4/6(日)。 京都市・左京区は、下鴨神社(しもがもじんじゃ)へ行って参りました。




と言いましても、お参りはしつつも、社寺巡りで訪れたにはあらず・・・、








真のお目当てはコチラ。

2014・京都さくらよさこい1

京都さくらよさこい。 (^^;)





いや、おととしの→2012年・「京都さくらよさこい」 2012/04/15めて撮りに行って以来、

このよさこい撮影も、いつの間にかシリーズ化していたり。 (^^;)





舞妓さん撮影シリーズみたいに。 (^^;)     ←(それは知りません)





それにしてもこの「京都さくらよさこい」、毎年参加チームが多くて豪華なんですよね~。



そんな延べ167チームの中、今年もよさこいの本場・高知県より、「いなん」が登場。 (゚д゚)









2014・京都さくらよさこい2
昨年もやかな衣装で、素晴らしい演舞を披露されていました。 (^^)




最近のよさこいはロックやヒップホップ、そしてダンスなどの要素を取り入れて多様化
していますが、

やはりこうした伝統的なスタイルの演舞こそ、よさこいの真髄の様な気がします。









2014・京都さくらよさこい3 2014・京都さくらよさこい4
それにしてもこちら「いなん」しかり、他には「十人十彩」(じゅうにんといろ)や「ほにや」等々、

数々の大会で受賞するハイレベルなチームが、高知県にはたくさん存在するんですね。




さすがはよさこい発祥の地、高知。 るべし。 (^^;)









2014・京都さくらよさこい5
ちなみに今年は色々と忙しくて、このサクヨサをりに行けそうにないな~と思っていましたが、

最終日の夕方に少し時間が出来たので、お伺いすることに。




それも、「いなん」の最終演舞に間に合いそうだったので、大慌てで下鴨神社南会場へ。 (^^;)









2014・京都さくらよさこい6
現場へ近づくにつれて、大音量で楽曲が流れてくるのが聞こえて来ましたよ~。



それにしても、よさこい撮影は久しぶりです。





それでは、演舞りたい病の禁断症状にえながら、会場入り~。   ~~((( ゚д゚))) プルプル・・・









2014・京都さくらよさこい7
いや、正気を取り戻して、さっそく撮影を。 (^^;)




プログラムによると、「いなん」の出番が早くも次の次にっているんですよね~。




場所決めとか、カメラの準備・設定にと、何かとただしい。 (^^;)









2014・京都さくらよさこい8
そんな中でも、会場が神社という事を意識して、朱塗りの鳥居を背景に入れて、パチリ♪




本拠地は京都府・城陽市、「優心」(ゆうしん)のチーム演舞を撮っている内に、

だんだんも戻って来て、テンションもがって来ましたよ~。 (^^)





そしていよいよ次の「いなん」に備えて、準備万端と巻いていると・・・、 (屮゚Д゚)屮









2014・京都さくらよさこい9
ここで予想だにしない場内アナウンスが。



いや、咄嗟のことでよくき取れなかったんですが、何やら事情により、演舞は

キャンセルになった模様。 (゚д゚)





ナニソレ? どうなってんの!?   (≧∇≦;)ノシ バンバン!    ←(壊れるヒト)





いやホント、最終演舞の「いなん」をお目当てにけ付けたのに、まさかの展開になって、



う~ん、何だか呆然。 (^^;)









2014・京都さくらよさこい10
そんな彷徨えるワタクシの御霊(みたま)は、いつしかお隣の北会場へ。 (^^;)



おや、ちょうど「王歌七舞会」(おうかしちぶかい)の演舞が始まるところでした。




おけさ笠に鳴子を持った姿は、クラシカルオールドスクールで、まさに「いなん」に

オーバーラップする、トラディショナルなスタイル。 (゚д゚)    ←(横文字乱用)









2014・京都さくらよさこい11
でもワタクシ的に、いい構図で1枚撮れて、チョト納得。 (^^;)



ちなみに「王歌七舞会」は、滋賀県・長浜市が本拠地のチームなんですね。

公式サイトによると、大会で準グランプリの受賞歴があったりと、何気にスゴイ。




そう言えば、→「大阪あきない祭り」2013・よさこい大阪大会 2013/10/13で書きました、

アポロン優勝チーム・「舞宇夢・赤鬼」(ぶうむ・あかおに)も、滋賀県のチームでした。




こうして拝見すると、滋賀県もなかなかに強豪チームが多い。









2014・京都さくらよさこい12
油断していると、ピントが思いっきり背景に合ってしまって、大失敗写真に。 (^^;)




この高速な被写体を追いつつ、自分のイメージする構図でピントが合った写真を撮るのは、

いつもの事ながらハードルが高いんですよね~。




いや、納得のいく1枚が撮れた時は、もはや偶然の産物と言っていいかも・・・。




ホントそれくらい、よさこい演舞は何度撮りに来ても、一筋縄では行かないんです。 (^^;)









2014・京都さくらよさこい13
そして残り僅かなチームも、めずに撮り進めるも・・・、









2014・京都さくらよさこい15
あっという間に全ての演舞が終了に。 あらら。 (^^;)



会場入りしてから、わずか50分ほどでお開きとは、あまりに物足りない。





いや、いつもなら8時間くらい、ぶっ通しで撮ったりするので。 (^^;)









2014・京都さくらよさこい16
さてさて、そんなこんなで、2014年 第10回・京都さくらよさこい。 (^^;)


今年は「いなん」の最終演舞をお目当てに、け込み的に訪れましたが、その姿を
拝見する事も出来ず、残念の極み。 (^^;)



ちなみに後から頂いた情報によると、その「いなん」、サクヨサコンテストで「朱雀」を受賞され、

清水寺会場での奉納演舞披露の為に、今回の演舞がキャンセルになったそうな・・・。



う~ん、これは完全に情報収集不足でした。 (^^;)





今回のよさこい撮影はかなり欲求不満の残る結果となったので、それにリベンジすべく、

27日(日)開催の、大阪ベイエリア祭・Worldあぽろん2014の撮影にはワタクシ、



出没予定です。 (^^;)     ←(出没注意)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/582-e062fd01