社寺巡り 京都・辰巳大明神 「放生会(ほうじょうえ)」(後編) 2009/6/11の続きで、
同じく祇園にある、「観亀神社」へ向っています。



ワタクシのポケット地図を見ると、「辰巳大明神」から、ほど近くにあるよう
ですので、お伺いする事にしました。(^^)





観亀神社
「辰巳大明神」をあとに、新橋を渡り、花見小路通りを一路南下。



距離的には300m位のようです。






観亀神社2
地図によると、この辺りを左折。


ずいぶん狭い路地です。







観亀神社3
新橋南通り、もう見えてもいい頃なんですが・・・、


おっとと、行き過ぎそうなりました。 鳥居が見えています。





スナック街の中にあるんですね。(^^;)







観亀神社4
朱塗りの、立派な明神形鳥居です。

さっそくお参りに行きましょう。(^^)








観亀神社5
正面に回り、いざ潜・・・、





「・・・オヤ? (゚д゚) ?・・・。 」







観亀神社6
扉が閉ざされ、カギが掛けられています。



まだ、神社が閉まるような時間ではありません。







本日は、定休日なのでしょうか。(^^;)







観亀神社9
う~ん、

右手に回ってみても、他に入り口らしきものは無し。



しかたありません。



とりあえず、カギの掛かった扉の前で、お参り。( ̄人 ̄;)







観亀神社7
鳥居には「観亀大神」の額が掲げられています。








観亀神社8
鳥居の左手には「観亀神社」の石碑があるくらいで、
他に由緒を記すようなものも、何も無し。







観亀神社10
中の様子を伺おうと、手を伸ばしてズームで撮っても、本殿前に掲げられている、
額の「稲荷」の文字くらいしか写りません。








観亀神社11
正攻法で、扉の正面からパチリ。


鉄格子がきれいに撮れるだけです。(^^;)








観亀神社12
鉄格子の間からズームで撮ってみましょう。



おお、少し中の様子が伺えますが、本殿前にも「シャッター」
下ろされています。


恐ろしくガードが固い。



これほど人を拒むとは、過去に何かあったのでしょうか・・・。








観亀神社13
とりあえず、本日のところは、一礼しておいとまします。


ありがとうございました。( ̄人 ̄;)




しかし、の多い神社です。(^^;)








観亀神社14
こちらの神社に関しては、今度図書館にでも行って調べてみましょう。


何か分かったときには、追記します。(^^;)





さて、このままでは、何か気持ちが満たされません。


ついでと言ってはなんですが、もう一社、お参りに行きましょう。(^^;)










スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/51-543a7eea