12/12(土)。 京都市・中京区は「誓願寺」(せいがんじ)へ行って参りました。



さて、本日のお目当ては、コチラ。






京都 新京極 御朱印めぐり6
以前、→社寺巡り 京都市・中京区 「染殿院」(そめどのいん) 2015/03/09
記事で書きました、

京都 新京極 御朱印めぐりキャンペーン 2015/02/28き! (゚д゚)ノ




また合いを入れたところで、前回から早くも9か月が経つんですね。


当ブログには、こういう放置シリーズが何気に多いんです。 (^^;)









誓願寺(写経体験)1
そんな慢にもならないくだりを入れつつ、観光の人達も多く行き交うアーケード・
新京極通(しんきょうごくどおり)を北上。


ひとまず目的のお寺を指します。 (^^;)




ちなみに、今向かっている誓願寺には、今回もう一つのお目当てが。 (゚д゚)









誓願寺(写経体験)2
それはコチラ、写経体験。 (*゚Д゚*)



いや、本・「新京極 御朱印めぐりキャンペーン」で、今回はどちらにお伺いしよう
かな~と、ネットで検索して思案していた所、


誓願寺の公式ページに行きついて偶然発見したんですよね~。




の瀬も押し迫った今日この頃、心静かに写経して己とき合い、

一年のいを顧みるのもまた一興かと・・・。 ( ̄人 ̄)









誓願寺(写経体験)3
そんなり言を言っている内に、アーケードが開けて目指すお寺が
見えてきました。 (^^;)




人通りが多いので、気付かない内の独り言は、けっこうずかしい。 (^^;)









誓願寺(写経体験)4
さて、改めましてお寺の正面に立ち、1枚パチリ♪



鮮やかな塗りの山門が印象的です。









誓願寺(写経体験)5
おや、山門脇の案内看板によると、本・写経体験、空きがあれば当日
参加も可能なんですね。


ワタクシはあらかじめネットから予約しておいたので、お席の方は安心。 (^^)



ちなみに参加費用は、御朱印代込みで1,300円と、リーズナブル。 (゚д゚)



いや、写経体験の相場を知らないので、リーズナブルかどうかはとなく。 (^^;)





そんな事を言いつつも、ひとまずは受付を済ませるべく、一礼してからお堂内へ

潜入~。   ~(  ̄人 ̄)









誓願寺(写経体験)6
無事に受付の続きは完了しましたが、開始まではもう少し時間がある模様。 



それまでは、お寺の沿革を拝見しておきましょうか。 (^^;)









誓願寺(写経体験)7
誓願寺は飛鳥時代・天智天皇六年(667)、天皇の勅願により創建された。
もとは奈良にあったが、鎌倉初期に京都の一条小川(こかわ:現・上京区
元誓願寺通小川西入る)に移転し、

その後、天正十九年(1591)に豊臣秀吉の寺町整備に際して現在の
三条寺町の地に移された。

(以下、お寺の駒札より抜粋。)









誓願寺(写経体験)8
続いてこちら手水舎でお清めを。





「清少納言」、「和泉式部」、秀吉の側室・「松の丸殿」が帰依したことにより、
女人往生の寺として名高く、

また源信僧都(げんしんそうず)は当寺にて善財講を修し、一遍上人(いっぺん
しょうにん)も念仏賦算を行なわれた。





なるほど、平安時代に歴史上有名な女性作家方が、こちら誓願寺で極楽往生
されているんですね。 ( ̄人 ̄)









誓願寺(写経体験)9
御本堂となりの北向地蔵様にも、お参りを・・・。 ( ̄人 ̄)





平安時代後期、法然上人が興福寺の蔵俊僧都(ぞうしゅんそうず)より当寺を
譲られて以降、浄土宗になり、

現在は法然上人の高弟・西山上人善恵房證空(ぜんけいぼうしょうくう)の流れを
汲む、浄土宗・西山深草派の総本山である。





創建がはるか飛鳥時代とあって、数々のお上人方、そして多くの歴史上
の人物にもゆかり深いお寺なんですね~。









誓願寺(写経体験)10
境内の一角には、扇塚(おうぎづか)も祀られています。



「和泉式部」と「一遍上人」が主な役となって、誓願寺の縁起と霊験を物語る、
謡曲・「誓願寺」にちなんだお塚だそうな。


世阿弥(ぜあみ)作と伝わる本謡曲の中で、和泉式部が歌舞の菩薩となって
現れることが、能楽をはじめ舞踊など芸能の世界で尊崇され、参詣される
様になったとか。









誓願寺(写経体験)28
御本堂の脇には多くの扇子が奉納されています。



なるほど、先の様な歴史的故事にちなんで、芸道上達を祈願する人たちが
こうして「扇子」に願い事を書いて奉納されているワケですか。



また誓願寺第五十五世・策伝日快(さくでんにっかい)上人(1554~1642)
が「醒睡笑(八巻)」を著作して、落語の祖と仰がれているんですね。



こちらの御住職であったお上人が、「落語の祖」だったとはらなかった。 (^^;)



それにしても、落語に欠かせない「扇子」もまた扇塚と繋がって、
何気に興味深し・・・。 ( ̄人 ̄)









誓願寺(写経体験)12
歴史回想モードに入っていると、いつの間にか写経のお時間がまって
いたんですね。


慌ててび戻されて、恐縮です。 (^^;)









誓願寺(写経体験)13
おお~、既に写経の道具一式がご用意されてますよ。  w(*゚∇゚*)w



いや、実はワタクシ、お寺で写経するのは今回がめてだったり。 (^^;)



こういう本格的なセッティングを目の前に、テンションががると同時に、

少々緊張気味。 (^^;)









誓願寺(写経体験)14
しかしながら、いきなり写経をめる訳ではなく、


まずは僧侶の方のありがたい法話をお聞きし、続いて参加者全員で
般若心経を読経して、心を鎮めてからなんですね。




諦(ぎゃてい) 掲諦(ぎゃてい) 羅掲諦(はらぎゃてい)、

波羅僧掲諦(はらそうぎゃてい) 提薩婆訶(ぼじそわか)~、 


般若心経~・・・。 ( ̄人 ̄)





う~んさすがに声の通ったプロの読経。 (^^;)


お手本の経典にり仮名はありますが、それでも独特のイントネーションや、
掴みきれないブレスのポイントに、いていくのがやっと。


ただ重ねてんだだけ、みたいな感じで終わってしまった。 (^^;)




そんな事を呟きながらも、お次はいよいよお写経









誓願寺(写経体験)15
まずは小皿にお醤油を。 (^^)    ←(違います)



いや、墨汁でした。 (^^;)



写経体験という催しなので、ここは敷居低く、墨汁と筆ペンをご用意
頂いてるんですね。


写経初心者のワタクシにはかります。 (^^;)




では心を鎮め、一筆目を・・・、









誓願寺(写経体験)16
これはヒドイ。 (ーー;)



いや普段、毛筆のを持つ機会が無いとは言え、出だしからこの有様。 (^^;)



力を入れすぎると文字が太くてれるし、かと言って力を抜きすぎると、
今度は文字がかすれるしで、力加減が全く分かりません。 (^^;)



そんなう事を聞かない筆と格闘している内に、気づいた事。









誓願寺(写経体験)17
この筆がい。 (゚д゚)    ←(道具のせいにしません)



う~ん、確かに。 万人に書き易い筆ペンでこの状況なので、本物の毛筆なら
もっと酷い事になっているでしょう。 (^^;)




「弘法筆を選ばず」ということわざもある位なので、ホント、道具のせいに
してはいけません。 (^^;)









誓願寺(写経体験)29
まだ半分にも達していないのに、早くも挫折しそうになってきた。 (;´д`)



ただこうして下地の文字をすだけなのに、全然イメージとう文字が
紙に写し出されるので、四苦八苦



筆の基本が出来てない上に、の乱れもそのまま文字に現れるしで、


う~ん、るべし、写経。 (^^;)









誓願寺(写経体験)18
でもでも、途中で放棄することなく、何とか最後まで書き切った。 (^^;)


こうして完成品を見ると、半分以降位から段々上手くなっているような。



いやホント、少しでも上達する過程が見えれば、苦労もわれます。 (^^;)









誓願寺(写経体験)19
そしていつの間にか、お部屋の中はワタクシ一人だけに。


皆さん早々に書き終えて、て行かれたんですね。 あらら。 (^^;)



いや、最初は書き写すだけの作業なので10分くらいで終わるかな~と
思っていましたが、

結局のところ1時間も掛かってるし。 (^^;)




う~ん、改めてるべし、写経。 (^^;)









誓願寺(写経体験)20
予想外に体力を消耗し、フラフラになりながらも御本堂内へ。 ~( ;´д`)



浄写しました写経用紙は、こちら一言観音様に御奉納するんですね。









誓願寺(写経体験)21

・十一面観世音菩薩(一言観音:ひとことかんのん)



弘法大師の作と伝えられ、一言で願いを叶えて下さる即効性の
ある事から、「ひとこと観音」として古来より信仰されている観音様だそうな。



それでは仏前の三宝に写経用紙を御奉納し、お参りを。


本日は、張って書き上げました~。 ( ; ̄人 ̄)




一言お願いの方も~、 ゴニョゴニョ・・・。 ( ; ̄人 ̄)




いや、そこも一応重要なところなので。 (^^;)









誓願寺(写経体験)22
そう言えば、御本尊様へのお参りがまだでした。

本日は全体的に順番がになりましたが、お参りさせて頂きましょう。 (^^;)




御本尊


・阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)





木造・寄木造布貼で丈六の坐像。 平安時代後期の定朝様で、鎌倉時代
から南北朝時代の頃の作と伝わるんですね。



大変きな阿弥陀様に、改めてお参りを・・・。 ( ̄人 ̄)





なんだかこのタイミングで一気にり切った感が出て、結構な疲労感が。 (^^;)



しばらくお堂内に佇み、また長居したので、そろそろおいとましましょうか。






そんな事を言いつつもスキを狙って・・・、









誓願寺(写経体験)23
また内陣内を撮ってしまいました。 (^^;)




毎度の事、もうしわけありません。 (^^;)




こうしてお約束を入れていると、いつの間にか閉門のお時間近く。


夕方のお勤めも始まってるしで、本当においとましましょう。 (^^;)









誓願寺(写経体験)24
あらかじめお預けしておいた御朱印帳を受け取る為、受付に来ましたが、
新京極という場所柄か、この時間でも結構参拝の方がれるんですね~。


御朱印を求める人もく、何気に驚き。




ワタクシもお帳面を受け取り、さっそく中を拝見したところ・・・、









誓願寺(写経体験)26
オオー、コチラが「写経体験・特別御朱印」なんですねッ! w(*゚0゚*)w



先ほど納経した仏様・「一言観音」(ひとことかんのん)と書いて
頂けてますよ。



これはまさに、本・写経体験に参加して納経した人だけに授与される
限定の御朱印なんですね。









誓願寺(写経体験)25
こうしてレギュラーの御朱印見本を拝見しても確かに、ラインナップには
入っていません。



メニュー的な御朱印を頂けて、予想以上に満足。 (^^;)    ←(表現)



でもホント、元々御朱印とは、寺院で写経し、それを奉納したとして
授与されるものだったんですよね。



これまでは社寺ともに、300円ほどのお金をお納めして頂いて来ましたが、

本日は実際に張って写経した後に頂けたので、びもひとしおです。 (^^;)




最後は丁重に御礼を申し上げて、ありがとうございました~。 m(_ _)m









誓願寺(写経体験)27
さてさて、そんなこんなで、京都市・中京区は誓願寺(せいがんじ)。

やかな新京極通の中、とても創建深いお寺で良いお参りさせて
頂きました。 ( ̄人 ̄)


でもでも何より、今回初めて本来の手順を踏んで御朱印を頂けて、
良い体験をさせて頂きました。


写経がこんなにエネルギーを消耗するものとは思わなかったり。 (^^;)


の基本や心得的な部分は、追々これからという事で・・・。 (^^;)



ちなみに来年も本・写経体験を企画されており、御朱印はまたった
バージョンを思案されているそうな。


機会があれば、また是非参加したいと思います。 (^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/647-d2c01b0e