毎度、舞妓さんネタが続いて恐縮です。 (^^;)





いや、あまり続いているので、今回のネタはもうお蔵入りにしようかと
思っていたんですが・・・、 (^^;)








美しいキモノ 2011年 夏号3
先日更新しました、→着物専門誌:「美しいキモノ2011年夏号」 2011/05/24に、
紗矢佳さん・紗月さんの、襟替えお店出しの記事が載って
いたので、



触発されて更新することに。 (^^;)








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」23
あの狂乱の御挨拶回りから、早や3ヵ月近く経つんですね。 (^^;)





そこで今回・・・、あの感動興奮を、もう一度・・・。








「お店出し」挨拶回り、リターンズ。








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」1
いや、そんな大層なモノではありません。 (^^;)



また祇園甲部で、舞妓さんがお店出しをされる、という情報を
頂いたので、お伺いした次第なんです。 (^^;)








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」2
そんなワケで、さらっと花見小路へ。



挨拶回りはお昼頃のようですが、前回同様、気持ちがはやって早く到着
しすぎました。 (^^;)








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」3
さすがに、この時間帯の花見小路はが少ない。





ちなみにこの日は5/16(月)。 



たまたま土曜日がお仕事だったので、良くこの日にお休みが取れましたが、

基本的に「襟替え」や「お店出し」って、平日が多いんですよね~。





出来れば、土・日・祝日にやって欲しい。 (^^;) ←(ムチャ言わないように)








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」4
そんな事を言いつつも、本日の舞台となる、屋形の「新井」に到着。 (^^;)



ちなみにこちらの「新井」(あらい)、純粋な屋形(やかた:芸・舞妓さんが生活
する住居)なんですね。








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し4
前回の、→京都・祇園:紗矢佳さん「襟替え」+紗月さん「お店出し」「前編」 2011/03/07
で書きました「つる居」のように、お茶屋さんと屋形を兼ねたところだと

看板なんかが上がっていて判りやすいんですが、








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」5
今回はチョトしてしまいました。 (^^;)



いやホント。ワタクシ、舞妓さんを撮り始めてまだ1年も経っていないので、
この辺りが全然詳しくないんです。 (^^;)





にわか知識が先行中、と言った所でしょうか。 (^^;)








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」6
そう言いつつも、また名前札をパチリ♪



芸妓さん
豆爾(まめじ)さん。

舞妓さん
豆十三(まめとみ)さん。豆房(まめふさ)さん。豆沙久(まめさく)さん。





本日デビューする舞妓さんのお名前は、まだ掲げられていないようです。








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し13
前回は、いつの間にか入れ替わって、こうなっていましたからね~。



誰がどのタイミングでこの札を操作するのか、です。 (^^;)








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」7
さて、スタートまで少し時間があるので、ワタクシは近くのスタバで朝食を。



「腹が減ってはバトルは出来ぬ。」なので。 (^^;)





食べておかないと、始まると3時間近く走り回り続ける事になりますからね~。



もちろん完全ノンストップなので、途中でおトイレに行くことも出来ません。 (^^;)








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」8
朝食後、いいお時間になって来たので、そろそろ現場に戻りましょう。


花見小路沿いのお店も、だんだんと開いてきました。




でもまだ人通りは少なく、の前の静けさのようで、チョト不気味。 (^^;)








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」9
「新井」の前は、キャメラマンも集まり始めています。



おや、関係者らしき人たちが数人訪れていますね。今日のお祝いのご挨拶でしょうか。








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」10
おお、戸が開くと、「豆六」と書かれたおめでたい目録(もくろく)が。



この「豆六」(まめろく)というお名前が、今日お店だしをされる
新しい舞妓さんなんですね。


実を言うとワタクシ、まだお顔も拝見した事、ありません。 (^^;)





ちなみにこの目録、カラフルなタイプはよく見ますが、今回の基調
のタイプは初めて見ました。





う~ん、色々と勉強になります。 (^^;)








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」11
ぬおっ。 このタイミングで、クール宅急便登場!? (゚д゚;)



そんなに驚くことはありませんか。 (^^;)





でも、どんなクールな品が届いたのか、になります。 (^^;)








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」12
続いて、男性が颯爽と自転車に乗って登場。



ゲタと、風呂敷包みを手に、新井の中に入っていきましたよ。





それにしてもこちらの方、どこかで見たことがあるような・・・。








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」24
おお、そういえば、前回挨拶回りを先導されていた、あの男衆(おとこし)さん
ではありませんか! (゚д゚)



私服だったので、全然気づきませんでした。 (^^;)





その男衆さん、入るな否やすぐに真新しい木札とカナヅチを持ってきて・・・、








「トンカン トンカン」
京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」13


クギで打つんですねッ。 (゚д゚;)









京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」14
そして打ち終えて、あっという間に屋形内へ。



この間、わずか数秒の出来事。





う~ん、さすがは男衆さん、仕事が早い。 (^^;) ←(福屋工務店風)








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」15
でもなるほど、この名前札を掲げるのは男衆さんの仕事だったんですね。



これでやっとが解けました。 



色々と勉強になります。 (^^;)





それにしても数秒の間でも、ちゃんと瞬間の写真が撮れて良かった。


ある意味奇跡的。 (^^;)








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」16
それからしばらく経つと、周囲にはもうかなりが。



時間的に、そろそろ舞妓さんがてくるようです。








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」18 
中から関係者らしき人たちが出てきました。



前回と同じく、辺りの緊張が高まってきましたよ~。 (^^;)








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」20
そしてみなさん、カメラをえ始めました。





来る!








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」21
しかし、なかなかてきません。 (^^;)





う~ん、戸が開いた玄関内の状況は、今どうなっているんでしょうか。





けっこうっこの方に居るので、この角度からだと中の状況が
よく判らないんです。 (^^;) ←(朝早くから来てるのに)








それにしても、緊張でが詰まりそう。 (´д`)








そう言っていると、正面に陣取っているカメラマンたちが、いっせいに
シャッターを切り始めました!








京都・祇園 : 豆六さん 「お店出し」22
オオッ、ついに新しい舞妓さん、豆六さんの姿が明らかに! (゚д゚;)





と、さてさて、そんなこんなで、祇園甲部・豆六さんのお店出し。



またまた長くなったので、ここでいったん終えまして、「後編」へ続きます。 (^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/413-0981d41c