6/12(土)。 大阪は梅田のお地蔵さんをめぐって参りました。



と言うのも・・・、





ビーバップ!ハイヒール
先日、朝日放送・「ビーバップ!ハイヒール」なる番組の、
「解説!『関西地蔵Walker・地蔵は見た!町の歴史ベスト7』」
という企画で、


関西のお地蔵さんが紹介されているのを見まして、



そこで今回7位で紹介された、梅田の「北向地蔵」(きたむきじぞう)に
お伺いしようかと。(^^;)








阪急・梅田駅
というわけで、阪急・梅田駅をスタート。


ちなみにお伺いした理由は、紹介された中で梅田が比較的
馴染みがあるから、だったりします。(^^;)








地蔵横丁1
紀伊国屋(きのくにや)書店の近くにあるはずですが・・・、




「地蔵横丁」の案内標識がありますね。

これはわかりやすい。








地蔵横丁2
おお、提灯の並ぶ、趣のあるお堂が見えてきました。


こんなに梅田駅の近くにあるのに、知らなかった。(^^;)








北向地蔵1
阪急三番街の一部で、「地蔵横丁」は飲食店が立ち並ぶ、小さな通りなんですね。

正面にお堂を臨むと、とりわけこちらが参道と言ったところでしょうか。



それでは気持ちを整えまして、いざ~。








北向地蔵2
これはなかなかに立派な造りのお堂です。



一体なぜこの場所にお地蔵さんが在るのだろうか。それには梅田の町の
歴史が大きく関係している。今でこそ巨大なビルが立ち並ぶこの一帯。
電車が走る前までは、数多くの墓地が集まる場所だった。
(「ビーバップ!ハイヒール」のナレーションより抜粋。)








北向地蔵3
けっこうひっきりなしに参拝者が来ます。 これもテレビの影響でしょうか。(^^;)



その始まりはおよそ400年前。徳川幕府は豊臣家の残党の反乱を恐れ、
大阪の町の区画整理を行なった。その時、大阪市内に散らばって
いた多くの墓地が、埋め立地で広い場所が確保できる梅田近辺に移されたのだ。



ちなみに「梅田」という地名、「埋めた」という所から来ている。



なるほど、そんな説もあったんですね。 知らなかった。(^^;)







北向地蔵4
本堂から参道側を、パチリ♪ なかなか趣があります。(^^)



その後時代が進むに連れ、梅田には鉄道が敷かれ、大きく発展する。
しかしその影で、多くの墓が潰されたり、移転させられたりした。そんなある日、
この辺りで男が畑仕事をしていると、土の中から一体のお地蔵さん
出てきた。









北向地蔵5
失礼しまして本堂の後ろ側に回ると、やはりここは梅田。

タクシーや人通りが多くて、やや落ち着かないロケーションです。(^^;)



さっそく地主に相談すると、「これはかつてこの辺にあったお墓を
見守っていたお地蔵さんに違いない。丁重に祀って差し上げなければ。」
この地でお墓の霊から町を守っていたお地蔵さんが、墓が移動させられた後も、
長い間土の中で眠っていたのだった。








北向地蔵6
「雲」。

本堂の天井に記されていますが、何でしょうか。 謎です。(^^;)



地主はすぐにこのお堂を造り、お墓が移動していった北の方角
向けて祀ったのだという。開発が進み、今では関西有数の繁華街となった梅田。
私達がショッピングを楽しむこの街はお地蔵さんによって守られているのだ。




なるほど、それで「北向地蔵」とよばれるんですね。








北向地蔵7
人が少なくなった頃合いを見計らって、ワタクシもお参りを。



御本尊

・地蔵尊(じぞうそん)



暗くてお顔はよく見えませんが、石を丸彫りされた、丈・七十三cmの立派なお姿。








北向地蔵8
「おん。かかかびさん。まゑい。そわか。」

地蔵尊御真言と掲げられています。



ではワタクシも、心の中でやや噛みながら唱えて、お参り~。( ̄人 ̄)




この真言は、サンスクリット語をそのまま音写したものなんですね。


意味はよくわかりませんでした。(^^;) ←(ちゃんと調べましょう)








北向地蔵9 北向地蔵10
お参り後、ふと見上げると、額に「般若心経」が納められているのを発見。

けっこう高い位置にあるので、見逃すところでした。(^^;)



ここ北向地蔵には、8月・10月を除く、毎月24日に月並祭として、
近くの太融寺(たいゆうじ)から住職がお参りに来るそうな。




なるほど、地域の方からとても大切にされているのが伺えます。








北向地蔵11
さてさて、そんなこんなで、大阪・梅田は「北向地蔵」(きたむきじぞう)。


梅田の歴史も知ることができて、大変良いお参りをさせて頂きました。




梅田駅に下り立った際には、またぜひお参りに来ようと思います。(^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/259-ba371499