社寺巡り 滋賀・竹生島 「宝厳寺」(ほうごんじ)・道のり編 2010/5/3の続きで、
「宝厳寺」のお参りスタートです。





宝厳寺1
う~ん、堂宇は遥か山頂に見えますね。


道のりは険しそうです。(^^;)








宝厳寺2
拝観料400円を、自動券売機でお納めし、入り口へ。

いきなり急激な階段が待ち構えています。



165段の石段。 (゚д゚;)


通称・「祈りの階段」というそうな。








宝厳寺3
とりあえず、本堂を目指して進みましょう。(^^;)



竹生島宝厳寺は、神亀元年(724年)聖武天皇が、夢枕に立った
天照皇大神より、「江州の湖中にある島は弁才天の
聖地であるから、寺院を建立せよ。」というお告げを受け、僧行基を
勅使としてつかわし、堂塔を開基させたのが始まりです。
(以下、お寺の公式サイトより抜粋。)








宝厳寺4
上り途中にある、こちら手水舎でお清めを。

湖底下・約130mから汲み上げられている霊泉なんですね。スゴイ。



行基(ぎょうき)は、早速弁才天像(当山では大弁才天と呼ぶ)を彫刻し、
ご本尊として本堂に安置。翌年には、観音堂を建立し、千手観音像を安置しました。








宝厳寺5
階段の傾斜は、さらにキツくなってきます。



それ以来、天皇の行幸が続き、また伝教大師、弘法大師なども来島、
修業されたと伝えられています。








宝厳寺6
ふと振り返ると、

おお、もうこんなに高くまで上がって来ていたんですね。



当山は、豊臣秀吉との関係も強く、多くの書状、多くの宝物が
寄贈されています。




なるほど。宝物殿もあるようなので、あとでお伺いしましょう。(^^)








宝厳寺7
そして息を切らしながら、やっと本堂(弁才天堂)に到着。


日ごろの運動不足を痛感します。(^^;)





まずは右手にお祀りされている、お不動様にお参りし、








宝厳寺8
本堂内へ。 なかなかに立派なお堂です。



御本尊

・弁才天(べんざいてん)・(秘仏)




はるばるやって参りました。 お参りさせて頂きます~。( ̄人 ̄)








宝厳寺9
お堂内でしばらく佇んだあと、表へ。


しかし今日は良いお天気でよかった。(^^)






おや? あちらが納経所のようですね。


先に御朱印を頂いておきましょう。(^^;)








宝厳寺10
書いて頂いているお手元を、失礼しましてパチリ♪


もうしわけありません(^^;)








宝厳寺11
そして、さらに上を目指して、階段をのぼっていきます。








宝厳寺12
おお、朱塗りの立派な塔が見えてきました。


江戸時代初期に焼失したと言われ、平成12年に約350年ぶりに復元された
三重塔だそうな。 これは美しい。




その後、雨宝堂でお参りしたあと、








宝厳寺13
すぐ近くにある、こちら「宝物殿」へ。

別途、拝観料300円をお納めし、お邪魔します~。




殿内には、「釈迦三尊像」(鎌倉時代)絹本や、「法華経序品(竹生島経)」(平安時代)など、
国宝・重文の貴重な寺宝が公開されていて、スゴイ。




湖国における、文化財の一大宝庫といわれているだけあって、
大変見ごたえがあります。



中は写真撮影禁止なので、寺宝の注釈書きを φ(.. ) メモメモ。








宝厳寺14
宝物殿でえらく長居して、帰りの船の時間に間に合わなくなったので、
1便ずらしました。(^^;)








宝厳寺15
「国宝」唐門



さて本日のメイン。
秘仏の観音様が特別御開帳される、重要文化財の観音堂内へ。




入り口では係りの方が、

「次の御開帳は27年後で~す。」と案内されています。




テンション上がって参りましたよ~。








宝厳寺16
そして、いざ観音堂の内陣へ。


御本尊

・千手千眼観世音菩薩(せんじゅせんげんかんぜおんぼさつ)




タイミングよく待ち時間はゼロで、すぐに神々しい観音様とご対面。


めったにお姿を拝見できません。 お参りさせて頂きます~。( ̄人 ̄;)





そしてさらに、観音様と結縁紐(けちえんひも)で結ばれた、五鈷杵(ごこしょ)を
ギュギュと握ります。



これで御本尊様と縁が結ばれました。 ありがとうございます~。( ̄人 ̄)








宝厳寺17
お参りを終えて外へ。


意外と人が少なかったので、もう1周お参りしてしまいました。(^^;)








宝厳寺18
ちなみに、こちらが頂きました御朱印。


めったに来られないので、観音様と弁天様をダブルで頂きました。(^^;)

「大悲殿」(だいひでん)・「大辯才天」(だいべんざいてん)と書かれています。






さてさて、滋賀県竹生島は「宝厳寺」(ほうごんじ)ですが、


島内に「竹生島神社」(ちくぶしまじんじゃ)があるので、
このままお参りに行きましょう。




ちょっと引っ張り気味ですが。(^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/234-928fd80e