8/8(日)。 京都・上京区は、京都御苑(きょうとぎょえん)へ行って参りました。






京都御苑1
地下鉄・丸太町駅をスタートし、徒歩で「堺町御門」(さかいまちごもん)へ到着♪



そして静かに、潜入~。








京都御苑2
広大な敷地なので、すでに方向感覚が判らなくなりつつあります。(^^;)




さて京都御苑とは、「京都御所」を除く63haを整備した国民公園のこと。





ちなみにその「御所」とは、南北朝時代から明治に至るまでの500有余年に渡り、
天皇が居住した「禁裏」(みだりにその中に入るのを禁ずる意)で、この御苑内にある
建造物のことなんですね。




春と秋に、御所の一般公開があるので、御所のレポはまた機会があれば。(^^;)








京都御苑3
さて、本日のワタクシのお目当ては、御苑内にある「トンボ池」の一般公開。



近くまで来ると、立て看板が設けられてあるので、それに従って進んでいきます。(^^)








京都御苑・トンボ池1
しかし、案内図が判りにくく、やや迷いながらトンボ池入り口まで到着。



ぐるりと大回りして、やっと到着。(^^;)








京都御苑・トンボ池2
トンボ池の見学は無料ですが、受付でお名前等を記帳する必要があります。




「して、そのトンボ池とは、何ぞや? (゚д゚) 」




約16m四方の小さな人工の池で、普段は自然環境保全のため閉鎖されて
いるんですが、ハスの花が池全体を覆い尽くす時期に合わせて、年に二回
一般公開されるんです。(^^)





この池に生息する、鳥類・蝶類・トンボ・カエルなど、様々な生き物を観察することが
できる絶好の機会なんですね。





もはや社寺とはあまり関係ありませんが、ワタクシ、特別公開とか
大好きなんで。(^^;)








京都御苑・トンボ池4
中では係りの方による説明が行なわれています。


ワタクシもササッと合流して拝聴。








京都御苑・トンボ池5
池周辺の全景はこんな感じ。


あっという間に一周できるほど、実に狭い。(^^;)








京都御苑・トンボ池6
しかしこの中には、多種多様の木々が生い茂り、また数々の生物が暮らしていたりと、
まさに手付かずの自然といった趣。



そんな中係りの方は、生き物の説明に加え、自然を守っていく事の大切さ・難しさも
説いていかれます。



う~ん、無料の催しながら、なかなかに内容が濃い。







係りの方 :「そこにが飛んでますんで、気をつけてくださいね。 (^^) 」



ハチ!? コワイッ! ((((;゚Д゚)))) ガコガコ。  ←(実は虫がニガテな人)




いや、苦手と言っても、蜂とか蜘蛛とか特定の虫に限られますけどね。



あと、特定枠の最高峰で言えば、「ゴ○ブリ」とか「ナ○クジ」なんかは、見ただけで
絶叫してしまいます。(^^;)








京都御苑・トンボ池7
さてそんな事を言いつつも、その後はこちらトンボ池へ。


おお~、蓮の葉が池を覆い尽くしていますよ。



けっこうな高さまで成長するんですね。 チョトびっくり。








京都御苑・トンボ池8
少し目線を落として拝見。

蓮がこんなに群生しているのはワタクシ、始めて見ました。 スバラシイ。



ちょうどお盆の時期とも相まって、なんだか極楽浄土な趣です。( ̄人 ̄)





しかしながら、メインのが見当たらないな~と思っていたら、開花が遅れて
ほとんど咲いていないとの事。 これは残念。








京都御苑・トンボ池9
そんな中、ツボミを発見。 淡く色付いて、これまたキレイ。



ちなみに蓮の花はこのトンボ池のように、泥池の中から清らかな花を咲かせます。


そういうところから仏教では、泥池を煩悩、花を菩提(智慧)として象徴されるんですね。





池の中に咲く、わずか一輪の蓮の花。

拝見して、なんだかが洗われたような気がします~。( ̄人 ̄)








京都御苑・トンボ池10
おや、周りではみなさん、「トンボ」や「蝶」などの生き物を次々と見つけて
写真を撮っておられますね。




ワタクシも何か虫を見つけたので、すかさずパチリ♪ (^^)


しかしよく見ると・・・、








京都御苑・トンボ池11
は、蝿!? (゚д゚;)




なんでワタクシだけハエなんですかッ。 (*`ε´*)ノ彡





近くの親切な方 : 「そこにカエルがいますよ。(^^;) 」








京都御苑・トンボ池12
親切なおじさんに教えて頂いて、パチリ♪  ありがとうございます。(^^;)


ハエさんも生き物ですから、不平を言ってはいけませんか。(^^;)




しかしこちらのカエル、オタマジャクシからカエルに変態したての個体だそうな。

今の時期しか見られないものらしく、が少し残っています。



う~ん、こんな状態のカエル、初めて見ました。 スゴイ。








京都御苑・トンボ池13
おっ、こちらに赤トンボを発見。 「トンボ池」と言うだけあって、色々なトンボが多く飛んでいます。

受付で頂いたパンフレットを見るとリスアカネでしょうか。



腹部は「赤色」でも「朱色」でもなく、まさに夕焼けの「茜色」(あかねいろ)。




自分で見つけていい写真が撮れて、ご満悦。(^^)








京都御苑・トンボ池14
さて、そろそろ終了のお時間との事で、受付けの資料類も拝見。



トンボ池にはこんな大きなスズメバチも来るんですね。

今日は出くわさなくて良かった。



こんなのに刺されたら、本当に死んでしまいます。(^^;)








京都御苑・トンボ池15
受付けは、もう片付けが始まっています。



しかし、この一般公開、


公開期間が8月6日(金)~11日(水)までのわずか6日間で、
しかも時間が午前9時から11時30分の2時間半と、超短いんです。




もう少し朝早く来ればよかった。(^^;)








京都御苑・トンボ池16
最後は、トンボ池の外側から一枚パチリ♪



こんな茂った森の中にあるんですね。

知らない人は知らない、まさに御苑内の秘境。(^^;)





さてさて、そんなこんなで、京都御苑内・夏の「トンボ池」一般公開。


貴重な水辺の生き物や、季節の蓮を拝見できて、大満足のひと時でした。(^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/286-55aafb0d