さて本日は、

テレビ番組:恋舞妓の京都慕情・「平安神宮編」 2011/04/18に続きまして、



またまたテレビ番組・「恋舞妓の京都慕情」を、更新~。





恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」1
本シリーズの残り在庫を早く片付けたいんですが、



なかなかはかどりません。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」2
と言いつつも、
今回のご案内場所は「岡崎」(おかざき)界隈。



なるほどこの番組、基本的にロケは2本撮りでした。

引続き、前回の平安神宮周辺からスタート。








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」3
最初は、「京都市動物園」を訪れるんですね。


まずは紗矢佳さんが説明するくだりから。



なんでもこちらの動物園、明治36年に開園で、日本では2番目に
古い動物園なんだそうな。 これはなかなかに歴史があります。








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」4 恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」5
園内では、「アミメキリン」を拝見。


それにしてもこちらのキリン、お名前が「キヨミズ」くんとは、
これいかに。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」7 恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」8
猛獣・「アムールトラ」や、「ライオン」も拝見したあと・・・、








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」9
「ひと」なる展示案内を発見。








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」10
杏佳さん : 「ひとです。」





なるほど、これは動物園の冗談のようです。 (^^;)



人がみずから「ひと」のオリに入って、記念撮影したりするんですね。








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」11
と、ここで杏佳さんがササッと抜けて、 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」12
取り残された紗矢佳さんの、単独展示。 (^^;)





ある意味、スゴイ画。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」13
その後は「アジアゾウ」を拝見しますが、ここでもお二人、何かを発見。








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」15
さわってごらん、ゾウのウン○!」





何なんでしょうか、このフリは。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」16
恐る恐る、紗矢佳さんがフタを開けますと・・・、








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」17
「!」



これは立派。 (^^;)





でも、にも付かず、においもしないそうですが、どうやって作って
いるんでしょうかね。








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」18
と、そこへ、お下品大好き、小学生達登場。 (^^;)



何の迷いもなく、両手でワシづかみ。 (゚д゚;)





これは豪快。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」19
「舞妓さん」と、「ゾウのウン○」と、「小学生」。





なんだか、展開がメチャクチャ。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」20
さて、ここで係りの方から、動物園の沿革などのご説明。





でもさっきから後ろのサルが、やたらと吠えてますね~。 (^^;)








「ホエッ、ホエッ、ホエ~~ッ。」
恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」22
会話の間に、いいタイミングで、鳴き声を入れてきますね。 (^^;)



お二人、大ウケ。 (^^;)







恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」21
「シロテテナガザル」という、特によく鳴く種類のサルだそうですが・・・、








「ホエ~~ッ!!」
恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」23



これまたいいタイミングで、特大の咆哮。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」24
杏佳さん、バカウケ。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」27 恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」28
さてCM明けは休憩のため、「Kyoto 生 Chocolat Organic Tea House」さんへ。








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」29
なるほど、京の町家で生チョコレートが頂けるお店なんですね。








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」31
生チョコレートセットは、「ビター・抹茶・スウィート」の3種に、お茶付き。



これで300円とは、お安い。 (゚д゚)





ちなみに、チョコレートの表面にはココアが付いているので、慌てて食べると

むせるので、ご注意を、








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」30
と店主さんから、軽いジャブが入りつつも、








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」32
きっちりと、グルメレポート敢行~。  (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」33
奥さんはカナダの方で、シンガーソングライターとしてお店で
コンサートなどもされているんだそうな。








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」34
こんなのある京町家で、唄を聴きながら生チョコレートを頂くのも
いいかも知れません。 (^^)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」35
さてここで杏佳さん、これから歌舞伎鑑賞のため、

今日はロケを抜けるんだとか。



う~ん、舞妓さんって忙しいんですね。





まるで芸能人並のスケジュール。 (^^;)








「ドドドドド・・・」
恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」36
そして杏佳さん、走る走る。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」37
「どっちやったかな?」





常にギャグを忘れない杏佳さん。 面白すぎ。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」38 恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」40
あとのロケを任された紗矢佳さん、お次は「あやの小路 岡崎本店」さんへ。



こちらは、がま口の袋物専門店なんだそうな。








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」41 恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」42
お箸入れから、リュックサックまで、ホントにあらゆる品が「がま口」。



これは珍しい。








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」43
「現代の名工」監修のもと、職人さんたちが一つずつ丁寧に作っているんですね。








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」44 恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」45
さて最後は、「京つけもの 大安 本店」さんへ。



京都でも特に有名なお漬物店ですね。








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」46
千枚漬、しば漬、すぐき、ゆず酢長いも、などなど。

国内産の素材にこだわったお漬物がズラリと。





映像を見ていたら、白ご飯と一緒に食べたくなってきた。 (^^;)






ちなみにワタクシは、すぐきが好きだったりします。 (^^;) ←(どうでもいい情報)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」47
お漬物好きの紗矢佳さんも、ご満悦の様子。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」49
その後はお店の方と、しばしトークタイム。



しかし紗矢佳さん、ソロになってもトークが安定していて、さすが。 (^^;)








さて、そろそろ番組は終盤へ入って、紗矢佳さんお一人でまとめのトークへ・・・、








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」50
ぬおっ、杏佳さん、戻ってきた!? (゚д゚;)





杏佳さん : 「ねえさん、今日1回抜けさしてもうて、すんまへんどした。」





なるほど、あらかじめ撮っておいたカットを繋げたんですね。 (^^;)



なんという録画対応。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」51
そしてまた番組の〆は、お二人そろって、

「みなさんもぜひ岡崎へ、おこしやす~。」





それにしても、これは初めて見るパターン。 (^^;)








恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」52
さてさて、そんなこんなで、恋舞妓の京都慕情・「岡崎編」。



今回は見所が多く、まただらだらと書いてしまいました。 (^^;)





残りのパート1の分は、あともう少し。



出来れば今月中に片付けたい・・・。 (^^;)






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/402-ed14805a