2010.07.18 祇園祭のこと
社寺巡り 京都・東山区 「寶徳寺」(ほうとくじ) 2010/7/16の続きで、次は
八坂神社(やさかじんじゃ)へ向かっています。





八坂神社1
下河原通(しもがわらどおり)を抜けて、南楼門のある石鳥居から潜入し、

社内で、ひととおりお参りさせて頂きます。( ̄人 ̄)








八坂神社2
そして、四条通(しじょうどおり)に面した、西楼門からおいとまを。




ちなみに本日、八坂神社へお伺いしたのは・・・、


のぼりが掲げられているように、この辺りは祇園祭(ぎおんまつり)の真っ只中。





今どんな感じかな~と、その様子を見に来た訳です。(^^;)






もちろんお参りはちゃんとしました。(^^;)








祇園祭1
さてお参り後、四条通を西へ進んでいくと、

祇園祭に関するグッズや告知ポスターなどが目に入ってきます。




しかし、「祇園祭」って、なんかいい響きで、趣がありますね~。(^^)








祇園祭2
それにしても、そもそも祇園祭とは、何のお祭りデスカ? (゚д゚)




かつては、祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)と呼ばれ、貞観十一年(869)京の都に
疫病が流行したとき、平安京の庭園である神泉苑に66本の(ほこ)を立てて、
神輿(みこし)を送って疫病退散を祈ったのが始まりなんです。






7/1の神事始めの吉符入(きっぷいり)から、7/31の疫神社夏越祭(えきじんじゃ
なごしさい)まで1ヶ月に及ぶ、長~いお祭りなんですね。(^^)








祇園祭3
そう言いつつも、河原町通りまで来てウロウロしていると、



警察の交通整理が出て、なにやら賑やか。








祇園祭4
おお。

対岸の歩道に渡ってみると、巡業の行列でしたか。








祇園祭5
馬に乗った、お稚児さんの姿も。


しかも、ナマ馬ッ。  w(*゚∇゚*)w   ←(チョト興奮気味のヒト。)




本物の馬を、パッカパッカと間近で見る機会があまりなかったもので。(^^;)








祇園祭6
どうやら、お迎え提灯(おむかえちょうちん)とよばれる巡業のようです。



祇園祭の期間中、この辺りでは、必ずどこかでこのような神事が行なわれているんですね。








祇園祭7
今、京都のこの一帯は、祇園祭一色。



でも実はワタクシ、祇園祭の中でも、宵山(よいやま)とか山鉾巡業(やまほこじゅんぎょう)
とかの、大きな行事は実際に見た事がないんですよね~。(^^;)




今年は都合が合えば、行ってみようかな・・・。(^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/275-6cff4b1d