社寺巡り 大阪・産湯稲荷神社(うぶゆいなりじんじゃ) 2010/4/24
続きで、次はお寺に向かっています。




といっても、どこに行くか決めていないので、行き当たりばったりですが。(^^;)





興徳寺1
産湯稲荷神社をあとに、ポケット地図を見ながら一路北方向へ。


しかしこの辺り、お寺がけっこう建ち並んでいますね。




散策を兼ねて、テクテクと進んでいきます。








興徳寺2
「!」

右手に巨大な観音様が見えてきました。




大きすぎて、コワイッ。(゚д゚;)








興徳寺3
でも怖いもの見たさという事で、こちらにお伺いすることに。(^^;)








興徳寺4
おや。 山門に掲げられている札を拝見すると、

「摂津国八十八箇所」の第十二番霊場のお寺のようです。



同霊場では以前、社寺巡り 大阪・「三津寺」(みつてら) 2010/2/17にお伺い
した事がありますが、


やや、マイナーな霊場巡りのようです。(^^;) ←(コラ)







興徳寺5
そんな事を言いつつも、いざ潜入~。



おお、境内には季節柄、たくさんの鯉のぼりが奉納されています。








興徳寺6
境内の池には、その鯉のぼりに負けないほど本物の鯉も泳いでいます。 スゴイ。








興徳寺7
近くには、ほうきを持ったお地蔵様が。



いかにも救って頂けそうな、穏やかな表情をされています。( ̄人 ̄)








興徳寺8
「!?」

そしてこちらには、なぜかドラえもんの石像が。 ナンデ?(゚д゚;)



謎です。(^^;)








興徳寺9
その後、「融通地蔵尊」、「三寶荒神」、「六地蔵」とお参りし・・・、








興徳寺10
本堂前へ。








興徳寺11
「御自由にお上がりになり、お参り下さい。」


せっかくですから、本堂内に入らせて頂きましょう。(^^)




でも、ネコのお参りは禁止のようです。(^^;)








興徳寺12
御本尊

・薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)



お参りさせて頂きます~。( ̄人 ̄)




本堂内、あまりに立派だったので、また思わず撮ってしまいました。


もうしわけありません。(^^;)








興徳寺15
そして、外からお姿が見えていた観音様へ。


・准胝観世音菩薩(じゅんていかんぜおんぼさつ)




この距離からすでに、近寄りがたいほどの大きさです。(^^;)








興徳寺16
まずは、お参りさせて頂きます~。( ̄人 ̄;)



しかし、近くで拝見すると、改めて巨大さを実感できます。




全高、軽く10m超。




真下から見上げていると、ひっくり返りそうになります。(^^;)








興徳寺13
さて、お参りのあとは納経所で御朱印を頂きましょう。(^^)



ちなみにこちらで巨大観音様についてお聞きしたところ・・・、




お子さんの居ないご夫婦が、この世に何か形を残したいという事で、
バブルの時に儲けた多額のお金を寄付されたそうな。



お寺の方 : 「そのお金で、ドーンと建てたんですよ。ちょっと悪趣味でしょ? (≧∇≦) 」

ワタクシ : 「そ、そんな事はないと思います。 (^^;) 」  ←(全然フォローのできないヒト)






あと、ドラえもんの石像についてもお聞きしましたが、

お知り合いの石材店から頂いたもので特に意味はないとの事。








興徳寺8
お寺の方 : 「中国製らしいんで、デザインがちょっとヘンでしょ? (≧∇≦) 」



う~ん。 確かにそう言われると、「藤子・F・不二雄」先生には無許可な
オーラを感じるような。(^^;)








興徳寺14
そうこうしている内に頂けました御朱印。

御本尊の「薬師如来」と書かれています。




ちなみにお寺の由緒については、特に寺伝も残っておらず、口伝えのことも
多いので、ほとんど不明なのだそうな。








興徳寺17
さてさて、そんなこんなで、大阪は「興徳寺」(こうとくじ)。

色々な意味で奥が深い。(^^;)



でも、お寺の方からたくさんのお話も聞けて、大満足のお参りとなりました。(^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/228-0044a852