京都・中京区イベント2010年・「高瀬川舟まつり」 2010/9/29の続きになります。


更新が遅いので、もう先週且つ、先月のお話になりますが。(^^;)





高瀬川舟まつり_1
さて、舞妓さん撮影会のあと、そのまま帰ろうと思ったのですが、

この「高瀬川舟まつり」イベント、


プログラムを見ると、けっこう色々な催しが行なわれているんですね。





せっかくお天気の悪い中来たので、もう少し拝見しようかなと。(^^;)






そんな中メイン会場では、武士塾(さむらいじゅく)による、チャンバラ教室が
行なわれています。








高瀬川舟まつり29
なんと、スイスからお越しという外国人の方が、殺陣(たて)の体験に飛び入り参加。




う~ん、 なんだか、乱痴気騒ぎになっています。(^^;)








島津創業記念資料館1
それを尻目にワタクシは、すぐ近くの島津創業記念資料館へ。(^^;)








島津創業記念資料館2
近くといっても、本当に会場より、すぐ右どなりにあります。








島津創業記念資料館3
イベントのテーマである、一之船入(いちのふないり)とも関わりが深いということで、

本日は島津さんのご厚意により、一日無料公開との事。(゚д゚)








島津創業記念資料館4
そのご好意に甘えまして、お邪魔いたします~。( ̄人 ̄)








島津創業記念資料館5
入ってすぐは、島津製作所・創業の歴史について、様々な展示がなされています。








島津創業記念資料館6
こちらが、京都・木屋町で、理化学器械の製造から始めたという、初代島津源蔵氏。


仏具職人の二男に生まれ、大変な発明家だったそうな。




明治30年(1897)に、会社は日本初の蓄電池の製造を開始したんですね。



ちなみに現在も続くブランド、GSバッテリーは、Genzo=Shimazuから
命名されていたとはワタクシ、知りませんでした。








島津創業記念資料館7
展示物に関しては、こうして係りの方が実に詳しくご説明してくださいます。



それもそのはず。

みなさん経験豊かな、島津製作所のOBの方たちなんです。(^^;)








島津創業記念資料館8
それにしても、館内はけっこうな賑わい。



いつもながら、さすがに無料パワーはスゴイ。(^^;)








島津創業記念資料館9
こうして関わりが深い、一之船入(いちのふないり)の資料も、ちゃんと掲示されています。








島津創業記念資料館10
おや、2階にも資料室があるんですね。


当然、お伺いします。(^^)





ちなみに、館内は全て写真撮影OKとの確認をとって、撮影しております。(^^;)








島津創業記念資料館11 島津創業記念資料館12
2階には、多数の理化学機器が展示されています。


中でも、顕微鏡といった品々は、大変貴重なものであるとか。





ここでも係りの方が、とても詳しく説明してくださいます。








島津創業記念資料館13
こちらの自動車の模型もまた、興味深い。

二代目・源蔵氏が自社製のバッテリーを積んで走っていたという電気自動車の模型。



氏は当時から、日本のように石油資源のない国は、電気自動車でなければならない、
と語っていたそうな。





トヨタのプリウスや、ホンダのインサイトなど、今や世間を賑わす、
電気自動車のはしりでもあったんですね。





といっても、ハイブリッドではなく、当時から完全電気自動車だった、
というところがスゴイ。(゚д゚)





氏は当時この車で、京都市内を走り回ったり、通勤にも使っていたそうな。(^^;)








島津創業記念資料館14
さて、こちらの、「マルチウス・マツドルフ氏絵」もまた興味深い。

右目と左目で見た図を並べたもので、立体に見える原理を示す装置だそうな。





う~ん、これはいわゆる現代でいう、3D立体視。





構造も今流行の、3Dテレビと変わらない、というところがスゴイ。








島津創業記念資料館15
一応、のぞき込むように撮って見ましたが、さすがに立体には見えませんでした。(^^;)








島津創業記念資料館16
順路に従って進むと、こちらにも展示物があるんですね。


しかし、島津創業記念資料館、なかなかに見所が多い。(^^;)









島津創業記念資料館17
明治28年(1895)には、動・植物標本や、人体模型を扱う「標本部」が設立されたんですね。



しかしこちらの人体模型、脳ミソが丸見えで、なんだかキカイダーみたいで、
チョト怖い。(^^;) ←(例えが古い)








島津創業記念資料館18
順路に従って一階に進むと、


おお、こちらには主に、医療用エックス線装置に関する展示がなされています。








島津創業記念資料館19 島津創業記念資料館20
こちらでは係りの方が、これまた丁寧にご説明頂けます。


なんでも島津在籍中は、エックス線装置の開発に関わったOBの方だそうな。





大変熱いご説明で、30分超、拘束状態。(^^;) ←(コラ、せっかくのご好意を)








島津創業記念資料館21
外へ出て、お庭も拝見できます。




しかし、OBの方達のお話を聞いていて感じたんですが、職人気質がスゴイ。


卒業された今も尚、モノ作りに対する情熱を、ひしひしと感じました。





なんだか、うらやましい。(^^;)








島津創業記念資料館22
さて、また長居したので、そろそろおいとまを。(^^;)








島津創業記念資料館23
さてさて、そんなこんなで、京都・中京区イベント2010年・「高瀬川舟まつり」は、
島津創業記念資料館・無料公開。




この日、入館料・無料という事で、ふらりと立ち寄りましたが、

想像以上の展示品とご説明に大満足です。(^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/316-4c7d06ce