8/16(日)。  お盆ですので、ご先祖様のお墓参りに行って参りました。







2015年・お盆・お墓参り1
京都市は右京区にある、妙心寺(みょうしんじ)。


臨済宗・妙心寺派の総本山で、敷地面積は10万坪



日本最大の禅寺なんですね。 ( ̄人 ̄)









2015年・お盆・お墓参り2
途中、清らかなの花を愛でながら、参道を進んで行きます。


お盆における蓮の花は、仏花の中でも、特に印象的なんですよね~。



いや、何らかのり込みのイメージが強いのかも知れませんが。 (^^;)





ちなみにお盆とは、元はインドの盂蘭盆会(うらぼんえ)という行事が
発祥だそうな。


サンスクリット語(インドの古語:梵語)で、「ウランバナ」(ullambana)の
音写語が語源になっているとか。




お釈迦様のお弟子さんの一人、目連(もくれん)尊者が、餓鬼道に堕ちた
亡きに対し、

毎年お経を読んでお祀りしてった、という故事に因んでいるんですね。









2015年・お盆・お墓参り3
仏殿と法堂(重要文化財)のまわりには、御先祖供養の為に、献灯の絵入りの
提灯・約1,000個が奉納されています。





時は下って、中国経由で日本に入ってきた「盂蘭盆会」。 (゚д゚)


平安時代の宮廷では、祖先供養の盂蘭盆会がしきりに開かれていたそうな。



それが毎年この時期、祖霊たちが人々の所に帰って来るとする、民間の信仰と
結びついて、お盆の習俗が出来たんですね。





う~ん、毎年我々が何気なく迎えているお盆も、こうして解いてみると、

恐ろしく歴史がかったんですね。 (^^;)









2015年・お盆・お墓参り4
おや、絵入り奉納提灯の中には、可愛らしい舞妓さんのイラストも。



歴史ある故事の中にも、現代風の京都らしさがあって、妙にんだり。 (^^;)









2015年・お盆・お墓参り5
さて本日8/16は、お盆の最終日で、お精霊送り(おしょうらいおくり)
という法要が行なわれるんですね。



お盆が終わって、御先祖様がって行かれる時に、「お見送り」をするのが
この法要なんです。




和尚さんに塔婆(とうば)を書いて頂いたあと・・・、









2015年・お盆・お墓参り6
こちら法堂(はっとう)の中で、み上げて供養して頂けるんですね。 ( ̄人 ̄)




そう言いつつも、また御堂内を撮ってしまいました。  (^^;)



狩野探幽(かのうたんゆう)筆・天井画(重要文化財)が微妙に写ってしまい、



もうしわけありません。 (^^;)      ←(怒られますよ)









2015年・お盆・お墓参り7
そしてその後、鐘楼堂で送り鐘を3回撞き、御供養が完了と相成る訳です。




ちゃんと列にんで、順序良く。 (^^;)









2015年・お盆・お墓参り8
もちろん、御先祖様の眠るお墓でも、お参りを。 ( ̄人 ̄)



寺域内に46ヵ所ある塔頭(たっちゅう)の一寺なんですが、


非公開のお寺なので、詳細なレポは割愛を・・・。 (^^;)









2015年・お盆・お墓参り10
さてさて、そんなこんなで、日本人が古くからけ継いで来た、伝統的な
仏教行事・「お盆」



紐解いてみると、大変歴史のある行事ですが、詰まるところ、


御先祖様に感謝の念を伝えて、日々の暮らしを送らせて頂くところに
本質があるのかも知れません・・・。 ( ̄人 ̄)




そんな難しい事を言いつつも、すぐにお彼岸も訪れそうな勢いですね。 (^^;)



また機会があれば、お彼岸についても解いてみたいと思います。 (^^;)






powered by TomiryuMap













スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/635-75d4de0d