7/13(月)。 京都市・南区は、綾戸國中神社(あやとくなかじんじゃ)
へ行って参りました。





それにしても、同じ京都市内では今、祇園祭の最中なんですね。



主催である八坂神社には行かず、本日はえてこちらのお社に向かって
いるワケなんですが・・・、 (^^;)









綾戸國中神社1
そう言っていると、じきに神域が見えてきます。


JRだと桂川駅より徒歩5分程、阪急なら洛西口駅より15分程と、
これまた交通至便。




さてこちらの綾戸國中神社、実は「八坂神社」と「祇園祭」にい関わりが
あるお社なんですね。









綾戸國中神社2
角度を変えて、入り口前を1枚、パチリ♪



この日、八坂神社では祇園祭の神幸(しんこう)祭(17日)と還幸(かんこう)祭
(24日)で、馬に乗って神輿(みこし)を先導する、

久世駒形稚児社参(くぜこまがたちごしゃさん)の儀が行われるんです。




そのお稚児さんが2人、ここ綾戸國中神社でお参りの後、八坂神社に向かわれる
との事なので、その神事の様子を拝見してみたいな~という次第で・・・、









綾戸國中神社3
いや、しい事はワタクシもよく判らないまま来たので、色々と解きながら
進んで行きましょう。 (^^;)




ひとまずの所、鳥居前で一礼してから、潜入~。 (^^;)









綾戸國中神社4
深い緑に包まれた参道を進んで行きます。





昔は「綾戸宮」と「國中宮」の二社であったが、現在では合祀され、
左に綾戸宮が、右に國中宮が鎮座されている。


社伝によれば、第二十六代継体天皇の御代には、大堰川(桂川)七瀬の祓神
として大井社と称し、第六十二代・村上天皇天暦九年(965)綾戸社に改称され、
社号の額は第七十代・後冷泉帝の御震筆と伝えられている。

(以下、由緒書きより抜粋。)









綾戸國中神社5
参道途中にある手水舎で、お清めを。





また、國中社は本来蔵王の杜(現・光福寺蔵王堂)に社地があって、中世には
牛頭天皇社(ごずてんのうしゃ)とも呼ばれていた。古くには久世郷
全体の郷社であったと推定される。

戦国時代、國中社が綾戸社の境内に移され、以来綾戸國中神社と称する
ようになったのである。





戦国時代から二社合祀された形で現在に至るとは、やはり歴史い。


ちなみに社名はあやと・くなか神社と読むんですね。



う~ん、どうしてもくになかと読んでしまう。 (^^;)









綾戸國中神社6
先へ進むと、拝殿が見えてきました。


さて、こちらのお社と祇園祭の関係が最も気になる所なので、調べてみましょう。


そんなワケで手っ取り早く、神社の公式サイトを検索。 (^^;)





日本三大祭のひとつ祗園祭には欠かせないものとして山城國乙訓郡訓世村
(現・南区久世上久世町)の綾戸國中神社の久世駒形稚児がある。

その昔、神代の頃素盞鳴尊(すさのおのみこと)が山城の地西の岡訓世
の郷がまだ一面湖水の時、天から降り給い、水を切り流し、土地を開き、
広々とした平野とされた。

(神社の公式サイトより抜粋)





なるほど、このような伝承から、主祭神として素盞鳴尊がられている模様。









綾戸國中神社26
そして、その國の中心と思われる所に、を遣わし給うた。その「符」とは
尊の愛馬・天幸駒の頭を自ら彫刻して、新羅に渡海する前に形見として
遣わし給うたのである。

この形見・「符」が國中社の御神体であり、訓世の郷から祗園祭に供奉
する稚児が、胸に御神体である駒の頭の彫刻を棒持することから「駒形稚児」と
言われる所以である。





御神体が馬の首の彫り物である駒形とは、これまた珍しいですね~。


それもそもはず、全国でもこちらの神社が唯一なんだそうな。









綾戸國中神社7
神域の外からも1枚、パチリ♪


いや、さっきから時々ゴ~ッという大きな音がすると思ったら、

すぐ隣が新幹線の高架に面していたんですね。 (^^;)





ところで、この「駒形稚児」と祗園祭との関係についても見てみると・・・、



「國中社は素盞鳴尊の荒御魂(あらみたま)なり。
八坂郷祗園社は素盞鳴尊の和御魂(にぎみたま)なり。
依って一体にして二神、二神にして一体で神秘の極みなり。」



古文書に記され、



「御神幸の七月十七日に訓世の駒形稚児の到着なくば、御神輿は八坂神社から
一歩もかすことならぬ。若し此の駒故なくしてお滞りあるときは、必ず疫病
流行し人々大いに悩む。」


とも伝えられているそうな。









(八坂神社・御本殿)
綾戸國中神社25
そう言えば、当の八坂神社も主祭神は素盞鳴尊でした。


双方、御魂と御魂が祇園祭でまみえ、二神一体の関係に
相成る、というワケですか。




つまりこの日、荒御魂の御神体とお稚児さんが一体となって八坂神社へ向かう
神事が駒形稚児社参なんですね。 (゚д゚)




今やっと理解できました。 (^^;)    ←(理解遅い)









綾戸國中神社8
スッキリしたところで、御本殿へお参りを。 (^^;)




拝殿下には、関係者の方々が徐々に集まり始めているようです。









綾戸國中神社9
おお、「綾戸宮」「國中宮」の二つの社号額が掲げられていますよ。



御由緒にもあった、第七十代・後冷泉帝の御震筆と伝わる額なんですね。









綾戸國中神社10

御祭神



綾戸神社

・大綾津日神(おおあやつひのかみ)
・大直日神(おおなおひのかみ)
・神直日神(かむなおひのかみ)



國中神社

・素盞嗚尊(すさのおのみこと)




それではお賽銭をすべり込ませ、鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼。




神事の時間が迫っている様なので手短に、


でもは込めて、お参りさせて頂きます・・・。 ( ̄人 ̄)






そんな事を言いつつもスキを狙って・・・、









綾戸國中神社11
また御本殿を撮ってしまいました。  (^^;)



でも横から拝見すると、御本殿は建屋もなく、こうしてむき出しの状態で
御鎮座されているんですね。



いつもの「撮ってしまった感」はかったり。 (^^;)





そんなことを言っていると・・・、









綾戸國中神社12
やっとお稚児さんがお2人、登場されましたよ! w(*゚∇゚*)w




でも時間がしているのか、少々足早な感じ。 (^^;)









綾戸國中神社13
そしてそのまま、八坂神社へ出立前の神事に突入


ワタクシもさらっとオーラをして、神事に参列をば。 ( ̄人 ̄)



いや、辺りを見ると、関係者や御親族の方ばかりの様で、一般で見学
している人はワタクシだけの模様。




なので、こうしてドサクサにれて参列するワケであります。 (^^;)









綾戸國中神社14
さすがにそんな空気の中で、神事の進行を撮るのはしいので、

代わりに神具の大幣(おおぬさ)と神楽鈴(かぐらすず)をパチリ♪ (^^;)




それにしてもお稚児さんの2人、八坂神社では役目を終えるまで、一切地に
を着けずに務めるとか。









(公式サイトより:八坂神社・騎馬社参の様子)
綾戸國中神社27

更に通常は、神社の境内では長刀鉾の稚児はもとより、皇族であっても
下馬しなければならないものの、

久世駒形稚児は八坂神社境内に入っても下馬せず、騎馬のまま本殿に
乗りつけるそうな。



御神体と一体となったお稚児さんは、正に素盞鳴尊そのものなので、
神域で下馬する理由も無いという事でしょうか。



それほどこちらのお社のお稚児さんは特別な存在なんですね。 ( ̄人 ̄)









綾戸國中神社15
そうこう言っている内に、20分ほどで神事は滞りなく終了



あとは、八坂神社へ向かうのをつのみですか。









綾戸國中神社16
このタイミングで失礼しまして、お稚児さんを1枚、パチリ♪



う~ん、ワタクシの目の前におわすは、神の化身。 



いやホント、まさにき神様になられた状態なんですね。 ( ̄人 ̄;)




そう思ってお姿を拝見していると、目が合った瞬間、ブルッと来た。 (^^;)




いやその前に、写真を撮る事すられ多いワケで・・・、 (^^;)









綾戸國中神社17
そうブツブツ独り言を言っていると、やがてタクシーに分乗されてご出発。



これまたててシャッターを切ったので、背景の社号標にピントが合うし。

あらら。 (^^;)









綾戸國中神社18
そして御一行様、揃って八坂神社へ向かわれるんですね。



いずこへ~ッ。  (´Д`) ノ     ←(八坂神社でしょう)








ゴスイン~ッ。  (´Д`) ノ     ←(それはあとで)









綾戸國中神社19
さて、誰も居なくなってし~んとした境内。


静かになったので、めてお参りしてからおいとましましょう・・・。 ( ̄人 ̄)





このタイミングで、御朱印を頂いてから。 (^^;)









綾戸國中神社21
ちなみに社務所は境内を一度て、新幹線の高架西側にあるんですね。



なぜか薬局と一体化した造りになっているのが、気になる所ですが。 (^^;)









綾戸國中神社22
神事がある日はお忙しいので、お話のお伺いはご遠慮を。 (^^;)



でも、社務所薬局が同居しているのが、どうしてもになるので
お聞きしたところ、


宮司(ぐうじ)さんが薬剤師の免許をお持ちとの事で、神社運営の傍ら
薬局も経営されているんだそうな。




なるほど、神社の由緒的に、社務所と薬局で何か二神一体の関係に
あるのかな~と思ったもので。 (^^;)    ←(そんなワケない)









綾戸國中神社23
そんな事を言っている内に、こちらが頂けました御朱印。  (^^;)



社名の「綾戸國中神社」(あやとくなかじんじゃ)と書いて頂けました。



ありがとうございます~。 ( ̄人 ̄)









綾戸國中神社24
さてさて、そんなこんなで、京都市・南区は綾戸國中神社(あやと
くなかじんじゃ)。


八坂神社・祇園祭とい関わりを持つお社で、良いお参りをさせて頂きました。

「久世駒形稚児社参」の儀が進まなければ、祇園祭もまないんですね。


そんな重要な儀式の出立の神事に立ち会えて、大満足でした。 ( ̄人 ̄)



実際には八坂神社でに乗っての社参の様子を見物するのが一般的
なんでしょうけど。 (^^;)




でもでも、長い歴史を持つ祇園祭。


今回のような視点から祇園祭を楽しむのも、またアリかなと・・・。 (^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/632-881de3c3