社寺巡り 神戸市・兵庫区 「松尾稲荷神社」(まつおいなりじんじゃ) 2014/10/21
の続きで、



お次は近くの湊川神社(みなとがわじんじゃ)へ向かっています。







KOBE ALIVE 2014-1
そんなワケで、徒歩でJR・神戸駅まで戻り、ビエラ神戸口を抜けて山側へ。




さて、先の松尾稲荷神社の御由緒にも出てきた「湊川神社」。

神戸の中でも、特にきなお社なんですね。



お稲荷様とのわり、そしてより深く歴史をるべく、向かっている
ワケなんです・・・。 ( ̄人 ̄)





いや、実はそうではなく、の目的は・・・、






「よさこい」撮影。 ( ̄人 ̄)     ←(このネタも久しぶり)









KOBE ALIVE 2014-2
いや、毎年この時期、KOBE ALIVE ~神戸新舞~(こうべあらいぶ) と
題して開催される踊りの大会。

神戸市・中央区を一帯とした会場で演舞が行われるんですね。



今向かっている湊川神社も会場になっているので、社殿と演舞をめて
いい画が撮れないかな~と。 (^^;)




しかも、一度拝見したかった有名なチームも参加されるとの事なので、

これを機にKOBE ALIVE撮影、参戦せねばとも思い・・・、









KOBE ALIVE 2014-3
そんなことをブツブツ言っている内に、神社へ到着。 (^^;)



何だかんだでもう夕方になって、演舞もすでに終盤に差し掛かっています。




何はともあれ、表門の前で一礼して、潜入~。 (^^;)









KOBE ALIVE 2014-4
境内に駆け込んで、まずは神戸大学よさこいチーム・山美鼓(やまびこ)の
演舞を1枚、パチリ♪



久しぶりのきモノ撮影に、テンションが上がります。 (^^)




こうして改めて見ると、同じ人物撮影でも舞妓さん撮影とはカメラの設定や
撮り方も違ってくるんですね。



色々と白い。 (^^;)









KOBE ALIVE 2014-5
続いてのチームは、演舞前に御本殿に向かって深々と一礼。  (_ _)



ワタクシもつられて、一礼~。  (_ _)




よさこいの舞台も、御神前というシチュエーションは滅多にありませんから、

こういう対比の画だけでも何気に満足。 (^^;)









KOBE ALIVE 2014-6
ちなみにこちらのチーム名は「AZUKI」。 高知県のチームなんですね。



う~ん、高知というだけで、何か特別なオーラを感じたり。 (^^;)




でもホント、東京あたりの大きな大会だと、高知県のチームがたくさん
参加されているようですが、


関西だとなかなか本場の演舞を拝見できる機会が少ないですからね~。









KOBE ALIVE 2014-7
手には伝統的な鳴子を持ちながらも、形式に捕らわれない衛的な振付。 (゚д゚)



楽曲はメロディーを極力抑えつつ、雅な打楽器を中心に、のテイストを打ち出して
いるんですね。




これがまた神社の境内というロケーションにも絶妙にマッチして、AZUKIのワールドに
惹き込まれていきます。









KOBE ALIVE 2014-8
しなやかな動きの中にも、しいモーション。 (゚д゚;)



もはやワタクシのテクでは、ブレなく捕える事は出来ません。 (^^;)









KOBE ALIVE 2014-9
それにしても、今回めてチーム・AZUKIを拝見しましたが、アバンギャルドで
レベルの高い演舞内容に、


ワタクシ的にはハマリ。 ( ̄人 ̄)



いやホント、一口に「よさこい」と言っても、種多様化している今日この頃。



そんな中でも埋もれる事無く、輝きを放っていたAZUKIは、さすが高知県の
チームと言ったところでしょうか。




ワタクシも腕を上げて、いつかは本場高知の「よさこい祭り」撮影にチャレンジ
するのが、目標なんですよね~。




それにしても、他にもレベルのいチームがまだまだ沢山居るんでしょうね。



改めてるべし、高知県。 (^^;)









KOBE ALIVE 2014-10
続いて、本日一番のお目当てのチームが登場ですよ!



愛知県は名古屋がホーム地の、その名も常盤(ときわ)!



数々の大会で受賞経験が豊富な実力チームなんですね。




いつもお世話になっている、テクのあるキャメラマンさん御推奨のチーム
だったので、ワタクシも機会があればいつかは拝見したいな~と思っていましたが、


ついにその時がました。 (^^)









KOBE ALIVE 2014-11
演舞前は、御本殿に向かって深々と一礼。  (_ _)



またワタクシもつられて、一礼~。  (_ _)




いや、神様の前であるという事が、演舞する側もそれを撮る側も

無意識の内にそうさせているのかも知れません。




これぞまさに、日本人の心・・・。 ( ̄人 ̄)









KOBE ALIVE 2014-12
うう、これまたスゴイオーラ。 (゚д゚;)



演舞前のこの気迫からしても、単にサークル的なノリのチームではない事が
伺い知れます。   ( ̄人 ̄)



いや、そんな例えが適正かは不明ですが、 (^^;)


でもホント、その道を極めた常勝チームならではの本気度が伝わってきます。









KOBE ALIVE 2014-13
演舞が始まると、すぐさまシャープでキレのある動きの連続。



そんな中でも、身体の軸にブレがない動きは、さすがに有名実力派チーム。




始まってまだ30秒そこそこなのに、被写体を追うのに精いっぱい。 (^^;)









KOBE ALIVE 2014-14
こうしてピントを外そうが、ブレしようが、い写真になろうが、

なんとなく切り取るだけで、そこそこのになってしまうのも、



優秀なチームのいところでしょうか。 (^^;)









KOBE ALIVE 2014-16
ちゃんとコンセプトを持った写真も撮らねば。 (^^;)



袖口で表情を隠しつつも、眼光い視線をメインに置き、


そして、なびく袂(たもと)できを表現した1枚を。




おお~、いいですね~。 (^^)



「ときわ」ロゴの提灯もフレームに入って、何気に満足。 (^^;)    ←(自己満足)









KOBE ALIVE 2014-25
少し引いて、チーム全体の様子も1枚、パチリ♪



赤い大きな野点傘を持ったメンバーさん達は微動だにしないんですね。


踊り子さんたちのしい動きとの対照が印象的です。




をうまく融合させた演舞構成も、見事の一言。









KOBE ALIVE 2014-17
せっかくなので、神社の雰囲気も表現すべく、背後の狛犬とのコラボも
狙いましたが、これがなかなかに難しい。



踊り子さん達と狛犬とは結構距離があるし、自分の立ち位置との関係からも
フレーミングしにくいし、


いすぎて頭が混乱気味に。 (^^;)



でも演舞時間は、1チームわずか5分。 追いはやめておきましょう。



一発勝負が求められるよさこい撮影において、えすぎ、いすぎは、


全滅への道なので。 (^^;)









KOBE ALIVE 2014-18
そんな中でも、密度のまったチーム全体の画を撮れて、


何気に満足。 (^^;)     ←(自己満足・その2)







さて、そんな事を言っている内に、演舞はあっという間に終了



ここで、フト周囲を見渡してみると・・・、









KOBE ALIVE 2014-20
いつの間にか境内は、モノスゴイ人出! (@_@;)



全体の演舞プログラムも、もう終盤なんですね。




踊り子さんに加えて観覧客、そして参拝客もり乱れて、



境内はさながら、元旦の初詣の様相に。 (^^;)









KOBE ALIVE 2014-21
そうこうしている内に、最後は〆の総踊りへ。

(^^ノノ (^^ノノ (^^ノノ (^^ノノ (^^ノノ




よさこいイベントは、この恒例の総踊りによってまりますが・・・、


う~ん、でも本日のワタクシとしては、全体的な撮影枚数もなく、足りず、




なんだかまりが悪い。 (^^;)     ←(来るのが遅いだけ)






そう言いながらもスキを狙って・・・、









KOBE ALIVE 2014-22
最後に、ゴスインを・・・。  (゚д゚)     ←(コラコラ)




演舞会場が神社なので、こちら社務所で御朱印は頂けますが、

さすがに今日はやめておきましょう。 (^^;)




訪れたメインの目的がよさこい撮影な上に、


まともにお参りもしていませんので。 (^^;)









KOBE ALIVE 2014-23
各チームが最後に、御本殿前で記念撮影も行っています。




本日はお邪魔にならないよう、遠目にお参りを・・・。 ( ̄人 ̄)









KOBE ALIVE 2014-24
さてさて、そんなこんなで、 KOBE ALIVE 2014 。 (^^;)


今回のよさこい撮影は、先の松尾稲荷神社でのお参りとけ持ち的に
なったので、やや物足りない感はめませんが・・・、



でもでも、念願だった「常盤」のハイレベルな演舞を存分に拝見出来たので、

気持ち的には何気に大満足。 (^^;)



全国のよさこいチームには、ワタクシがまだ見ぬ優秀なチームが、まだまだ
たくさん存在するんでしょうね~。


また機会があれば、撮影に出向きたいと思います・・・。 ( ̄人 ̄)




いやその前に、今回舞台となった「湊川神社」にも、まずは機会を改めて

お参りに伺わねば・・・。 (^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/603-7376d33a