8/21(日)。 特にご用もないのに、京都駅ビル構内をウロウロ。 (^^;)





いや、一応は毎度の、京都総合観光案内所・「京なび」 で、

社寺情報を仕入れた帰り、にはなるんですが。 (^^;)








京都駅ビル イベント 鴨川夕涼み1
モノはついでで、これまた毎度、すぐ近くのイベントスペースも確認。 (^^;)



おや、人もくて、なにやら騒がしい。





中には、忍者の装束をした人も見受けられますよ。








京都駅ビル イベント 鴨川夕涼み2
近くの案内看板を見ると、なるほど、


東映太秦(うずまさ)映画村の、リニューアルオープンの告知イベント
のようです。








京都駅ビル イベント 鴨川夕涼み3
ちなみに映画村は、開村(1975年)以来、14年ぶり最大規模のリニューアルを、

2年余りかけて実施したんだそうな。





「からくり忍者屋敷」や「アニメミュージアム」、「浮世絵美術館」などなど、

新しいアトラクション施設を導入して、刷新を図っているんですね。






それにしても、「東映太秦映画村」とは、ホント久しぶりのキーワード。








小学校の遠足か何かで、行ったような記憶が・・・。 (^^;)








京都駅ビル イベント 鴨川夕涼み4
と言いつつも、忍者さんを横目に、のスペースも拝見。 (^^;)





おや、これまた違ったの展示が。 








京都駅ビル イベント 鴨川夕涼み5
おお、近くで見ると、人形を使って川床(かわどこ)を再現しているようです。


これはしげ。





「鴨川夕涼み」と題して、江戸時代に京都の床の中でも、最も賑わった

鴨川の床、「四条川原」の情景を再現しているんだそうな。








京都駅ビル イベント 鴨川夕涼み6
展示されている人形も、等身大で妙にリアル。




今にも動き出しそうで、チョト不気味。 (^^;)








京都駅ビル イベント 鴨川夕涼み10
近くの説明書きを見ると、なるほど、衣裳や小道具は高津(こうず)商会
さんが提供のもよう。



太秦映画撮影所で、色々と道具を扱っておられる、という繋がりが
あるんですね。








京都駅ビル イベント 鴨川夕涼み7
おや、よく見ると、中央には舞妓さん人形も二体ありますよ。



中央の千鳥(ちどり)をあしらった提灯は、先斗町の証なんですね。






お二人とも襟が赤いので、出たての舞妓さんのようですが、








京都駅ビル イベント 鴨川夕涼み8
見た感じ、右の方が、おさん舞妓さんのような印象を受けます。





いや、何となく、見た感じで。 (^^;)








京都駅ビル イベント 鴨川夕涼み9
`;:゙;`;・(゚ε゚; )ブッ!!



左の舞妓さんの口元、なんか様子がおかしいですよッ。 (゚д゚;)





口紅がハミ出たんでしょうか、けっこう豪快に紅く染まっています。 (^^;)






出たての舞妓さんは、化粧も練習中ということを聞きますが、


それにしても、ハミ出すぎのような。 (^^;)






血のりのようで、チョト怖い。 (^^;)








京都駅ビル イベント 鴨川夕涼み11
そう言いつつ、だらりの帯も、パチリ♪ (^^;)



うしろ姿は、なかなかに雰囲気があります。 (^^)






ちなみに今日は、コンパクトなデジカメで撮っていますが、やっぱり

ピンボケ。 (^^;)








京都駅ビル イベント 鴨川夕涼み12
さてさて、そんなこんなで、京都駅ビル構内・イベント展示:「鴨川夕涼み」。



精巧な小道具・衣裳で再現された、江戸時代の花街の夕涼み風景を、
存分に拝見しました。 (^^)





貴重な京都の年中行事は、脈々と現代に受け継がれているんですね。





ワタクシも、お茶屋遊びとまでは言いませんが、ぬまでに一度くらいは、



川床で夕涼み、してみたい・・・。 (^^;)   ←(ムリかも)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/439-d98be5ed