ここ連日、記録的な猛暑が続いて、もううんざり気味ですよね~。 (´д`)





というワケで本日は、暑気払いの意味も兼ねて、










舞妓さんネタなどを一つ。 ( ̄人 ̄)      ←(毎度のムチャくだり)








いや、前回の「舞妓さん撮影ネタ」から、早くも4ヵ月が過ぎようとしていたので、

この辺りでちょっとれてもいいかな~と。 (^^;)






でも実を言うと、最近あまり舞妓さん撮影に向いていないので、

更新できるネタもあまり無い、というのが正直なところだったり。 (^^;)






そんなワケで、今回は件数が少ないながらも、4月~7月度分をまとめまして、

毎度のごとくダイジェスト的に、スタート。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-1
さて、まず4月8日は先斗町(ぽんとちょう)へ。



本日はこちら、舛之矢(ますのや)さんからお店出しがあるんですね。






それにしても先斗町、京都・五花街の中では何かとデータが少なくて、

不明な部分が多いんですよね~。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-2
先斗町(ぽんとちょう) : 「市照」(いちてる)さん・お店出し。





でもそんな中、いつもこうしておめでたい日に立ち合わせて頂ける事に、

感謝している次第なんです・・・。 ( ̄人 ̄)






それにしても、本日はけっこうな人出。 








舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-3
偶然通りかかった舞妓さん・市奈菜(いちなな)さんも、この騒ぎにビックリ。 (^^;)




舞妓さん撮影のこと。(2013年・3月度)2013/04/24でも書きましたが、市奈菜さん自身の

お店出しは、超少人数でしたからね~。




一日に複数件ご挨拶回りが重なると、極端にキャメラマンが1ヵ所に集中する事が
あるんですね。





でも、誰のご挨拶回りに付いて回って、どんな写真を撮りたいかは、それぞれ。






そういう選択肢があるのもまた、芸・舞妓さん撮影の醍醐味かも知れません。 (^^)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-4
あ~、やっぱり「お店出し」撮影はいいですわ~。 (*´д`*)





舞妓さんとして、花街にデビューする当日。





緊張感を伴った、この初々しいフレッシュな瞬間をカメラに収められるのは、

まさにお店出しの初日に置いてほか、あり得ません。









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-5
そんなり言を言いつつ、うしろ姿も失礼しまして、1枚パチリ♪ (^^;)





「見送り」と呼ばれる、上に反らせた3枚重ねの銀紙が印象的です。



かんざし等を含めてお店出しの間、わずか3日間だけ披露されるという姿なんですね。





・期間限定なお姿なので、偶然にでも肉眼で拝見できるのはしい代物。






まさに、と言っても過言ではありません・・・。 ( ̄人 ̄)






チョト表現が大げさ過ぎですか。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-41
それにしても、本日拝見した市照さんの「見送り」は、かなりに反らせてあるんですね。



髪結いさんの個性が出るんでしょうか、舞妓さんによっては

真下に向いている事もあったり・・・。






いやワタクシ、時々こういう細かい所に注目したりするので。 (^^;)    ←(細かいヒト)










舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-6
さて、お次は5月に入りまして祇園甲部(ぎおんこうぶ)。 (^^;)



本日はこちら、「西村」さんからお店出しとの事。






それにしてもこちらの屋形、現時点でもけっこうな大所帯なのに、更に増員を
続けられるんですね。





名前札を見ても、右端にまで行ってしまいそうな勢い。 (^^;)






そんな事を言っていると、もうて来られますよ!









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-7
祇園甲部 : 「彰子」(しょうこ)さん・お店出し。




おお~、お玄関前で同じ屋形の芸妓さん・「鈴子」さんが、を整えてあげるシーンは、

いきなりになります。 (^^)







でもよく見ると、片手にはスマホとは、



古式ゆかしい祇園の世界にも、確実にデジタルの波は押し寄せて

いるようです。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-8
移動が始まった中ではスキを狙い、1枚お願いしましてパチリ♪ (^^;)





う~ん彰子さん、思いのほか目ヂカラがあって、



目がった瞬間、チョトひるんでしまった。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-9
その後は、→京都・祇園「崇徳天皇御廟」(すとくてんのうごびょう)月次祭 2013/07/31
でも書きました、


御廟前をったり。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-10
あと最近では、変化球的に、こんなカットも。 (^^;)





いや、いつも御挨拶回りというと、お茶屋さんのお玄関先や、犬矢来(いぬやらい)とか、
祇園の風情を絡めた画に頼って撮ってしまうので、



マンネリ感が否めないんですよね~。





なのでこうして、芸・舞妓さんがいつも技芸に励む、八坂女紅場学園(やさか
にょこうばがくえん)と、

そして工事中のフェンスを背景に、1枚。 (^^;)




祇園町(ぎおんまち)の日常的な風景を絡めて切り取ってみるのも、



またアリかなと。 (^^;)










舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-11
そう言いつつも、定番的な「つる居」門前での一枚も、収めておかねば。 (^^;)



保険的な意味も兼ねて。 (^^;)










さて、そのご挨拶回り終了後、おウチへ帰ろうと四条通を通っていた所、南座から

出てきた舞妓さん御一行と遭遇。









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-12
おお、この髪型は先笄(さっこう)ではありませんか。



久々のナマ先笄! (゚д゚)




ちなみに先笄とは、舞妓さんが芸妓さんになる直前の、数週間だけに結われる髪。



つまり、襟替えが間近に迫っている舞妓さんな訳なんですね。






こちらも滅多に現物を拝見出来ない代物なので、しっかりとに焼き付けて・・・。 ( ̄人 ̄)







そしてここまで来れば・・・、









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-13
またさらっと日取りを調べて、襟替えの当日に参列。 (^^;)




こちらの屋形は、ちょうど「つる居」のお向かいで、「多麻」さんなんですね。









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-14
祇園甲部 : 「満奈葉」(まなは)さん・襟替え。




祇園甲部の中でも、特に難所と呼ばれる「つる居」・「多麻」前でのお披露目を
終えた後、


これまたスキを狙い、1枚お願いしましてパチリ♪ (^^;)






それにしても、襟替えを拝見していつも思うのですが、前日まで舞妓さんだったという事が

にわかに信じがたいくらい、美しい変身ぶりです。









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-15
その後は、またまた御廟前を狙ったり。 (^^;)



でも、通行人とかぶったり、足元が写っていなかったりと、なかなかにしい。 (^^;)






いやワタクシ、そんなに御廟マニアではありませんので、



一応、のため。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-16
続いて、祇園町(ぎおんまち)の日常的な風景も、またまた1枚♪ (^^;)



白川周辺では、よく結婚式の撮影が行われているんですよね~。





それにしても、こんなコインパーキングの一角で、撮影準備が行われているとは。



男衆(おとこし)さんも、満奈葉さんも、しそうに眺めて行きます。







いや、それにがるキャメラマン集団も、かなりしい御一行なんですが。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-18
そう言いつつも、最後はまた定番的に、お茶屋さんの門前で一枚
収めておかねば。 (^^;)




「小田本」さんの前で、保険的な意味も兼ねて。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-19
さて、時は下りまして、6月は4日。



舞台は再び先斗町(ぽんとちょう)で、この日は襟替えがあるんですね。





それにしても、良い頃合いになると、通路はかなりのキャメラマンの人出に。






何となくですが、いつも「お店出し」より、「襟替え」の時の方が、人出が多いような・・・。









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-20
先斗町 : 「市乃」(いちの)さん・襟替え。





あ~、出掛かりを捕らえるの、失敗した~。 (´д`)



屋形から出てくるこの瞬間は、まさに撮り直しが出来ない一発勝負。




それなのに、この日は久しぶりに一番最初の表情を撮れず、大失態。 (^^;)






いや、そもそも、いつも撮りにくい隅っこから狙っているという所に、


根本的な問題があるかも知れませんが。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-21
その悪い流れを払拭できず、この日は横顔の連続。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-22
そしてかろうじて、ご挨拶回りの雰囲気を表現できたのも、この1枚くらいという

不作ぶり。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-23
大人数の中、路地内でがんばってみるも、先にお店出しされた市照さんとの遭遇シーンでは


何だか盗撮的なカットになってしまうし。 (^^;)





先斗町の御挨拶回りはコースも単純で、少人数だと好きなだけ色々とせますが・・・、





人出が増えると、それに直結して難易度もハネ上がる事を


めて痛感。 (^^;)    ←(人出のせいにするヒト)











さてその後、時は流れて7月。


例年の如く、7月度には通常、「お店出し」・「襟替え」などは行われないんですね。






なぜなら、祇園祭が行われるから。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-42
7月1日から1か月間に渡って行われる、この長~いお祭。



祭事も多岐に渡って行われるので、その間はさすがに御挨拶回りもえられるようです。






でも一応、念のため調べてみたところ・・・、






ある! (゚д゚)





なんと、「お店出し」があるもよう。 (@_@;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-24
そんなワケで、7月は末日、さらっと祇園東へ。 (^^;)





それにしても祇園祭のさなか、お店出しとは、なんという強行突破。 (^^;)



京都の花街は、色々とが多すぎます。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-25
さて、本日の舞台となるのはこちら、富菊(とみきく)さんですか。




ずい分以前ですが、→舞妓さん撮影のこと。(去年のおさらい) 2012/01/18でレポしました、

「富多愛」(とみたえ)さんがデビューされた屋形なんですね。





そして本日デビューされるのが、「富津愈」(とみつゆ)さん。






なかなかに読み方がしいお名前が続くので、覚えるのも大変です。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-26
今日はテレビの密着取材も入っているんですね。




それもそのはず、今日お店出しの富津愈(とみつゆ)さんは、なんとニュージーランドで

約4年間、留学経験があるんだそうな。 (゚д゚)





そもそもお店出しの少ない祇園東の中で、海外帰りの舞妓さんとは、

これまたしい。






古式ゆかしい祇園の世界にも、確実に国際化の波は押し寄せて

いるようです。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-27
そんな事を言っていると、もうて来られますよ!




中から打石を打つ音が聞こえてきて、外で待つキャメラマンも一斉にスタンバイ!









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-28
オオッ、ついに新しい舞妓さん、富津愈さんの姿が明らかに! (゚д゚;)






この日はちゃんと掛かりを捕らえられて、良かった。 (^^;)




こういうのは一度失敗すると、トラウマ的になりますからね~。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-29
ここでめて、じっくりとお姿を拝見すると・・・、 



意外と普通に、今風の舞妓さん? (゚д゚)






いや、NZ帰りとの事で、金髪とかだったら、どうしようかと。 (^^;)     ←(そんなワケない)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-30
御挨拶回りも、普通に進んで行きます。 (^^;)





でもホント、海外留学の経験を活かして、これから国際派の舞妓さんとして、

活躍して頂きたいですね~。









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-31
続いて、フラワーショップ・花新祇園本店さんで1枚、パチリ♪





おお~、ただでさえやかな舞妓さんなのに、本物のに囲まれて、


これは々しい事、だしい。 (^^)     ←(表現がややこしい)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-32
そんな独り言もややみながら、お茶屋・「まん」さんの前で

1枚お願いしまして、パチリ♪ (^^;)






いつもは隅っこで撮っているワタクシですが、カメラ目線を頂戴する時だけは、



さらっと真正面に回って、本気を出すんです。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-33
それにしても、やはり猛暑のさなかに行われる御挨拶回りは、あまりに過酷です。 (^^;)



富津愈さん・テレビ局の人・キャメラマンと、もはや全員が汗だく。 (^^;)






ワタクシも意識がびそうな中、観亀神社(かんきじんじゃ)前で1枚捕らえることで、


正気を保っていたりして。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-34
その後、四条通に出てからは読みを絡めて撮っていましたが・・・、


アリャ?  (゚д゚ )=( ゚д゚)




いつの間にか、御一行を見失う事態に。





テレビ局が来ているせいか、本日の御挨拶回りは超変則コースなんですね。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-35
ぬおっ、また神社前に現れた!? (゚д゚;)




先ほどと同じコースを再び通って来られたので、ビックリした。 (^^;)






しかしながら、祇園東の氏神様であるお社前でも、こうして1枚頂けるとは、


ありがとうございます~。 ( ̄人 ̄)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-36
さて、興奮と感動の御挨拶回りも、そろそろ終盤。 (^^;)




あとは屋形へ帰るのみです。









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-37
今日はありがとうございました~。 (´д`) ノ




てが終わり、お開きかと思いきや・・・、









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-38
ぬおっ、またれた!? (゚д゚;)





なるほど、最後に集合写真を撮る為でしたか。 (^^;)





最後もしぶとく、真正面から1枚。 (^^;)    ←(しぶとい)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-39
富津愈さん、これからがんばって下さいね~。 (´д`) ノシ





お別れに思いっきりを振っていたら、思いっきり手ブレ写真になってしまった。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・4~7月度)-40
最後は観亀神社前を1枚撮って、のほうへ。 (^^;)





さてさて、そんなこんなで、舞妓さん撮影のこと・4~7月度。



結局この4ヶ月で撮りに行ったのは、5件だけだったので、やや引っ張り気味の
ダラダラ書き。 (^^;)





でもでも、芸・舞妓さん撮影は、いつも何かしら新しい発見や展開に合うんですよね~。


それがまた撮りに行きたいな~と思う原動力なのかも知れません。 (^^;)





そんなワケで、8月に入ってからは八朔(はっさく)と、ほかイベントも撮りに行ったので、

またこちらも機会があれば、近い内にレポしたいと思います・・・。 (^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/557-95e6460d