もう先月のお話になりますが、10/13(日)、京都市・左京区は

平安神宮(へいあんじんぐう)へ行って参りました。









第11回・京都学生祭典 2013-1
おお、表参道である神宮道(じんぐうみち)は、早くも多くの人で
賑わっていますよ。




ちなみに本日、こうして神社に訪れていますが、社寺巡りがメインの目的では
ありません。 ( ̄人 ̄)








そんなワケで、本日のお目当てはコチラ。
第11回・京都学生祭典 2013-2

毎年10月に開催されるお祭で、その名も「京都学生祭典」。






京都は学生が数多く集まるまち。



その学生さんたちが主体となってプロデュースするお祭で、様々なイベント
催され、毎年賑わっているんですね。




飲食の模擬店など内容は盛り沢山ですが、ワタクシののお目当ては、


「京炎そでふれ!」と題された・・・、









よさこい。 (^^;)     ←(また)






いや、先日書きました、→「大阪あきない祭り」2013・よさこい大阪大会 2013/10/13
での撮影で、


久々によさこい熱に、が付いてしまったんですよね~。 (^^;)









第11回・京都学生祭典 2013-3
でも、はやる気持ちは落ち着けて。 (^^;)




平安神宮の神域内で行われる催しなので、まずは御本殿前で、

お参りを・・・。 ( ̄人 ̄)









第11回・京都学生祭典 2013-4
さて、ステージは6ヶ所もあるんですね。




まずは様子見的に、この辺りから撮って行きしょうか。









第11回・京都学生祭典 2013-5
様子見とか言いながら、早くも連写全開モード。 (^^;)




室内の撮影は難しくて、チャレンジのし甲斐はありましたが、やはりこうして

明るい太陽の下だと気分もいいし、撮り易いですね~。





カメラの設定に気を使わなくていいのが、何よりです。 (^^;)









第11回・京都学生祭典 2013-14
ちなみに「京炎 そでふれ!」とは、どういう意味なのかな~と調べたところ、
第3回京都学生祭典から生まれた、オリジナルの創作おどりの事なんだそうな。




手には鳴子ではなく、四竹(よつたけ)という竹の鳴物を持って踊るのが、
これら学生チームの特徴なんですね。






京都の通り名唄や祇園小唄をアレンジし、振付けには歌舞伎や能、舞妓さんを
イメージし、はたまた衣装は、留袖をリメイクしたものを使用する

スペシャルバージョンまであるとは、なんとも京都らしい。





なるほど、よさこいの枠にとらわれず、自由な発想で表現し、踊りを楽しむ、
というスタイルのようです。









第11回・京都学生祭典 2013-6
ではワタクシも、本日はよさこいにとらわれず、ノンジャンル部門を
攻めてみますか。




しかも構図は、アップを課題に。 (^^;)





おお、ちょうど鳥居下ステージでは綺麗どころのお姉さま方が、動きの
しい創作ダンスを披露されています。









第11回・京都学生祭典 2013-7
同志社女子大学のダンスチーム・Amiddle(アミドル)ですか。




ヘドバンよろしく、頭を大きく振るモーションに入ると、にピントを

合わせて撮るのは至難の業。





しかも、本日の課題であるアップにすると、誤魔化しが効かないので
なおさら。 (^^;)









第11回・京都学生祭典 2013-8
でも難しい状況の中、こうしてなびく髪で躍動感を表現できて、
いい感じですね~。




それなりに構図も決まって、ご満悦。 (^^;)





ちなみに、いつも貼っております画像、社寺にしても舞妓さんにしても、

トリミング、いわゆる写真の切り取りは一切ナシで載せていたり。






いや、さすがにサイズだけは縮小して載せていますが、色々と画像を加工するのが

面倒なので・・・。 (^^;)     ←(めんどくさがり)





逆に言えば、いつもどんな構図で狙って撮っているのか、バレてしまうワケでも
あるんですよね~。









第11回・京都学生祭典 2013-9
そんな独り言をブツブツと言いつつも、いた写真も1枚、パチリ♪ (^^;)




高さ24.2mもある、丹塗り(にぬり)の大鳥居をバックに、大人数の

「岡山うらじゃ連・四季」の演舞は、画になります。 (^^)











第11回・京都学生祭典 2013-10
そしてまたすぐに、綺麗どころのスパニッシュ~なフラメンコチームも、

撮りに走ったりするワケであります。 (^^;)









第11回・京都学生祭典 2013-11
続いて、これまたアクロバティックなチームが登場。


園田学園女子大学・チアリーディング部、WHITE TIGERSですか。 









第11回・京都学生祭典 2013-12
高所から前方宙返りしての落下。 (゚д゚;)



地上で待ち構えるメンバーが、一丸となってけ止めます。





このようなチアの超人的な演舞は、互いの厚い信頼関係によって
成り立っているんですね。 





めて間近で拝見しましたが、これはスゴイ。









第11回・京都学生祭典 2013-13
本来の学生の演舞も拝見を。 (^^;)



ずっと正面からアップで狙っていたので、変化をつけて方向からも、パチリ♪






でも何だか、奥行きがボケすぎて、何をどう表現したいのか、よく判らない
写真に。 (^^;)






う~ん、F値とか、露出とか、改めて写真ってしい。 (^^;)









第11回・京都学生祭典 2013-29
さて、ワタクシの大好きな縦一列構図を撮りつつも、またダラダラ書いているので

時間をき気味に。 (^^;)









第11回・京都学生祭典 2013-17
おや、終盤に入って登場したのは、フラダンスチームの模様。 (゚д゚)



なるほど、立命館大学・「Hawaiian circle meahula」というチームなんですね。





それにしても、本日は撮影テーマをノンジャンルにりすぎたせいか、


もはやよさこい撮影とは、全く関係が無くなってしまった気が。 (^^;)






さて演舞が始まる前は、



フラダンス? ナニソレ?・・・、  ?(゚д゚)?





的な感じで見ていたんですが、これがるなかれ、









第11回・京都学生祭典 2013-18
南国の曲に乗せて繰り広げられる踊りは、なんとも優雅耽美。 (*゚д゚*)



反射的に連写モードへ突入し、もうりまくり。 (^^;)






ちなみにこのフラ、振り付けの全てに意味があるそうな。









第11回・京都学生祭典 2013-19
げキッスを、こちらにも~。 (*´д`*)ノ     ←(愚)






いや、この投げキッスの意味は判りませんでしたが、とにかく自分の


テンションが上がっているのだけは、判ります。 (^^;)









第11回・京都学生祭典 2013-20
動きもスローで穏やかなので、怖いくらいにピントも合うし、




う~ん、フラダンス、動きモノの撮影では、今後チェックの被写体に
なりそうです。 (^^;)









第11回・京都学生祭典 2013-21
さ弾けるチームの演舞も1枚、パチリ♪



演舞をしんでいる感じが伝わって来て、いいですね~。





志が一つになった仲間が集まって、こんなお茶目なパフォーマンスが

出来るのも、学生チームならでは。 (^^;)









第11回・京都学生祭典 2013-22
ぬおっ、またフラのチーム登場!? (゚д゚;)



京都府立大学・「フラガール」ですか。





いやホント、普段あまりお目に掛かる事の出来ない演舞です。






先ほどの感動覚めやらぬまま、再度連写モードへ突入し、りまくり。 (^^;)









第11回・京都学生祭典 2013-23
その後、間髪入れず、またフラのチーム登場!? (@_@;)




う~ん、世にはフラダンスのブームが来ていたんでしょうか。 (^^;)






いずれにしても、またの綺麗どころの登場に、テンションも再上昇。 (^^;)









第11回・京都学生祭典 2013-24
時が経つのも忘れて撮影を続けていると、いつの間にか夕刻。




おお~、なんだか西日がハワイア~ンなサンセットを表現できて、
いい感じの1枚に。





いや、完全にワタクシの自己満足な世界なんですが。 (^^;)









第11回・京都学生祭典 2013-25
げキッスを、こちらにも~。 (*´д`*)ノ     ←(愚・その2)






おふざけが過ぎている内に、演舞も終了へ。 (^^;)









第11回・京都学生祭典 2013-26
ああ、いずこへ~。 (´д`) ノ





お辞儀や終わりのご挨拶など、一切ナシでご退場。 (^^;)





いや、よさこい・ソーラン系のチームだと、演舞終了時に「ありがとうございました!」
と、深々とお辞儀して退場されるんですが、



これも踊りが発祥した国の、文化の違いなんですね。





う~ん、フラ。 このツンとした感じも新鮮で、またいい。 (^^;)     ←(ヘンタイ)










さて、決勝戦まで撮っていると、夜遅くになってしまいます。



今日は存分に撮らせて頂いたので、そろそろおいとましましょう。









第11回・京都学生祭典 2013-27
さてさて、そんなこんなで、「京炎 そでふれ! 第11回・京都学生祭典」。




本日はよさこいとは掛け離れたものの、良いお天気の中、ノンジャンル部門での
撮影で、一応自分なりに納得できたかなと。 (^^;)





想定外のフラにも出会い、今後もハマりそうで怖いですね~。 (;´д`)



色んな被写体に挑戦して、カメラの練習にして行きたいと思います。 (^^;)






ちなみに来週末は、京都・龍馬よさこいが開催されるんですね。



またまたワタクシ、れるかもしれません・・・。 (^^;)     ←(社寺めぐりは?)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/563-01156a21