社寺巡り 京都・下京区 「若宮八幡宮」(わかみやはちまんぐう) 2010/5/18
続きで、「左女牛井之跡」(さめがいのあと)へ向かっています。



社寺ではありませんが、若宮八幡宮と繋がりがあり、歴史探訪も兼ねて、
という事で。(^^;)





左女牛井之跡1
神社をあとに、花屋町通(はなやちょうどおり)を一路西へ。








左女牛井之跡2
大きな堀川通(ほりかわどおり)に出て、

地図ではこの辺りのはずですが・・・、








左女牛井之跡3
おお。 こちら、通りの左手にありました。



と言っても、あまりにひっそりとしたたたずまいだったので、
気付かずに一度通り過ぎてしまいましたが。(^^;)








左女牛井之跡4
石碑と案内板の間に、蜘蛛の巣も掛かっていたりします。(^^;)




左女牛井(醒ヶ井,さめがい)は京の名水の一つ。源頼義(988~1075)がこの地に
築いた源氏六条堀川邸内の井戸であったと伝える。
(以下、京都市公式サイトより抜粋。)








左女牛井之跡5
石碑の麓には雑草も茂っていています。 なんだかチョト悲しい。(^^;)



村田珠光(1423~1502)が将軍足利義政(1436~90)に献茶した際にこの水を汲み,
千利休(1522~91)らも愛用したという。第二次大戦中,堀川通の拡幅により
消滅した。この石標はその井戸跡を示すものである。








左女牛井之跡6
平安時代、この辺りは、歴代の源氏が「六条堀川館」を構えた地だったんですね。


この地に創建された「若宮八幡宮」(わかみやはちまんぐう)が、源氏の氏神として
格別の崇敬を得てきた歴史が伺えます。( ̄人 ̄)








左女牛井之跡7
最後に、全景をパチリ♪


さてさて、そんなこんなで、京都・下京区は、「左女牛井之跡」
(さめがいのあと)。


「若宮八幡宮」と共に、深い歴史を感じ取ることができました。(^^)





さて、このまま次へ巡って参りますよ~。(^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/243-92f0d3eb