御神酒らしく、見た目に風格を感じたり・・・。 ( ̄人 ̄)









伊勢神宮・御神酒2
ちなみに本・御神酒、こちら内宮は参集殿(さんしゅうでん)にて求める
事が出来ます。




同じ内宮の敷地でも、神宮大麻や御朱印の授与などが行われている

神札授与所では扱われていないので、チョト注意が必要かも。









伊勢神宮・御神酒3
加えまして、この徳利に入った御神酒、通販や市販は行われておらず、
伊勢神宮の現地でしか入手できないんですね。




ある意味レアかも知れません。 (^^;)









伊勢神宮・御神酒4
その御神酒を造っている蔵元は、その名も白鷹(はくたか)。 (゚д゚)



内宮の参道には、こうして沢山の菰樽(こもだる)が奉納されています。




マーシャルアンプはフルスタックよろしく、これだけ同一蔵元の菰樽が
積み上げられていると、


威圧感もまたスゴイ。 (^^;)










伊勢神宮・御神酒6
箱の裏面を拝見すると、これまた意外、地元三重県の蔵元ではなく、

兵庫県はの蔵元なんですね。 (゚д゚) 




これは何でも大正天皇の御代、伊勢神宮の御神酒を民間委託する、
という話になった際、


全国ある酒蔵の中より、ただ一つ選ばれたのがこの白鷹だったとか。




う~ん、何だか奥のそうなエピソードなので、本日の掘り下げは

めに。 (^^;)









伊勢神宮・御神酒7
というワケで、さっそくご賞味を。 (^^;)



ちなみに本日はせっかくなので、本格的に利き猪口(ききちょこ)
にて利き酒を。 (゚д゚)




この利き猪口、これまたい磁器で、底に青い円が描かれているんですね。


その描かれた二重の円が、まるで蛇の目のように見える事から、蛇の目
(じゃのめ)ともいうそうな。









伊勢神宮・御神酒8
トクトクトク・・・。



静かなお部屋に響く、何ともかな音。



神様からのお下がりをでも感じられる様で、不思議な感覚です。









伊勢神宮・御神酒9
しい表現はさて置き、こちらが注ぎました御神酒。 (^^;)



ほんのりとい琥珀色をしています。


日本酒の色は透明なイメージが強いものの、実はこの様に、やや
がかった色なんですね。



色彩学的に、色の反対色が色だそうな。




なるほど、この様に利き猪口に青の反対色を持たせて、日本酒の透明度
や色の付き方などを見るワケですか。



味覚だけでなく、視覚の要素も重要とは、利き酒の世界は

深しかな・・・。 ( ̄人 ̄)









伊勢神宮・御神酒10
いや、本日は利き酒がメインではないので、あくまでカジュアルに。


なので小料理屋さん風に、の中にグラスを置いた「盛っ切り」スタイルで。 (^^;)



う~ん、これも御神酒を頂くにはれたスタイルだったり。 (^^;)




でもでも、まろやかなみの中にも、あと口はさっぱりと辛口



高い次元でバランスのとれたお味は、さすが伊勢神宮に選ばれたのお酒・・・。









伊勢神宮・御神酒12
いやワタクシ、かった風に書いていても、日本酒にはあまりしくなかったり。


その上、お酒にもあまりくなかったりで。 (^^;)




グラス半分くらい頂いた所で、けっこうって来た。 (;´д`)   ←(呑み過ぎ注意)









伊勢神宮・御神酒13
さてさて、そんなこんなで、伊勢神宮の「御神酒」(おみき)。  (^^;)



御神酒とは元来、神様にお供えしたお下がりのお酒の事なんですね。


お伊勢さんの霊力が宿ったお酒で、新春からパワーを頂けたような
気がします。 ( ̄人 ̄)



久しぶりの日本酒で、少しってしまいましたが。 (^^;)




でもでも、関西地方では15日までが松の内



今夜はもう少しお正月気分に浸って、


お酒を嗜みましょうか・・・。 (^^;)     ←(呑み過ぎ注意)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/650-0f4638ba