さて本日は、

テレビ番組:恋舞妓の京都慕情2・「哲学の道編」 2011/06/18に続きまして、



またまたテレビ番組・「恋舞妓の京都慕情2」を、更新~。





恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」1
やや在庫がたまっているので、連続になりますが更新を。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」2
と言いつつも、
今回のご案内場所は、「下鴨神社」(しもがもじんじゃ)界隈。








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」3
世界遺産に登録されている、京都でも有名な神社ですが、こちらも
当ブログでは、まだご紹介出来ていませんね~。



社寺ネタも、がんばらねば。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」4 恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」5
さて、まずお二人が向かう先は、境内に御鎮座される「河合神社」(かわいじんじゃ)。



美人祈願が出来る境内摂社なんですね。








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」6
手順正しく、神門前で一礼。








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」7
そして御本殿前へ。



御祭神

・玉依姫命(たまよりひめのみこと)




静かに、お参り~。 ( ̄人 ̄)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」8 恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」9
お参りの後は、鏡絵馬(かがみえま)で美人祈願。



なるほど、手鏡を模した絵馬に、美しくなれるように気持ちを込めて
を描くんだそうな。





それにしても手鏡でしたか。 ちょっとしゃもじかと思いました。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」10
と、ここで杏佳さん、おしろい道具を取り出して・・・、








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」11
絵馬にるんですねッ。 (゚д゚;)





まさに、リアル舞妓さん仕様。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」12
杏佳さん、左利きでしたかッ!? (゚д゚;)



いや、グルメレポではお箸を右手で持っていたような・・・。





のせいでしょうか。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」14
そう言っていると、絵馬完成。



お二人とも、なかなかにお上手。








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」13
裏面にはお願い事を書くんですね。



杏佳さん : 「もっと美しい女性になれますように。」

紗月さん : 「べっぴんさんになれますように。」





う~ん、お二人とも、もうそれ以上キレイになる必要はないと思います。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」15
杏佳さん、他の参拝者に絡みたそうにしつつも、 (^^;)









恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」16
神鏡前の、一番VIP席へ奉納。



さすがはテレビパワー。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」17
そしてお二人揃って、美人祈願~。 ( ̄人 ̄)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」19 恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」18
お天気もよくて、杏佳さんもご機嫌の様子。



鼻歌交じりで、いよいよ御本殿のある神域へ。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」20
おや、小さいお子様が集まってきて、ここで千社札をプレゼント。



ワタクシも、舞妓さんから千社札、しい~。 (´д`) ノ






千円! (´д`) ノ


二千円! (゚д゚)ノ


三千円! (#゚Д゚)ノ   ←(競らないように)






そもそもお金で買うものではありませんか。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」21 恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」22
途中、縁結びのお社・相生社(あいおいしゃ)でもお参り~。 ( ̄人 ̄)





大きな神社になると摂末社も多いので、本殿に到達するまでに

時間が掛かったりするんですよね~。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」23
さて、ここでやっと禰宜(ねぎ)さんより、神社の由緒についてご説明。 (^^;)





またまた例によって、神社の詳しい事については割愛を。



次の機会、ワタクシが巡った時にレポする事がなくなってしまいますので・・・。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」25 恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」24
こちら「えとの社」で、干支参りもするんですね。



自分の生まれ年の干支が、自分の守り神になる、ということで、

まずは杏佳さんから(ひつじ)のお社前で、お参り~。 ( ̄人 ̄)






それにしても今回は、いつにも増してお参りシーンがくて、いい感じ。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」26
続いて紗月さんがお参りしますが、ここで杏佳さん、何かいたそう。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」27
杏佳さん : 「早いなあ、アンタ。」



なるほど、このタイミングで小技をれに来たワケですね。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」28 恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」29
さて、お二人が次に向かうは、「ゑびす屋加兵衛 神社前店」さん。








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」30 恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」31
名物・「おやき」が頂ける甘味処なんですね。



粒あんを餅で包んで、焼き目をつけた「焼餅」のようですが、下鴨神社の神話
ちなんで「矢来餅」と当てているんだとか。








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」32
まずは杏佳さんからご賞味し、きっちりとグルメレポート、敢行~。



ちなみに小豆は丹波の大納言を使っているんだそうな。








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」33
続いて紗月さんがご賞味。








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」34
ニンマリと、 「おいしゅおす~。」



う~ん、コメントの内容云々はとして、初々しい。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」35
杏佳さんのお話によると、お茶のお稽古の時には、こういった
お菓子を持参しても良いんだそうな。





この番組、さり気なく色んな事が判って、勉強になります。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」39 恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」38
さて最後は、「鯖街道 花折 下鴨店」さんへ。








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」40 恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」41
素材にこだわった鯖寿しのお店なんですね。



ちなみに恋舞妓のお二人とも、大好物なんだそうな。








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」42
それにしても、サバの肉厚がスゴイ。



ワタクシは、スーパーで売っているような、っぺら~いサバの乗った
鯖寿ししか食べたことありませんが。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」43
杏佳さん、またそんなビッグサイズをひと口で行くんですねッ。 (゚д゚;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」44
「モゴモゴ・・・。」 と、まともにコメント出来ず。 (^^;)





やっぱり。  (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」45
紗月さん、となりでウケていますが、油断してはいけません。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」46
杏佳さんからグルメレポ、キラーパス。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」47
紗月さん : 「姉さん、おおきに~。」





紗月さん、おおきになんですね。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」48
そして杏佳さんより、「ちゃんとコメント言いよし。」のお言葉が。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」49
「モゴモゴ・・・。」 と、これまたコメントにならず。 (^^;)





それにしてもこの番組、パート2になってからまだ3回目ながら、もう
完全に杏佳さんカラーになっていて、スゴイ。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」50 恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」51
その後は女将さんと、しばしトークタイム。



その昔、若狭から京都まで鯖を運んだという、鯖街道のエピソード
などは歴史の勉強にもなりますね。








そして、そろそろ番組は終盤へ入り・・・、








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」52
番組の〆は、お二人そろって、

「みなさんもぜひ、下鴨神社界隈へ、おこしやす~。」








恋舞妓の京都慕情・「下鴨神社編」53
さてさて、そんなこんなで、恋舞妓の京都慕情2・「下鴨神社編」。



また長々と書いてしまいましたが、残りの在庫分は、


またぼちぼちと・・・。 (^^;)






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/421-a77ac5cd