京都・祇園伝統行事2011年・「事始め」(ことはじめ)「前編」 2011/12/25

続きで、「後編」になります。 (^^;)






さて、本日のリベンジ目標である、恋舞妓・3名様揃っての目線写真。








京都・祇園:2011年 「事始め」18
姿を見失って一度は諦めかけたものの、四条通で遭遇。  (゚д゚;)





なるほど、御一行が御挨拶回りしている間に、ワタクシが別ルートで
先回りした形になったようです。





これはまさに、神仏のお導き。 ( ̄人 ̄;)








そんな大層なものではありませんか。 (^^;)








いずれにしても、巡ってきたこのチャンス。



これを生かせるか否か、あとはワタクシの根性に掛かっています。 (^^;)










京都・祇園:2011年 「事始め」19
うう、モノすごい華やかオーラ。 (゚д゚;)





運良く、いい位置で近寄れましたが、やはり恋舞妓。




祇園でも別格的な御一行なので、もはや芸能人的なオーラを発して、
こんな至近距離だと、ひるんでしまう。 (^^;)






ああ、目の前なのに声を掛けられず、時間だけがぎていく・・・、 (´д`) ノ







しかし、いくら至近距離にいても、ただっているだけでは、目線を頂戴
する事は出来ません。






ここは一つ、本年度最大の根性を決めて・・・、








皆様、一枚、オネガイシマスッ!  (*`ε´*)ノ彡  ←(珍しく声が大きいヒト)












京都・祇園:2011年 「事始め」20
パチリ♪





オッホ!?  もしかして、超絶・・・、達成?  (゚ ゚)






判定お願いします! w(*゚∇゚*)w










天の声 : 「 ・・・、いいでしょう。 達成です。」








アリガトウゴザイマス~。   。・゜・(/Д`)・゜・。











バオォ~ッ。 。・゜・(/Д`)・゜・。  ←(ウルサイ)








いや、ホント。 (^^;)



今回の目標、かなり無茶な設定でしたが、本当に達成できるとは
思わなかった。 (^^;)










前回        今回
2011年・かにかくに祭20 京都・祇園:2011年 「事始め」20

でもこうして改めて、前回の「かにかくに祭」の写真と比較してみると、




立ち位置は同じだし、よりレアなすっぴんバージョンだし、


リベンジとしては申し分ありません。












バオォ~ッ。 。・゜・(/Д`)・゜・。  ←(また)










京都・祇園:2011年 「事始め」21
紗矢佳さん、杏佳さん、紗月さん、 ありがとうございました。 (^^;)



なんだかまだ心地。 (^^;)







ここで、フト一力亭前を見ると、








京都・祇園:2011年 「事始め」22
キャメラマンと観光客が入り混じって、どえらい混雑に。



一気に現実に引き戻されてしまった。 (^^;)






なごり惜しいですが、ここで恋舞妓とはお別れを。 (´д`)/~






このまま付いて行くと、騒ぎにき込まれるだけなので。 (^^;)








京都・祇園:2011年 「事始め」23
さて、また「井上八千代邸」前の様子を、見に行こうとしていた所、
小田本チームと再び遭遇。





改めて拝見すると、けっこうな人数ですね。








京都・祇園:2011年 「事始め」24
ここだけでも、芸妓さん・舞妓さん合わせて、8名様ですか。



これまたやか。






しかし、いくらなんでも8名様同時に撮らせて頂くのは無謀なので、

くのはやめておきましょう。 (^^;)








京都・祇園:2011年 「事始め」25
というワケで遠目から、芸妓さんの佳つ菊(かつぎく)さんを、
パチリ♪ (^^;)








京都・祇園:2011年 「事始め」26
続いて、佳つ幸(かつゆき)さんもパチリ♪





お二人とも芸妓さんとしては、まだお若いのに、プロフェッショナルな
オーラがまたスゴイ。 (^^;)








京都・祇園:2011年 「事始め」27
もちろん舞妓さんも、パチリ♪ (^^;)





こちらは佳つ奴(かつやっこ)さんでしたか。



真っ直ぐ見据える眼差しが、とした雰囲気を醸し出して、美しい。





チーム小田本もまた、美形ぞろいの屋形なんですね。








京都・祇園:2011年 「事始め」28
そして四条通では、彩乃(あやの)さんと章乃(ふみの)さんも合流して、

これまたやか。





と言うかこの周辺、華やかを通り越して、何だか非日常的な光景に。 (^^;)





う~ん、恐るべし、祇園。 (^^;)








京都・祇園:2011年 「事始め」29
おや、今度は入れ替わりで、中岸チームが登場。



御挨拶回りを終えて、屋形へ帰られるところですか。






人数的に、全然キャパ内なので・・・、










きます。 (^^)    ←(ヘンタイ)








というワケで、



一枚、オネガイシマス~。 (´Д`) ノ








京都・祇園:2011年 「事始め」30
パチリ♪





おお~、芸妓さんの市有里(いちゆり)さん、

ありがとうございます~。 m(_ _)m





ホント、こんなおしい日に止まって頂いて、恐縮です。 (^^;)








でも、できれば、舞妓さんの市和佳(いちわか)さんも、



ご一緒に~。 (´Д`) ノ    ←(図々しい) 








京都・祇園:2011年 「事始め」31
パチリ♪





アリガトウゴザイマス~。   。・゜・(/Д`)・゜・。





これまた貴重なツーショットを、ありがとうございました。 (^^;)






ちなみに、こうして複数人の御一行にお願いする時は、必ず一番
年上のお姉さんから声を掛けていかないと大失敗するので、


注意です。 (^^;)








おや、しばらくすると、遅れて小芳(こよし)さんも帰ってきました。





一枚、オネガイシマス~。 (´Д`) ノ   ←(やっぱり行くヒト)








京都・祇園:2011年 「事始め」32
パチリ♪





アリガトウゴザイマス~。   。・゜・(/Д`)・゜・。






あまりに快く応えて頂けて、怖いくらい。 (^^;)








と言いつつも・・・、



アップでもう一枚~。 (´Д`) ノ    ←(しつこい)








京都・祇園:2011年 「事始め」33
パチリ♪





アリガトウゴザイマス~。   。・゜・(/Д`)・゜・。






う~ん、ここは京都五花街(ごかがい)の中でも、最も殺伐とした
祇園甲部のはずなのに、こんなに撮らせて頂けるとは奇跡的。 (^^;)








しかし、今日は花街・伝統行事の事始め。






撮影会でもイベントでもありませんので、ほどほどにしておきましょう。



ありがとうございました~。 m(_ _)m








さて、そんな事をしていると、事始めもそろそろ終盤に。








京都・祇園:2011年 「事始め」34
ウロウロしていると、多麻さん第二部隊に遭遇したので、パチリ♪










京都・祇園:2011年 「事始め」36 京都・祇園:2011年 「事始め」35
舞妓さんは、つる葉(つるは)さんと満奈葉(まなは)さん。





おお、よく見ると簪(かんざし)が12月の「まねき」なっています。





ちなみに「まねき」とは、歌舞伎役者の名前を記す木の看板のこと。





この時期舞妓さんたちは、南座・顔見世公演の楽屋を訪ねて、まねきに
贔屓の役者のサインをもらうという慣わしがあるんですね。






こういった風情ある簪を拝見できるのも、またこ時期ならでは。 (^^)








京都・祇園:2011年 「事始め」37
さて、最後くらいは一力亭前に行って、パチリ♪ (^^;)





もうそろそろ終わりだというのに、まだスゴイ人。 (^^;)








京都・祇園:2011年 「事始め」38
でも、お昼に近づくにつれて、さすがに芸・舞妓さんの姿は
見えなくなってきました。







いつもながら、こういう全国区行事の終わりかけは、何だか
を見ていたかのような錯覚を覚えます。 (^^;)








京都・祇園:2011年 「事始め」39
そして最後は、「辰己大明神」様にお礼参りを。





本日は、超絶・ありがとうございました~。 ( ̄人 ̄)








京都・祇園:2011年 「事始め」40
と、さてさて、そんなこんなで、2011年 京都・祇園は伝統行事「事始め」。



無謀な目標を立てたものの、なんとか達成。 (^^;)




参戦なので色々と判らない事もありましたが、この時期の花街の雰囲気も、
存分にしむ事が出来ました。 (^^)






あとお忙しい中、写真を撮らせて頂いた芸・舞妓さん6名様も、
ありがとうございました~。 m(_ _)m






こういう事は、年に何回もしませんので、舞妓さん方、

し下さい。 (^^;)    ←(なぜか最後に謝るヒト)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/471-de7ad796