2/7(日)。 京都の清水寺(きよみずでら)へ行って参りました。





阪急・河原町駅
本日は、阪急・河原町駅をスタート。



さて、京都の「清水寺」というと、当ブログでは、京都・清水寺 2009/2/15と、
社寺巡り 京都・清水寺 「御本尊・御開帳」編 2009/6/5で過去2回訪れていますが・・・、





本当のお目当ては、コチラ。
京の冬の旅
京都市観光協会が主催する、第四十四回・「京の冬の旅」
題した、非公開文化財特別公開。


その中で、通常は非公開の清水寺の塔頭(たっちゅう)・「成就院」
(じょうじゅいん)も公開されると知ってお伺いすることにしました。(^^)




なんだかんだ言って、ワタクシ、清水寺が好きなのかも知れません。(^^;)








清水坂
清水坂を上っていきます。



道の両脇に、おみやげ物店がズラ~ッと並んでいるのを見ると、
いかにも観光地という感じがします。








清水寺1
重要文化財の仁王門が見えてきました。



門の手前では托鉢(たくはつ)が行なわれています。( ̄人 ̄)








成就院1
さて仁王門をくぐると、成就院・特別公開の案内看板が見えてきます。

左の方ですね~。(^^)



案内に従って進んでいくと・・・、








成就院2
「がら~ん。」

清水寺の本堂へ向かう人は多いのですが、成就院の認知度は低いようです。(^^;)




成就院は清水寺の塔頭の一つで、室町時代、応仁の乱の兵火にあった
清水寺を復興した願阿上人(がんあしょうにん)によって創建され、
以後、清水寺の本願職を伝統した。
(以下、お寺のパンフレットより抜粋。)








成就院3
現在の建物は、徳川三代将軍家光の清水寺堂塔の、寛永十年再建に
続く寛永十六年(1639)の再建である。








成就院4
参道右手の丘には、石仏がズラリと。

軽くお参りして進んでいきます。( ̄人 ̄)




庭園は、相阿弥(そうあみ)の作とも伝えられる江戸時代初期の作庭。心字池に
映る月影が見事で、「月の庭」といわれてきた。国の名勝に指定されている。








成就院6
そして、じきに到着♪

テンション上がって参りました。(^^)








成就院7
それでは、拝観料600円を納めまして、いざ潜入~。

院内は撮影禁止です。



おお、中にはけっこう人がいますよ。








成就院8
院内では、係りの方がお寺の歴史についてご説明して頂けます。


当初は、創建・願阿上人(がんあしょうにん)の宿坊として造られた塔頭との事。


江戸時代の幕末に入り、24代・25代住職を勤められた月照上人(げっしょうしょうにん)・
信海上人(しんかいしょうにん)のご兄弟。

この頃にこちら成就院が、清水寺の本坊として認められ、今に至るそうな。




また、月照上人と西郷隆盛が、国事に関する密議を交わしたといわれる
お寺でもあるんですね。



なかなかに歴史が深い。








成就院9
もう一つの見所が、その西郷隆盛も愛でたという、こちら「月の庭」。


当時の貴重なギヤマンのガラス戸を抜けて、縁側に出ます。

割らないように気をつけて。(^^;)




当時、京都には成就院が三ヶ所存在したそうで、北野天満宮にあった「花の庭」、
妙満寺にあった「雪の庭」、そしてこちらの「月の庭」。



借景式の池泉回遊式庭園で、実に美しい。


月夜になると、池に月が映り、夜明けまでその月が水面をず~っと移動していくそうな。

これが「月の庭」と言われるゆえんなんですね。なんとも奥ゆかしい。(^^)




そして最後に、月照・信海両上人の木像にお参り~。( ̄人 ̄)








成就院10
幕末頃の、お寺の歴史話もたっぷり聞けて、大満足。

ありがとうございました。(^^)




ちなみに御本尊は、「十一面千手観音」様。

持仏堂に祀られていますが、非公開のようで、遠目にお参り。( ̄人 ̄)








成就院11
さて「成就院」、たっぷり拝見いたしました。








成就院12
そして、帰りはもちろん「清水寺」にもお参りして行きます。(^^)








成就院13
まずは本堂でお参り。 さすがにこちらはが多い。(^^;)



「釈迦堂」、「百体地蔵堂」、「濡れ手観音」、「阿弥陀堂」と巡って、








成就院14
またまた、お約束の角度から一枚、パチリ♪ (^^;)








成就院15
さてさて、そんなこんなで、京都は清水寺の塔頭(たっちゅう)・特別公開
「成就院」
(じょうじゅいん)。

たっぷりと拝見いたしました。


清水寺とあわせて、存分にお参りできて大満足です。(^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/187-3844be58