さて本日は、

テレビ番組:恋舞妓の京都慕情・「東福寺編」 2010/12/09に続きまして、



またまたテレビ番組・「恋舞妓の京都慕情」を、更新~。



在庫がたまり気味なので、と言い訳をしつつ・・・、





舞妓さんネタが続いて、恐縮です。(^^;)





恋舞妓・「京都駅西編」1
さて、レポーターはもちろん、「紗矢佳(さやか)」さんと、 「杏佳(きょうか)」さん。


祇園甲部の舞妓さんです。(^^)








恋舞妓・「京都駅西編」2
「 ♪ 恋占~いの石の前 ♪ 」



お二人の持ち歌・「京都遠恋物語」(きょうとえんれんものがたり)。


前回からこの曲に合わせて、振り付けつきで歌っているオープニングに変わったんですね。




それにしても、こういう振り付けだったとは、初めて知りました。(^^;)







恋舞妓・「京都駅西編」3
さて今回のご案内場所は、「京都駅西」界隈。








恋舞妓・「京都駅西編」4 恋舞妓・「京都駅西編」5
まずお二人は、JR・京都駅構内の八条口側にある、「ASTY ROAD」へ。


アスティロードは、おみやげ物店や飲食店が立ち並ぶ、とても賑やかな通り。




新幹線の乗換口もあって、観光客などの人通りが大変多い場所ですが、


また、舞妓さん姿で行って、大丈夫なのかな。(^^;)








恋舞妓・「京都駅西編」6 恋舞妓・「京都駅西編」7
そう言いつつもお二人は、雑貨店・「MONO」 京都駅アスティロード店さんへ。








恋舞妓・「京都駅西編」8 恋舞妓・「京都駅西編」10
商品的には、主に「和」・「京都」を前面に打ち出したグッズが売りなんですね。


「モノコムサ」とのコラボで生まれたキャラ、「京おんな」がイメージキャラなんだとか。








恋舞妓・「京都駅西編」42
なんとこちらの「京おんな」、キャラのイメージに合わせて、CDデビュー
しているそうな。 スゴイ。(^^;)



曲的には、演歌ベースながら、今風にアレンジしてキャッチーで聴き易い。








恋舞妓・「京都駅西編」30
恋舞妓の、「京都遠恋物語」をぶつけてみたりして。(^^;)

こちらは「グループ・サウンズ」って言うんでしょうか、いわゆるテケテケサウンド調。




同じをイメージした曲でも、それぞれに個性があって面白い。(^^)






ふと見ると、いつの間にかお二人は、ギャラリーに囲まれての・・・、








恋舞妓・「京都駅西編」9
舞妓さん撮影会。(^^;)



やっぱり。(^^;)








恋舞妓・「京都駅西編」11
さてお次は、場所ががらりと変わって、「梅小路・蒸気機関車館」へ。



う~ん、これまた展開が唐突。(^^;)




しかしなるほど、こちらの施設、元は「二条駅」の駅舎だったんですね。



その当時は日本で一番古い木造の駅で、それをこちらに移して資料館にしたそうな。



いわゆる、SLの資料館。








恋舞妓・「京都駅西編」12
テンション上げ気味で押していますが、


たぶんお二人、SLには興味ないんじゃ・・・。(^^;)  ←(コラ)





でも、多くの交通文化財や、SLの資料が保存・展示されている、貴重な資料館なんですね。








恋舞妓・「京都駅西編」13
「C11実物展示カットモデル」もその一つ・・・。








恋舞妓・「京都駅西編」14
に、お二人、ご乗車~。(^^;)








恋舞妓・「京都駅西編」15
紗矢佳さん・杏佳さん : 「どこから来たの?」

男の子 : 「滋賀県。」





恋舞妓と、お子様との絡み。



なかなかに珍しい画。(^^;)








恋舞妓・「京都駅西編」16
続いてお二人は、「投炭練習機」(とうたんれんしゅうき)へ。


なるほど、石炭を、火室に投げ入れる体験が出来るんですね。








恋舞妓・「京都駅西編」17
ちなみにこのD51系の場合、1km走るのに、石炭・約40kgが必要なんだそうな。


う~ん、燃費悪すぎ。(^^;)








恋舞妓・「京都駅西編」18
紗矢佳さん : 「お、重たい。」


石炭の乗ったスコップを持ち上げて、がんばる紗矢佳さん。




これまた、珍しい画。(^^;)









さて、番組も中盤へ入り、一旦CMへ。






恋舞妓・「京都駅西編」22 恋舞妓・「京都駅西編」21
番組のスポンサーである、ニキビケア・「プロアクティブ」の宣伝。



「プロアクティブ」より、紗矢佳さんの「舞い」がもっと観たい。(^^;)








恋舞妓・「京都駅西編」20 恋舞妓・「京都駅西編」19
さてCM明けは、引続きSL資料館のレポ。


こちらでは実際に、蒸気機関車が牽引する客車に乗ることが出来るんですか。








恋舞妓・「京都駅西編」23
こうして見ると、なんだかSLのイベントに駆り出された舞妓さん、みたいな画。(^^;)








恋舞妓・「京都駅西編」24
「ボ~~ッ。」








恋舞妓・「京都駅西編」25
突然の、特大の汽笛にビビるお二人。(^^;)








恋舞妓・「京都駅西編」26 恋舞妓・「京都駅西編」27
さて、SLをたっぷりと堪能したあとは、和菓子専門店の「笹屋伊織 本店」さんへ。(^^;)








恋舞妓・「京都駅西編」28
そこで、「どら焼き」をご紹介。


おや、なんだかワタクシのイメージするドラ焼きとは、がずいぶん違うような。








恋舞妓・「京都駅西編」29
なんでも、お寺の銅鑼(どら)を鉄板代わりにして、その上で焼いたところから
「どら焼き」と言うようになったそうな。



なるほど、「ドラえもん」のドラかと思っていました。(^^;)  ←(愚)





ちなみに江戸時代末期には、東寺のお坊さんの副食であったとか。








恋舞妓・「京都駅西編」31
食感は、とてもモチモチしているようですね。


紗矢佳さんがその秘密を、お店の方に尋ねたところ・・・、








恋舞妓・「京都駅西編」32
一子相伝の為、秘密なのだそうな。




う~ん、一子相伝とは、なんだか北斗神拳な趣。(^^;)








恋舞妓・「京都駅西編」34 恋舞妓・「京都駅西編」33
さて最後は、京のとんかつ屋・「とんかつ一番」さんへ。








恋舞妓・「京都駅西編」35
しかしとんかつとは、

これまた最後にヘヴィ系を持ってくるわけですね。(^^;)








恋舞妓・「京都駅西編」36
「ヒレ肉とんかつ・ライス付」。




これまた、ガッツリ系を、舞妓さんにぶつけてきますね~。(^^;)








恋舞妓・「京都駅西編」37
それでもきっちりとグルメレポート、敢行~。(^^;)



お肉はとても柔らかくておいしいとの事。








恋舞妓・「京都駅西編」38
デミグラスソースも自家製らしく、ホントにジューシーそうで、おいしそう。


何だか急にとんかつ、食べたくなってきた。(^^;)








恋舞妓・「京都駅西編」39
お店の方とも、しばしトーク。


有名人では、反町隆史氏や、照英氏も来店されたそうな。 スゴイ。
  





さて、そろそろ番組は終盤へ。








恋舞妓・「京都駅西編」40
そしてまた番組の〆は、お二人そろって、

「みなさんもぜひ京都駅西へ、おこしやす~。」




う~ん、お二人、ほとんど食べずに残してますね。(^^;)  ←(番組上、仕方ありません)








恋舞妓・「京都駅西編」41
さてさて、そんなこんなで、恋舞妓の京都慕情・「京都駅西編」。



まただらだらとひとり言を書きましたが、

この番組、毎回いろいろな意味で楽しめて、飽きません。(^^;)





ちなみにこのシリーズの記事、けっこうがんばって更新しているんですが、



まだ在庫がはけなかったりします。(^^;)  ←(ため込みすぎ)






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/353-538f91db