12/24(水)。 三重県は、「伊勢神宮」(いせじんぐう)へ行って参りました。




当ブログではもはや年末恒例の、お伊勢参り。 (^^;)




ワタクシ、年に一度、年末にお伊勢参りするのをしみにしているんですが、

それにしても去年は、伊勢神宮が特別な年でした。








近鉄特急・しまかぜ
式年遷宮(しきねんせんぐう)といいまして、内宮・外宮の建物、御装束や
神宝の全てを造り替えて、

神様にお引越し頂く儀式があった年なんですよね~。




しかもそれは、20年に一度のビッグイベント。 (゚д゚)




全てが新しいお社で、本当に良いお参りをさせて頂きました・・・。 ( ̄人 ̄)  




そんな特別な年に合わせて、乗って行く電車もスペシャルなもので
という事で・・・、









近鉄特急・しまかぜ
大阪難波駅から、近鉄の新型観光特急・「しまかぜ」に乗車したん
でした。 (^^;)



ちなみに今年から京都駅発の便も定期運行される事になったんですね。




早速予約しようと思いましたが、しかしながらそこはプラチナチケット。









2014年・お伊勢参り1
どうしても予約がれず、普通の特急列車になってしまって、残念。 (^^;)



う~ん、去年取れたのは、ある意味奇跡だったのかも。 (^^;)




でもでも、今回はビスタカーの2階席に当たったので、見晴らしを楽しみながら
お伊勢さんへ向かいましょう。 (^^;)









2014年・お伊勢参り2
さて、まずはごしらえ。


「ブルディガラ エクスプレス スバコ・JR京都伊勢丹店」という、ややみそうな
ネーミングのお店で買いました、パンとカフェオレ。 (^^;)




車窓を流れる景色を眺め、すがすがしい朝日を浴びながら、こうして優雅
ブレックファーストを頂くワケであります。 (^^;)









2014年・お伊勢参り3
朝食の後は、これまた優雅に読書などを。 (^^;)



「伊勢神宮の衣食住」なる、少々マニアックな書物をもって、
お伊勢参りへのテンションを上げていったり。 (^^;)





目的の伊勢市駅まではわずか2時間ほどのい旅ですが、

こうして道中を楽しむのも、またお伊勢参りの醍醐味かも知れません・・・。









2014年・お伊勢参り4
お腹が満たされた後、列車に揺られて活字を読んでいる内にウトウトして
いたようで、


何だかあっという間に伊勢市にいてるし。 (^^;)









2014年・お伊勢参り5
そんなくだりがありつつも、まずは外宮(げくう)のすぐ近くに御鎮座される、
月夜見宮(つきよみのみや)へお参りを。



こちらは外宮の別宮(べつぐう)にあたるお社なんですね。



御正殿の右どなりには、同じ社殿の建築が進められています。




内宮・外宮のご遷宮は去年に完了しましたが、式年遷宮はこれにてわらず。


それぞれの御正宮に次いで尊いお宮・14社のご遷宮が、こうして順次続けられて
いるんです・・・。 ( ̄人 ̄)









2014年・お伊勢参り6
そして続きましては、外宮(げくう)へ。



いや、何しろ帰りの旅なので、別宮全てを巡るのはムリ。 (^^;)




でもでも、別宮もいずれはしずつお参りして行きたいですね~。









2014年・お伊勢参り7
そう独り言をブツブツ言いながら進んでいると・・・、



おお、去年はまだお姿のあった御正宮が完全に撤去されて、更地の状態に
なっていますよ。 (゚д゚)




う~ん、見慣れない光景に、少々違和感を覚えたり。 (^^;)









2014年・お伊勢参り8
今となっては、心御柱(しんのみはしら)を保護する建屋だけが残って
いるんですね。




左の敷地へお引越しされたので神様は居られませんが、でもなんだか
しい感じ。 (^^;)









2014年・お伊勢参り9
では改めまして、外宮・御正宮でお参りを。




御祭神

・豊受大御神(とようけのおおみかみ)





「豊受大御神」は、お米を始め衣食住を護り、内宮の御祭神である
天照大御神の食事の守護神でもあるんですね。




電車で衣食住に関する本を読んで来ました・・・。 ( ̄人 ̄)   ←(途中で寝たヒト)





いや、まじめにお参りを。 (^^;)



今年も一年間、無事にありがとうございました・・・。 ( ̄人 ̄)









2014年・お伊勢参り11
各お宮でもお参りをしたあとは、授与所で御朱印と、お札の神宮大麻を
頂いてから内宮へ向かいましょう。




と、そのに・・・、









2014年・お伊勢参り12
こちら外宮前特設店で、赤福の接待を頂いてから。 (^^;)



いや今回、色々とお得な「伊勢神宮参拝きっぷ」で来たんですが、
伊勢名物・赤福餅の引換券も付いているんですね。




せっかくなので、ご馳走になろうかなと。 (^^;)









2014年・お伊勢参り13
店内は静かで落ち着いた、な趣。



それにしても久しぶりの赤福、らかなこしあんとらかいお餅の食感が
相まって、実にオイシイ。 (゚д゚)




お伊勢参りは結構きますからね~。


いものが疲労回復に効くと、ここに来て改めて実感。 (^^;)




温かいお茶も、冷えた身体にみ渡ります。 ( ̄人 ̄)









2014年・お伊勢参り14
十分に休憩させて頂いた後は、いよいよ内宮へ。




鳥居前で一礼し、潜入、潜入~。  ~~(  ̄人 ̄) 









2014年・お伊勢参り15
五十鈴川でお手を清めたあと、御正宮を目指しますが、

玉砂利の敷き詰められた参道をみしめながら、今年一年間、

またをも




し得なかったな~と、振り返るワケであります。 (^^;)    ←(自虐的)









2014年・お伊勢参り16
いや、お伊勢参りは、ワタクシの一年の反省の巡礼でもあるんです。 (^^;)




御祭神

・天照大御神(あまてらすおおみかみ)





それでは心を鎮めて・・・、一年間、無事にありがとうございました~。 ( ̄人 ̄)





反省とともに、いつもながら伊勢神宮では特にお願い事はせず、主に一年の
感謝を申し上げるようにしているんです・・・。









2014年・お伊勢参り18
各お宮でもお参りし、また授与所で御朱印と神宮大麻を頂いたあと、

こちら参集殿で休憩。 (^^;)     ←(休憩ばっかり)




無料でお茶も頂けるので、つい長居したり。 (^^;)









2014年・お伊勢参り19
そんなことを言いつつも、ホント、今年もいお参りをさせて頂いて、

ありがとうございました~。 ( ̄人 ̄)





さて、もう日も落ちてきたので、そろそろろうかと思いましたが・・・、









2014年・お伊勢参り20
ちょっと寄り道して、近くのおはらい町へ。 (^^;)



沿道には伊勢うどんや手こね寿司などの郷土料理を提供する飲食店や、
様々なお土産店も軒を連ねているんですね。



江戸時代の町並みを再現した、風情ある通りですが、一度一泊くらいして
ゆっくり巡ってみたいものですね~。




と言ってもこの時期は何かとしいので、どうしても日帰りになったり・・・。









2014年・お伊勢参り21
名残惜しいですが、もうりましょう。 (^^;)




帰りは宇治山田駅からお席の予約をしましたが、ここでフトお聞きしてみると、

ちょうどしまかぜの空き席が出ているとの事。





きがありまするでするかッ!? w(*゚∇゚*)w     ←(噛み噛み)









2014年・お伊勢参り22
まさか帰りに本当にれるとは、チョトびっくり。 w(*゚0゚*)w



どうやらキャンセルが発生して、そこに良くワタクシが入れたようです。




そんなに大層なことではありませんが。 (^^;)









2014年・お伊勢参り23
ちなみに車内の詳細は、今回は割愛を。



去年、→社寺巡り 2013年:お伊勢参り 近鉄特急・「しまかぜ」乗りました。 
2013/12/28
で詳しくレポしておりますので、


またしければご覧ください。 (^^;)









2014年・お伊勢参り24
そして、終点の京都駅まで無事に到着して、お疲れ様でした。 (^^;)





ちなみにここで最後に・・・、









2014年・お伊勢参り25
内宮・外宮それぞれで頂けました御朱印。


毎年頂いていますが、お聞きしたところ、御朱印は同じところで何度頂いても
構わないんだそうな。



日付と印だけのシンプルな御朱印。




印はそれぞれ、「内宮之印」・「外宮之印」と標されているんですね。









2014年・お伊勢参り26
さてさて、そんなこんなで、三重県・伊勢神宮、年末恒例のお伊勢参り。



今年も伊勢神宮の良いお参りでめくくることが出来て、良かった。 (^^;)


これを糧に、また来年一年間も張っていこうと思います。




そんなワケで、当ブログの今年の更新も、これにて終了。


2014年も残すところ、あとわずかですね。




来年も、皆様にとって多き年でありますよう・・・。



それでは、良いお年を。 (^^)/






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/609-8a50318a