社寺巡り 京都・嵐山 「野宮神社」 茅の輪くぐり 2009/6/29の帰りで、
ついでと言ってはなんですが、「櫟谷宗像神社」(いちたに
むなかたじんじゃ)へ向っています。






渡月橋
行きに通ってきた、渡月橋を渡ります。







渡月橋2
今日は曇っているのですが、それでも蒸し暑い。(^^;)








渡月小橋
渡月橋を渡り切り、渡月小橋なる小さな橋を渡ります。








嵐山モンキーパーク
そのふもとに、お目当ての表示が見えてきました。



嵐山モンキーパーク!




ではありません。(^^;)


あくまでお目当ては、櫟谷宗像神社(いちたにむなかたじんじゃ)の方です。




野宮神社へ向かう途中、この看板を見つけて気になっていたので、お伺いする事に
しました。





大悲閣(千光寺)」の表示にも惹かれますが、本日は神社つながりということで。(^^;)








櫟谷宗像神社
さて、登り口まで到着。

神社と、モンキーパークの入り口が、共用になっているようです。

では、さっそく登って行きましょう。








櫟谷宗像神社2
おお。 「神域」に登って行く、という感じで、いい趣ではありませんか。


当社は世人古くより俗に嵐山弁天と称し、奈良時代大宝年間より鎮座
されている名社である。平安時代、葛野に鋳銭所(今の造幣局)があり、新しい鋳銭は
必ず当社に奉納せられたという。
(以下、神社の案内看板より抜粋。)








櫟谷宗像神社3
以来、福徳財宝の神として人々の尊崇が厚い。また、河海の女神で
あるところから水難の守護神ともされている。古来風光明媚の名勝
嵐山に訪れる人は必ず詣でた神社である。








櫟谷宗像神社4
じきに、朱塗りの大きな鳥居が見えてきました。








櫟谷宗像神社5
神額には、「櫟谷神社」・「宗像神社」と連名で掲げられています。








櫟谷宗像神社6
それでは改めまして、いざ潜入。 いざ!








櫟谷宗像神社7
軽く境内を拝見いたします。



小さな社とはいへ、境内に佇めば山紫水明・風光明媚とはここをおいて他に無いと
いへるほどの絶景の地です。現在は二社が並列の同殿でお祀りされてゐるものの、
元々は独立した社殿をもち、櫟谷神社は『延喜式』に載る神社、また宗像神社は
『三代実録』に記載される国史現在社として、ともに古くからこの嵐山に鎮座してゐました。
(以下、由緒書きより抜粋。)








櫟谷宗像神社8
とりわけ櫟谷神社は先程の『延喜式』に「松尾末社」と注を付されてをり、すでに
平安時代には松尾大社とは切っても切れない関係にあった事が解ります。
現在は「末社」ではなく、より関係の深い松尾大社の「摂社」となってゐます。








櫟谷宗像神社9
まずは、手水舎でお手を清めましょう。








櫟谷宗像神社10
う~む。


水は枯れて久しいようです。(^^;)








櫟谷宗像神社11
結局、ノーお清めで、本社前へ。


御祭神

「宗像 三女神」のうちの二神

・中津島姫命(市杵島姫命)
・奥津島姫命



三大ご神徳 〔縁結び・金運向上・水難除け〕



お参り~。( ̄人 ̄)








櫟谷宗像神社13
さて、お参りを終えて後ろを振り向くと、けっこう人が上がってくるではありませんか。


でもみなさん鳥居をくぐっても、ノーお参りで、すぐに左折。








櫟谷宗像神社14
何がお目当てなのでしょうか。


ちょっと、行ってみましょう。








櫟谷宗像神社15
なるほど、モンキーパークでしたか。



社務所のすぐ左手が、入り口になっているんですね。 ちょっとびっくり。(^^;)








櫟谷宗像神社16
さて、こちらが社務所。


無人オーラが漂っています。








櫟谷宗像神社17
御朱印がいただけるかな~と、念のために、


ピンポ~ン。



・・・、 やっぱりお留守のようです・・・。 と思いきや、突然左側の窓が、



ガラッ。




びっくりした~。(^^;)








櫟谷宗像神社18
頂きましたご朱印。

ありがとうございます。( ̄人 ̄)



中央の印も、「櫟谷神社」・「宗像神社」と連名になっています。








櫟谷宗像神社19
その後は、境内をしばしウロウロ。



しかし、こちらの神社、かなり木々が鬱蒼と茂っているので、
夜になるとかなり不気味なんじゃないでしょうか。(^^;)








櫟谷宗像神社20
こちら側にも朱塗りの鳥居があります。

おや、よく展望台などで見かける、有料の双眼鏡があります。


行ってみましょう。



絶景が期待できます。(^^)








櫟谷宗像神社21
う~ん。



かなり、微妙な絶景です。(^^;)








櫟谷宗像神社22
さて、そろそろおいとましましょう。


行きにくぐってきた鳥居をくぐり、階段を降りていきます。








櫟谷宗像神社23
今日はありがとうございました。( ̄人 ̄)




さてさて、京都・嵐山は「櫟谷宗像神社」(いちたに むなかたじんじゃ)、
たっぷりお参りさせて頂きました。(^^)




こちらの神社、同じく嵐山にある「松尾大社」にゆかりの深い”境外摂社”。




またの機会、ぜひ松尾大社にもお参りに行きたいと思います。(^^)






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/61-6b5b7c87