本日より4月度に入りました。



以前に少し書きましたが、今月よりそろそろ通常の更新に戻そうかと思っております。




京都・祇園:紗矢佳さん「襟替え」+紗月さん「お店出し」「前編」 2011/03/07
続編が滞ったままになっていました。



震災発生に書いていた記事になり、一応不適切な表現がないかは見ましたので、

まずは以下、ほぼ原文のままアップさせて頂きます。 m(_ _)m










さて、→京都・祇園:紗矢佳さん「襟替え」+紗月さん「お店出し」「前編」 2011/03/07の続きで、
「中編」になります。(^^;)



当初、「前編・後編」の予定でしたが、予想外に長編になりそうなので、
「前編・中編・後編」の三部に分けて更新を。(^^;)





紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し20
さて、襟替えで芸妓さんになった紗矢佳さんの姿が、ついに
明らかになりましたが・・・、








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し21
続いて後ろから、本日同時お店出しの舞妓さんも現れました!



う~ん、うつむき加減でお顔が良く見えませんが・・・、








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し22
オオッ、スゴイ美形!! (゚д゚;)



こちらが「つる居」の新しい舞妓さん、「紗月」(さつき)さんなんですね!








ここでフト思い出したこと。








かにかくに祭71
そういえば去年の→京都・祇園伝統行事2010年・「八朔」(はっさく)「前編」 2010/08/03
「後編」で、恋舞妓のお二人の後ろを付いて歩いていた

あの仕込みさんではありませんか! (゚д゚)





毎度、出来の悪い写真で恐縮ですが。(^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し23
厳しい修行に耐えて、この日、晴れて舞妓さんになられたんですね。



ワタクシお勉強不足で、全然知りませんでした。 (^^;)




それにしても、紗矢佳さん・杏佳さん・紗月さん共に、美形揃い。




「つる居」は仕込みさんを採用する時に、容姿に関してハイレベルな
審査基準でもあるんでしょうか。 (^^;)








いずれにしても、恐るべし、つる居クオリティ。 (^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し24
そんな事をぶつぶつと言っていると、さっそく挨拶回りがスタートのようです。(^^;)





おっと、まずはこちら方向から行かれる訳ですね。








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し25
ぬおお、至近距離過ぎて、ピンボケ。



広角から望遠まで、一本で撮れるレンズが欲しい所です。 (^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し25.5
この狭い通路を、この人数が通るのは、完全にキャパ越えですよ~。 (´д`)





とここで、フト右手を見ると、プロカメラマンの溝縁ひろし先生のお姿が。 (゚д゚;)



以前、→京都・織成舘特別展:「芸舞妓の衣裳展」 2010/11/23や、
京都・祇園:2010年第9回・「祗園小唄祭」「後編」 2010/12/06ではご挨拶をさせて頂きましたが、



本日は取り込み中なので、ご挨拶はまたの機会に。(^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し26
そして紗矢佳さん御一行は、大群衆を引き連れて花見小路へ。



こんな状態で花見小路になだれ込んで、大丈夫なんでしょうか。 (^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し27
一般観光客と通行人を巻き込んで、ちょっとしたパニック状態に。 やっぱり。(^^;)



それにしても、たった二人だけの挨拶回りなのに、ただ事ではない騒ぎ。 スゴイ。








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し28
御一行はどちらへ向かっているんでしょうか。



今回、襟替え・お店出し撮影初参戦のワタクシには、まったく勝手が判りません。 (^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し29
おお、なるほど。

何はともあれ、まずは万亭こと、「一力亭」(いちりきてい)からのご挨拶なんですね。





出遅れたので、えらく人垣の後ろの方になってしまいました。 (^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し30
そして出て来たところを、



みなさん集中激写。 (^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し32
そしてその後は、花見小路を脇に抜けて、日ごろお世話になっているお茶屋さん
などを廻って行く訳なんですね。








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し33
おや、よく見ると玄関内には、おめでたい目録(もくろく)が見えます。



ちなみにこちら、「西村屋」さんの紗貴子(さきこ)さんも、先日襟替えされたんだそうな。








それにしてもこの目録、祇園甲部ではあまり、表立って見かけないような気がします。








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し33.5
宮川町あたりだと、こうやってに貼り出しているところを見かけるんですが・・・。



祇園甲部は色んな人が多いので、はがして持って行かれるからでしょうか。(^^;)





いずれにしてもこの目録、実際にはあまりお目に掛かる事の出来ない、珍しいもの
なんだそうな。








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し34
それにしても本日は、あいにくの雨模様。



なにもこんな日に降らなくても。 (´д`)





を差しながら、片手で撮っているので、今日の写真の出来は、
いつもより輪を掛けてヒドイ有様です。(^^;)





カメラには、一応ビニール袋をかぶせているんですが、あまりに立っていないし。



雨に打たれまくりで、カメラ壊れるかも。(^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し35
御挨拶中に、置かれた和傘をパチリ♪


こうやって玄関先に、広げたまま置いていかれるんですね。




逆に考えれば、こんなのあるシーンを撮れたり、雨の日の襟替え・お店出し
というのも、返ってレアなのかもしれません。(^^)







あくまで、プラス思考という事で。(^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し36
そして、出てこられたところをパチリ♪ (^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し37
おや、よく見ると紗矢佳さん、あとから出てきた紗月さんのをギュッと握って、
耳元で何かささやいているようです。





お店出しは舞妓さんにとって、緊張不安でいっぱいの日だそうなので、
励ましてあげているんでしょうか。








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し38
でも今日は、紗矢佳さん自身にとっても芸妓さんになる襟替えの日。



ご自分の事だけでも大変でしょうに、妹分の紗月さんをしっかりと
気遣ってあげるとは。





これから「つる居」を率いていく紗矢佳さんの、自覚責任感が、
ひしひしと伝わってきます。( ̄人 ̄;)





ワタクシなんか、いつも一つの事でアップアップですが。 (^^;)  ←(処理能力低い)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し39
でも紗月さんも、弱冠16歳とは思えないくらいしっかりとしています。



道で出くわす花街関係者にも、一人ずつ丁寧にお辞儀をして、今日のご挨拶をして行きます。







さて、その紗月さんを改めて拝見しますが・・・、








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し40
しかし、なんという美人。 (^^;)



デビュー初日にして、すでに完成形のような。(^^;)








二条城お城まつり13
京都・2010年「二条城・お城まつり」・オープニングイベント「前編」 2010/10/07での
「豆はな」さん(現在・芸妓さん)や、








かにかくに祭46
京都・祇園:2010年「かにかくに祭」「後編」 2010/11/17での「豆ゆり」さんも、



祇園甲部では美人系の舞妓さんだと思いましたが、





紗月さん、今日時点でもうお二人とを並べている感が。(^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し41
そんな具合にワタクシの主観でぶつぶつと言いつつも、紗矢佳さん御一行は、

八坂女紅場学園(やさかにょこうばがくえん)内に。(^^;)





でも一般の人は立ち入り禁止なので、敷地外で待つことに。





さすがにここは、ご挨拶に時間が掛かるようです。



中に入ったきり、なかなか出て来られません。








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し42
待ちきれず、通りかかった舞妓さんをパチリ♪



小扇(こせん)さんだったと思います。 たぶん。 (^^;)








おお、そうしている内に、やっと出て来られましたよ。








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し43
そして、3名様揃ったところで、パチリ♪



なかなか和やかな雰囲気で、いい感じです。(^^)








でも、キャメラマンは殺伐としていますが。 (^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し44
そして紗矢佳さん、








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し45
紗月さんと、



もう撮りまくり。 (^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し46
ついでに、男衆(おとこし)さんも。 (^^;)





ちなみにこちらの男性、「男衆」という苗字のヒトではありません。 (^^;)



主に、芸・舞妓さんの着付けを行ったり、今回のような襟替えやお店出しの
儀式の時には、一緒に挨拶回りをする職人さんの事なんです。





非常にハードなお仕事な上、慢性的な人手不足・後継者不足が課題なんだそうな。








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し47
でもなるほど、こんな風に男衆さん先導の元、挨拶回りって進んでいくんですね。








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し48
ちょっと先回りして、正面から紗月さんをパチリ♪



おっと、紗矢佳さん、わざわざよけて頂いて、もうしわけありません。 (^^;)





進路妨害しているワタクシめにまで、お気遣い頂けるとは、



恐縮すぎます。 (^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し49
そんな一幕もありつつ、お茶屋・枡梅(ますうめ)さんを廻り・・・、 (^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し50
髪結いの、キヌ美粧院さんへとご挨拶して廻られます。





そして再び・・・、








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し51
デンジャーなストリートへ。



花見小路沿いへの挨拶回りは、やめましょうよ~。(´д`) ノ   ←(そんな訳にはいきません)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し52
そしてまた、一般観光客と通行人を巻き込んだ上、


さらに車の大渋滞をも発生させるという混乱ぶり。





クラクションの嵐で、コワイコワイ。 (^^;)








紗矢佳さん襟替え&紗月さんお店出し52.5
と、さてさて、そんなこんなで、紗矢佳さんの襟替えと紗月さんの
同時お店出し、「中編」。


またまたちょっとここまで長くなったので、いったん終えまして、「後編」へ続きます。(^^;)





かなり引っ張っていますが、次で完結できると思います。 たぶん。 (^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/396-419bc4e4