えらく前回からが空いてしまいましたが、


リクエスト頂けた事もあり、がんばって久しぶりの更新を。 (^^;)






さて、前回の記事ではエイプリルフールで、変身舞妓さんをネタにしましたが、


今回はそのお詫びも兼ねて、本物の舞妓さんネタを書こうかなと。 (^^;)





というワケで、先月は3月度に撮りに行きました分を、毎度ダイジェスト的に
レポ。 (^^;)






ちなみに2月は色々と忙しくて、舞妓さん撮影は結局、節分行事にしか
行けなかったんですよね~。









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-1
そんな経緯がありながら、まず3月4日は先斗町(ぽんとちょう)へ。




いや、本日お店出しがあるのでお伺いしたんですが、


そもそも御挨拶回りの撮影自体、2ヶ月ぶりの事なので、




少々ブランクが空いて、ちゃんと撮れるかチョト心配。 (^^;)









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-2
そうぶつぶつ言いながらも、無事に屋形前へ到着♪



おや、結構遅めに来たんですが、キャメラマンが5人くらいしか居ませんよ。 (゚д゚)





お店出し・襟替えともなると、いつもは多くのキャメラマンでわうのに、

こういう日もあるんですね~。





と言いますか、ワタクシの知る限り、これは過去最少人数。 (^^;)









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-3
おめでたい目録も一枚、パチリ♪



れん坊将軍、いや、松平健氏からも送られているんですね。 (^^;)





その他、歌舞伎役者など、ビッグな名前がズラリと並んで、スゴイ。









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-4
さて、程よいお時間になってくると、辺りは俄かにきが。



今日は本物の舞妓さん・「もみ福」さんも、出待ちをっているんですね。






でもなぜか、ビデオカメラのレンズがこちら側を向いているのが

になるところですが。 (^^;)









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-5
そんな事を言っていると、もう出てきますよ!



いやホント、 屋形から出てくるこの瞬間は、まさに一発勝負。




り直しが出来ませんからね~。





最初にピントを外すと、もう致命的なんです。 (^^;)









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-6
オオッ、ついに新しい舞妓さん、市奈菜さんの姿が明らかに! (゚д゚;)




危うくタイミングを外しそうになって、2ヶ月のブランクをじたり。 (^^;)






でもしいながらも、何とかピントが合って良かった。 (^^;)









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-7
先斗町(ぽんとちょう) : 「市奈菜」(いちなな)さん・お店出し。




それにしても市奈菜さん、まるで日本人形のような趣。



とした容姿に、思わず見入ってしまいます。









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-8
京都の花街(かがい)ではお店出しの他に、「襟替え」・「先笄(さっこう)」・「半だら」・
「引き」などなど、

くの御挨拶回りがありますが、


その中でもワタクシは、やはりお店出しが好きなんですよね~。




新しい門出に立つ舞妓さんの、緊張感が伝わって来る独特の雰囲気が
好きだったりするワケで・・・、








まあ、どうでもいい情報ですが。 (^^;)






でもでも、いつもこの様なおめでたい日に立ち会える事に、

感謝しているワケであります・・・。 ( ̄人 ̄)









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-9
またぶつぶつ言っていると、いて行かれそうに。 (^^;)





滅多にない少人数の日なので、今日は存分にらせて頂きましょう。 (^^;)









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-10
普段は取る事が難しいセンターの位置に陣取って、パチリ♪




写真の出来は別として、気分的にはご満悦。 (^^;)









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-11
いいですね、 いいですよ~。



カメラは意識しないで下さいね~。 (^^)






いや、実際にはそんな事は、言ってませんが。 (^^;)





でもワタクシ的に、京都五花街の中で最上級者コースである先斗町。





今日の様な少人数でないと撮れない写真に、色々とチャレンジしているんです。 (^^;)









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-12
作品的な写真を狙って、路地の奥に身を潜めて・・・、パチリ♪





路地をフレームに見立てて撮ろうかと思いましたが、路地内で
シャッター音がり響いて、



市奈菜さんにつかってしまった。 あらら。 (^^;)









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-13
風情あるお茶屋さん・「井雪」さんの前も、今日は撮りでOK。 (^^)v




いや、いつもは撮りにしないと、多くの人が写り込んでしまうんです。 (^^;)









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-14
あ~、なんですか~、このアットホームな雰囲気は~。 (´д`)




途中、舞妓さんの「久鈴」さんと「久桃」さんに出会って、御挨拶。





少人数の花街なので、少ない人出だと、こうしてやかな御挨拶回りに
なるんですね~。









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-15
その御挨拶回りをする姿も、実に初々しい。 (*^^*)




なんだかもうさっきから、りまくり。 (^^;)







そう言いつつも、またいつもの如く・・・、









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-16
さらっと真正面から、1枚頂くワケであります。 (^^;)







さて、ダイジェスト的にと言いながら、またダラダラと書いているので、

巻き気味に。 (^^;)









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-17
御挨拶回りも終盤になりましたが、いつの間にか周りのキャメラマンが

誰も居なくなりましたよ。  ?(゚д゚)?





元々観光客の巻き込み率も低い先斗町。




最初から趣味で撮りに来ているような人は、ポツ~ンとワタクシ

一人だけに。





ホント、今日は人でわう「お店出し」のハズなのに、どうなってんの? (^^;)







まさか、エイプリル・フールじゃないでしょうねッ! (*`ε´*)ノ彡





いや、この日はまだ3月でした。 (^^;)






ちなみに、この日の出来事が、前回書いた記事の元ネタ
なっていたりして。 (^^;)








さて、そんな事を言っていると・・・、









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-18
ああ、市奈菜さん、もう行かれてしまうんですね。




襟替えには、また来ます~。  (´Д`) ノ     ←(気が早すぎ)









京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん 「お店出し」-25
さてさて、そんなこんなで、京都・先斗町 : 市奈菜(いちなな)さん
「お店出し」 。 (^^;)



今までに無い少人数で、思う存分らせて頂き、ありがとうございました。 (^^)




この京都の花街で、末永くご活躍される事を、ワタクシも陰ながら

お祈り申し上げております・・・。 m(_ _)m








と、にかかろうとしましたが、ここでフト思い出したこと。








そう言えば今日は、祇園甲部でもお店出しがあるのを、れてた。 (゚д゚;)










舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-19
というワケで、御一行の現在地を瞬時に特定し、音速で現場へ急行。





でも到着した頃には、既にエンドロールが流れ始めている空気。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-20
それではと、最後の望みを繋げるべく、屋形前へ亜光速で移動。



を読んでここで待ち構えるしか、もうマトモに撮れる手は残っていません。 (^^;)






それにしても、こちら西村さん、所属される芸・舞妓さんがいずれも

○○子さんというお名前なので、





お顔とお名前を一致させるのが、けっこう難関だったり・・・、









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-21
祇園甲部 : 「実佳子」(みかこ)さん・お店出し。





また、そうぶつぶつ言っていると、


カメラの設定も定まらないまま、あっという間にって来られて・・・、









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-22
ああ、御挨拶回りを、もう一周~。 (´д`) ノ    ←(ムリです)






結局5枚くらいしか撮れず。 (^^;)




う~ん、先の先斗町で長居しすぎた。 (^^;)








さてここで、さらに思い出したこと。





そう言えば今日は、宮川町で襟替えがあるのも、れてた。 (゚д゚;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-23
また現場に急行しましたが、でもさすがにこれにはに合わず。



仕方ないので、京おどりを迎える歌舞練場前を、パチリ♪ (^^;)






最初の先斗町で存分に撮らせて頂いたので、今日はこれでの字としましょう。 






それにしても今日は、三花街で同時御挨拶回りだったんですね。




いや、2ヶ月ぶりの御挨拶回り撮影だったので、今日はリハビリ的に考えて
いたんですが、



予想外にハードな一日に。 (^^;)






復帰戦としては、えらい日をんでしまったかも。 (^^;)












舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-25
さて時は下りまして、3月は18日・・・。



これまた祇園甲部で重要なお店出しが。






その舞台は、お茶屋・「つる居」。 (゚д゚)








「tsu」 ・「ru」 ・「 i」 !  (゚д゚)ノ     ←(なぜにアルファベット)





いや、この日は午後から雨天、しかもかなりのれ模様という予報なんですよね~。






ワタクシの日の撮影に弱いので、こうしてムリからにテンションをげて、
撮影に臨んでいるワケなんです。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-26
ちなみにこちらつる居では、紗月(さつき)さんに続く久々の舞妓さん、
紗千穂(さちほ)さんがデビューされるんですね。





めてお姿を拝見するので、楽しみ。 (^^)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-27
と言っても、既にJcomテレビの「恋舞妓の京都慕情」に出演されて
いたりして。 (^^;)





番組もパートⅢとなって続くようなので、まずは一安心。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-28
恋舞妓を卒業された芸妓さん・「紗矢佳」(さやか)さんと「杏佳」(きょうか)さんも
立ち会って、こうして着付けが行われるんですね。





お店出し前のこうした様子は、テレビの密着取材でもなければ、なかなか
拝見できませんからね~。









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-31
つる居内でそのような進行が行われているとは知る由も無く、ワタクシは
この暗~い門前で、



て来られるのをただひたすら、お待ち申し上げる次第なんです・・・。 ( ̄人 ̄)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-32
そんな事を言っていると、中から関係者らしき人たちがゾロゾロとてきました。



これはもうすぐ、紗千穂さんも出て来ますよ!





だかんだで運良く、これまで「紗矢佳さん・杏佳さん・ 紗月さん」全員の

襟替えやお店出しにち会う事が出来ました。





ここまで来れば、紗千穂さんの出てくる瞬間もす訳には行きません。









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-29
というワケで、「恋舞妓の京都慕情Ⅲ」からもカットを拝借して、
状況のお届け。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-30
いよいよ「つる居」の敷地内・聖域から、キャメラマン・観光客の待ち構える

下界へ! (゚д゚;)






表現が卑屈すぎますか。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-33
そして外で待ち構える、ワタクシの2カメに切り替わり・・・、



オオッ、改めて新しい舞妓さん、紗千穂さんの姿が明らかに! (゚д゚;)








でもすぎて、画質崩壊・・・。 (´д`)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-34
TVクルーに気を付けて、深追いするのはやめておきましょう。



油断すると、さらっと「恋舞妓の京都慕情Ⅲ」に登場する事になるので。 (^^;)






今度から大型の御挨拶回りには、フルフェイスヘルメットでも

かぶって行きましょうか。 (^^;)     ←(余計に目立ちますよ)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-35
それにしても、紗千穂さんの杯(さかずき)のお姉さんは、雨女で有名な
紗矢佳さん。 (^^;)




御挨拶回りが始まると、見る見る内に空の雲行きが怪しくなってきましたよ~。









妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-36
そして、もれなく本降りに。 (^^;)





いや、実際にそういうジンクスがあるかどうかは不明ですが、こうも
重要な場面でピンポイントに雨が降ると、



にわかにじたくなってきます。 (^^;)









妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-37
肝心の撮影の方は、輪をかけて崩壊の方向へ。 (^^;)





片手でを持ちながら、片手でカメラの操作。



ズーム操作もままならず、構図を考える思考力も、停止気味に。 (^^;)





ここまでテンションげ気味で来たのに、もはやがる一方ですよ~。 (´д`)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-38
そして途中、り掛かった「実佳子」(みかこ)さんの撮影会に参加するという、

ワケのわからない展開に。 (^^;)





いや、先日のお店出しでは5枚くらいしか撮れなかったので、ドサクサにまぎれて

リベンジ気味に連写させて頂きましょう。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-39
でもでもホント、「雨に和傘と舞妓さん」という状況も、滅多に撮れない画です。



持ちを切り替えて、撮影の続行を。 (^^;)





それにしてもこれまでの経験上、意外との日の御挨拶回りがない事に、
今ごろ気付いたり・・・。





撮り方や装備なども、めて見直さないといけませんね~。






さてそうこうしている内、あっという間に終盤に差し掛かり、つる居前に
ってきましたが・・・、









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-40
やはりこの暗さ。 (^^;)




ここ「つる居ロード」、れの日でも薄暗いのに、今日の様な天候だと

もはやワタクシのテクではらえ切れません。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-41
そして、納得のいくお写真が撮れないまま、最後も盛大なピンボケ
写真に。 (^^;)





ああ、御挨拶回りを、もう一周~。 (´д`) ノ    ←(ムリです・その2)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-42
「新・恋舞妓」誕生の重要な日だったのに、あまり良いお写真がれず、残念。




紗千穂さんにはまた何かの機会で、お天気の良い日に撮らせて頂ける事に
期待しましょう。 (^^;)












舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-43
さて3月末日になりまして最後は、祇園白川・舞妓さん撮影会に参加。






この距離から既に、会場は大勢のキャメラマンと観光客でごった返しているのが
判ります。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-44
ちなみにこの催し、公式サイトによると、

京都らしい雰囲気を色濃く残す祇園界隈で、ライトアップされたを愛でる
イベントなんですね。




本イベントは20年以上も続いており、京都の桜ライトアップのなかでも
草分け的な存在なんだとか。






その中の期間中イベントとして、ここ祇園白川で芸・舞妓さんの撮影会が
催されるんだそうな。



午後2時半~5時のロングタイムで、しかも参加無料。 (゚д゚)ノ





これはお伺いするほかありません。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-45
色々と御用を済ませた後に到着したので、4時半過ぎになりましたが、

その頃には植え込みも人々にみ散らかされて、




辺りはれ模様に。 ヒドイ。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-46
おお、モデルさんはお二人、宮川町の芸妓さん・とし真菜(としまな)さんと、
舞妓さん・とし夏菜(としかな)さんですか。




人呼んで、宮川町のマナカナ! (゚д゚)





と言っても双子ではなく、赤の他人なんですね。 (^^;)







冗談はさておき、いずれにしても豪華な顔ぶれのお二人。









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-47
れを取り戻すべく、ワタクシも撮影会に飛び込んで、まずはパチリ♪





公式な撮影会なので、こうしてタイミングを見計らってお願いすれば、









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-48
気兼ねなく、いくらでも目線は頂けるんですが・・・、










舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-49
いかんせん・・・、





動きが無い。 (^^;)






じ場所に居ると、ず~っと同じに。 (^^;)






それではと構図を変えるべく、自ら場所を移動しようとするも、今度は人が多すぎて


なかなか動けないし。 (^^;)






う~ん、舞妓さん撮影はワタクシ的に、り回りながら撮影するのが、

性分に合っているような。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-51
でもかな展開ながら、こんなにの花咲き乱れる中で芸・舞妓さんを

撮影できるのは、やはり滅多にない機会です。





ワタクシも、静かにりまくり。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-53
参加時間が遅かったので、あっという間に終了時刻になって、

これまたかにお開きを迎えることに。 (^^;)






う~ん、何だか足りない。 (^^;)









舞妓さん撮影のこと。 (2013年・3月度)-52
さてさて、そんなこんなで、舞妓さん撮影のこと・3月度。



またダラダラと、且つ急いで書いて、り留めも無い記事になりましたが、 


3月度の舞妓さん撮影は、何だか静と動が入り乱れる月になったような。 (^^;)





でも久しぶりの復帰戦を経て、が取り戻せたような気がします。 (^^;)





本来の社寺ネタとはあまり関連がありませんが、また機会があれば

こんな記事も入れていこうと思います・・・。 (^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/543-0b8ac8cd