つい先日、

毎度、京都タワービル・3Fにある書店、「ふたば書房」さん内をウロウロ。





ふらりと立ち寄ったので、音楽雑誌・「BURRN!」や「ヤングギター」、マネー雑誌や

流行モノを紹介した雑誌などを、ざっとチェック。 (^^;)





美しいキモノ 2011年 夏号1
最近では、当ブログ初期の頃からお越し頂いてお世話になっています、
着物にお詳しい、田中順(シタゴウ)さんの影響で、



着物雑誌なんかもチェックしたり。 (^^;)





いやホント、以前、→「紫織庵」(しおりあん)特別展・「大正・昭和のおもしろ長襦袢展」 
2010/09/08
では、長襦袢(ながじゅばん)の特別展に訪れたりと、



着物にもとても興味があるんです。 (^^) ←(影響を受けやすいヒト)






もちろん影響もありますが、 (^^;)



ワタクシ、社寺や歴史、花街文化やそれらにまつわる着物風俗史など、
日本の伝統的なものが好きなんです。 (^^;)








美しいキモノ 2011年 夏号2
「婦人画報の美しいキモノ」。



なんだかんだ言いつつ、突き出しにこのような雑誌を発見。 (^^;)





夏号の最新号ですか。






手に取って失礼しまして、チョト立ち読み。 (^^;)





パラパラとめくって見ていると・・・、








美しいキモノ 2011年 夏号3
ぬおっ、突然、紗矢佳(さやか)さんと紗月(さつき)さん登場!?



ナンデ!? (゚д゚;)





なんだか見覚えのある、お二人のお召し物。 よく見ると・・・、



京都・祇園:紗矢佳さん「襟替え」+紗月さん「お店出し」「前編」 2011/03/07
「中編」「後編」で、ワタクシもご挨拶回りにくっ付いて廻って、

写真を撮らせて頂いた時のお着物ではありませんか。 (゚д゚)





それもそのはず、

今回はまさに、その「襟替え」と「お店出し」の時の特集なんですね。



しかも、初回スペシャルで、フルカラー12ページ、しかも連載モノ
という豪華ぶり。 スゴイ。 (^^;)





ちなみに紗矢佳さん、紗月さん共に、出版社と長いご縁があるんだそうな。





お二人揃って雨女、というエピソードなんかも面白い。

確かに、「襟替え」・「お店出し」の日は、たいがいでした。 (^^;)





なかでも一番ビックリした記事が、紗月さんの本名、「月」と書いて、
「るな」というそうな。 (゚д゚;)








エエェ!? (゚д゚;) ←(驚きすぎ)








美しいキモノ 2011年 夏号4
いや、初めて知ったもので。 (^^;)



さてさて、そんなこんなで、「美しいキモノ 2011年 夏号」。



今号は、この他にも内容の濃い記事が満載です。





ご興味のある方、続きは書店にてお求めください。 (^^;) ←(立ち読みで済ませたヒト)






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/412-159adbc4