12/13(金)。 三重県は、「伊勢神宮」(いせじんぐう)へ行って参りました。




いやワタクシ、年に一度、年末にお伊勢参りするのを楽しみにして
いるんですよね~。 (^^)





中でも今年は、伊勢神宮が特別な年。









近鉄特急・しまかぜ
式年遷宮(しきねんせんぐう)といいまして、20年に一度、内宮・外宮
の建物、御装束や神宝の全てを造り替えて、神様にお引越し頂く儀式があるのですが、



それがまさに、今年行われるんです。





厳密に言うと、お引越しの儀式自体は10月に完了しているんですね。 (^^;)






でもでも、20年に一度というスペシャルな年。


今年だけは絶対にせないなと、意気込んで伊勢へと向かうのであります。 ( ̄人 ̄)









近鉄特急・しまかぜ
そんなワケで、本日は近鉄・なんば駅からスタート。




いや、例年は近鉄・京都駅から通常の特急に乗っているんですが、今年は乗っていく電車も

スペシャルなもので行こうかなと。 (^^;)









近鉄特急・しまかぜ
その名も新型観光特急・「しまかぜ」。 (゚д゚)



大阪難波駅・名古屋駅それぞれと、三重県志摩市・賢島(かしこじま)駅の間を、
わずか1日1往復だけする特別な列車。




車内は全席プレミアムシートなど、を尽くした造りになっているそうな。


そんな豪華列車に、一度は乗ってみたいな~と思いまして。 (^^;)





それにしても今年は式年遷宮で、1000万人近い人出が予想されているんですね。 


この伊勢神宮への参拝客の利用を狙って、「しまかぜ」が投入されたという
エピソードにも、妙に納得。 (^^;)









近鉄特急・しまかぜ
ちなみにチケットは1ヶ月前から予約可能なんですが、発売後わずか10分ほどで
完売してしまうんですよね~。



う~ん、これはもはや、プラチナチケット。 (^^;)





でも今回ワタクシは運良く、先頭の展望車両、しかも最前列のお席が
取れたんです。 (゚д゚)




これも日ごろの行いが良いからでしょう。 ( ̄人 ̄)    ←(ご都合主義なヒト)






そんな事を言っていると・・・、









近鉄特急・しまかぜ
オオッ、もう「しまかぜ」、ホームにてる!   カッチョイイ!!  w(*゚∇゚*)w




いやホント、大きなガラス張りにブルーとホワイトの車両は、とても印象的。


ワタクシのような鉄道に詳しくないヒトから見ても、何か特別な列車だと言う事が
判ります。





それにしても、手を出したらみ付かれそうな、厳ついフロント周りのデザイン。 (^^;)









近鉄特急・しまかぜ
志摩に吹くの爽やかさ、をイメージして「しまかぜ」と命名されたとか。




ネーミングのセンスにも、奥ゆかしさを感じます。 (^^)









近鉄特急・しまかぜ7
こちらはカフェ車両ですか。



上下に大きなが幾つもあしらわれていて、これまた普通の列車では
まず見られないデザインです。









近鉄特急・しまかぜ8
外観ばかり拝見していると、発車の時刻に気付かず、危うくいて行かれそうに。 (^^;)




飛び込むように車内へ、いざ潜入~。 (^^;)









近鉄特急・しまかぜ9
おお~、豪華なシートがズラリと、しかも本革の香りがバリバリ! w(*゚0゚*)w



これはもう、飛行機のファーストクラスにも引けを取らないんじゃないでしょうか。






いやワタクシ、ファーストクラスに乗った事も見た事も、ないんですけどね。 (^^;)









近鉄特急・しまかぜ10
続いて車内探訪。



こちらは半個室のサロン席ですか。


6人掛けなので、グループ旅行向けでしょうか。 ワイワイと楽しい旅になるでしょうね~。









近鉄特急・しまかぜ11
和室と洋室の個室もあるんですね。



既にお客さんが入っていたので写真は撮れませんが、和室ではオジサンたちが

ビールを飲んで、盛り上がってますよ。





日本酒やスルメの香りも漂ってきて、この一角だけ何だか、居酒屋な趣。 (^^;)









近鉄特急・しまかぜ12
こちらの床には大理石が使われているとは、これまた豪華。




土足で通るのがもったいないくらい。 (^^;)









近鉄特急・しまかぜ13
トイレ設備の充実ぶりも、これまたハンパではない。




自動扉にウォシュレット、車椅子対応・バリアフリー、簡易な着替えが可能なフィッティング
ボードや、オストメイト対応簡易型パウチ洗浄装置などなど・・・、




これでもかと盛り込んで、もはや列車の中では最強クラスのトイレでしょう。 (^^;)









近鉄特急・しまかぜ14 近鉄特急・しまかぜ15
身だしなみ等を整えるためのパウダールームも設置されているとは、
至れり尽くせり。




「最高のおもてなしで伊勢志摩へ」をテーマに、しまかぜが開発されたというのも
うなずけます。









近鉄特急・しまかぜ16
鍵付きのロッカールームまであるとは、もう近鉄の本気を感じたり。 (^^;)








さて、車内探訪はこの辺にして、そろそろ自分のお席に行って見ましょう。 (^^;)




予約していた先頭の展望車両、最前列のお席を目指そうと、手元のチケットの

座席番号を確認したところ・・・、




ここで重大なミスに気づく事に!









近鉄特急・しまかぜ17
最後尾のお席を予約していたとは~。 (´д`)    ←(愚)






う~ん、どうやらネット予約の時、どちらが進行方向かよく確認しないまま、
前後で予約してしまったようです。





でも予約する事すら難しい列車。 こうしてれるだけでも感謝しましょう。 (^^;)





それにしても、年末にして今年一番の大ボケぶり。 (^^;)









近鉄特急・しまかぜ18
おや、こうして拝見すると、展望席越しに車窓風景を独り占めできるのも、

最後尾席の特権かも知れませんよ。 (゚д゚)







ただ、モノスゴイ勢いで後ろ向きに進んでいるんですが。 (^^;)









近鉄特急・しまかぜ19
さて、このタイミングでやっとち着いて着席。 (^^;)



各座席には、車内案内のリーフレットが設置されているんですね。





色々と拝見していくと、特にプレミアムシートの機能がスゴイ。









近鉄特急・しまかぜ20
リクライニングやレッグレストの角度調整、読書灯のON・OFFが手元の操作パネルで行える、
フル電動パワーシート。




腰部にはエアクッションのマッサージ機能まで付いて、これは快適~。 (´д`)





マッサージチェアメーカーのファミリー と共同開発されたというこのシート、

なんと一脚100万円もするそうな。






座席の前後間隔は125cmで、私鉄最大だとか。



そんな超ゆったりスペースも相まって、もう気分は極楽浄土。 (^^;)






ちなみに、シート左後方のボタンを押しすると・・・、









近鉄特急・しまかぜ21
座席をグリンと回転させて、反対向きにも出来るんですね。 (゚д゚)





おお~、これでより一層、展望席越しの車窓風景を楽しめますよ~。 (^^)









近鉄特急・しまかぜ22
う~ん、こうして改めて拝見しても、列車がモノスゴイ勢いで後ろ向きに進んでいる事に


わりはありません。 (^^;)









近鉄特急・しまかぜ23
そんな事をしている内に、早くも目的地である伊勢市駅が近付いて来たようです。



1時間34分の乗車時間も、あっという間。 (^^;)






でも下車する前に・・・、









近鉄特急・しまかぜ24
カフェ車両にも寄っておかねば。 



食堂車があるという列車も、今となっては希少ですから。 (^^;)





こちらの2階建て車両は窓が大きく、ひと際るくて開放的。









近鉄特急・しまかぜ25
2階席の車窓から、流れる景色を眺めながら頂くブルーマウンテンコーヒーは、
これまた格別。 (^^)









近鉄特急・しまかぜ26
いや、本当は伊勢名産の食材を使った、ピラフやカレーでランチにしたかったんですが、


車内探訪に時間を取り過ぎたので、今回はコーヒーブレイクのみで。 (^^;)









近鉄特急・しまかぜ27
そう言っている間に、本当に伊勢市駅に到着。 




慌しく下車の支度をしましたが、


なぜしい時間って、こんなにく過ぎるんでしょうかね、 不思議です。 (^^;)








あの、最後に、ゴスインは?・・・。  (゚д゚)     ←(あるワケありません)



「しまかぜ」は社寺ではないので、もちろん御朱印などは頂けません。 (^^;)









近鉄特急・しまかぜ2 近鉄特急・しまかぜ29
でもこのように、しまかぜのロゴと日付入りのスタンプが押された、

記念乗車証が頂けるんですね。




これは良い記念になります、ありがとうございます。 (^^)








そして、また最後はお約束の・・・、








近鉄特急・しまかぜ30
ああ、しまかぜよ、いずこへ~ッ。 (´д`)ノ     ←(in 賢島です)









近鉄特急・しまかぜ31
さてさて、そんなこんなで、近鉄は新型観光特急・「しまかぜ」。 



初めてこのような豪華列車に乗りましたが、想像以上のプレミアムぶりに、
驚いたほど。 (^^;)




隅々にまで行き届いたサービスのご提供に、頭が下がる思いでした。 m(_ _)m





式年遷宮の年に合わせて、こんな贅沢な形で伊勢の地に着く事が出来るとは、

本当に大満足。 (^^)






でも、自分の席にっているより、車内探訪で歩き回り過ぎて、お参り前に少々


れてしまいました・・・。 (´д`)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/568-5b780cf9