社寺巡り 滋賀・竹生島 「宝厳寺」(ほうごんじ)・お参り編 2010/5/5の続きで、
島内の「竹生島神社」(ちくぶしまじんじゃ)へ向かっています。





竹生島神社1
と言ってもすぐ近く。

観音堂から神社本殿へつながる、30mほどの舟廊下を通って行けます。




ちなみに、こちら「竹生島神社」、

「都久夫須麻神社」(つくぶすまじんじゃ)とも表記するようです。








竹生島神社2
おお、「国宝」と掲げられています。


桃山時代、豊臣秀吉の御座船(ござぶね)・「日本丸」の船櫓
(ふなやぐら)を利用して建造された、懸造り(かけづくり)の廊下だそうな。








竹生島神社3
そして本殿正面へ。


江戸時代までは神仏習合で、おとなりの宝厳寺と一体化していたんですね。










竹生島神社4
まずは末社の「江ノ島の大神」と、「厳島の大神」にお参りを。( ̄人 ̄)








竹生島神社5
そして、摂社の「白巳社」にもお参りさせて頂きます。



御祭神は宇賀神(うがじん)。


御徳は金運・財運とのことで、念入りに~。( ̄人 ̄)








竹生島神社6
それでは失礼しまして本殿前へ。


御祭神

・市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)・(弁才天)
・宇賀福神(うがふくじん)
・浅井比売命(あざいひめのみこと)
・龍神(りゅうじん)





殿内には大勢の人がいます。 


御祈祷が行なわれているようなので、お邪魔にならないよう、

静かにお参り~。( ̄人 ̄)








竹生島神社7
さて、帰りの船を1便ずらしたのに、だらだらしていたので、さらに次の便
の時間が迫ってきました。(^^;)








竹生島神社8
それでも、拝殿を抜けて竜神拝所へ。


おお、さすが竹生島の中で、一番の絶景といわれるスポットだけあって、
スバラシイ。

目の前には、広大な琵琶湖が広がっています。



絶景・絶景。(^^)








竹生島神社9
その後、船に間に合うように、気を付けながら急な階段を駆け下りて行きます。



急げ急げ。








竹生島神社10
港には、ちょうど船が来たところでした。


良かった~。(^^;)








竹生島神社11
今日は、ありがとうございました~。(^^)/


・・・と、船に飛び乗ったあと、ある事に気付くヒト。




ハッ、神社の御朱印頂くの、忘れた。(゚д゚;)





「めったに来れないので、引き返してくださ~い。 (´Д`)ノ 」 ←(ムリです。)








竹生島神社12
無情にも島は小さくなっていきます。(^^;)



さてさて、そんなこんなで、滋賀県は竹生島・「宝厳寺」(ほうごんじ)と
「竹生島神社」(ちくぶしまじんじゃ)。



「御本尊・御開帳編」・特別公開を機に、本当に良いお参りをさせて頂きました。(^^)






次に御本尊様が御開帳されるのは、27年後。


また機会があれば訪れたいと思います。(^^)




竹生島神社の御朱印も、その時までのお楽しみ、という事で。(^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/235-69d694f9