社寺巡り 京都・三十三間堂(さんじゅうさんげんどう) 通し矢(大的大会) 2010/1/19
続きで、本堂へ再度お参りに向かっています。


いや~、しかし「通し矢」はスゴイでした。





三十三間堂1
といっても、お昼に差し掛かり、こちら入り口付近もスゴイになっていますが。(^^;)








三十三間堂2
お参りの前に、少し境内を拝見しましょう。


現在は天台宗・妙法院の管理になるお堂で、正式には蓮華王院(れんげ
おういん)と言い、長寛二年(1164)鳥部山麓(現・阿弥陀ヶ峯)にあった後白河上皇・
院政庁「法住寺殿」(ほうじゅうじどの)の一角に平清盛が造進した。
(以下、お寺の案内看板より抜粋。)








三十三間堂3
一度焼失したが、直に復興に着手し文永三年(1266)に再建。その後、四度の
大修理を経て、750年間護持されている。








三十三間堂4
朱塗りの北門前では、競技を終えた弓士が記念撮影をしています。


長大なお堂は、「和様入母屋本瓦葺」で、南北に百十八メートルあり、お堂正面の
柱間が三十三あることから「三十三間堂」と呼ばれる。








三十三間堂5
遊歩道を通って、趣のあるお庭も拝見します。 今日は天気が良くて、気持ちいい。(^^)



堂内には丈六の千手観音坐像(国宝)を中央に、千一体もの観音像
(重文)と共に風神・雷神、観音二十八部衆という三十体の仏像(国宝)が祀られている。








三十三間堂6
遅くなりましたが、こちら手水舎でお清めさせて頂きます。


境内の太閤塀と南大門は、豊臣秀吉ゆかりの建造物(重文)で、毎年正月に
行なわれる「通し矢」にちなむ弓道大会は、京都の風物詩になっている。








三十三間堂7
こちらが、南北に118mもある本堂の外観ですね。


お堂の中央にいますが、当然一枚の画像には収まりきれません。(^^;)








三十三間堂8
おお、そのお堂中央から、いかにも位の高そうな僧侶の方達が出てきました。



今日は三十三間堂にとって、一年の内でも、かなり重要なイベントの日であるようです。








三十三間堂9
お堂内では、多くの参拝者が「楊枝のお加持」(やなぎのおかじ)を受けています。



ワタクシも、本日二度目の「楊枝のお加持」、もう一度受けに行きますよ~。(^^)








三十三間堂10
お堂前には、たくさんの露店が出ています。

中でも、たこ焼き屋さんには、行列ができていました。




やはりたこ焼きは根強い人気があるんですね。(^^;)








三十三間堂11
さて改めまして、再度本堂内へ、潜入~。








三十三間堂12
本日は特別に、無料開放の日。


お堂内を何周しても、タダです。








三十三間堂13
お堂に入ると、前後10列の雛壇上に、計1000体の観音立像が、
ズラズラズラ~ッと並んで安置されています。

しかし何度拝見しても、ものすごいインパクト。



まずは、御前の二十八部衆を含め、御本尊までの500体の観音様にお参りして行きます。





あまりに多数なので、やや流し気味に、お参り~。( ̄人 ̄) ←(コラ)








三十三間堂14
お堂の中央で、「楊枝のお加持」(やなぎのおかじ)を受けます。


ちなみに「楊枝のお加持」とは、7日間祈りをこらした浄水を”人の熱脳を除く”とされる
霊木・楊枝(やなぎ)の小枝を持って参拝者にそそいで無病息災・厄除開運のご利益を
授けられる修法なのです。



ワタクシも並んで、浄水を頭に、ぴちゃっと掛けて頂きます。( ̄人 ̄)




御開基である後白河上皇が、大変な頭痛持ちであった事にちなんだ行事だそうな。








三十三間堂15
そして、中央の巨大な御本尊様にお参りさせて頂きます。


御本尊 : 国宝・千手観音坐像 (鎌倉時代・湛慶(たんけい)作)



本日は、ありがとうございました~。( ̄人 ̄)








三十三間堂16 三十三間堂17
お堂の中央で、御朱印が頂けます。

御朱印の説明書きも一緒に頂けたのですが、なぜか英語での解説があります。




確かに以前、社寺巡り 京都・「平安神宮」(へいあんじんぐう) 「神苑無料公開」 2009/9/22で、
外国の方が御朱印を受けているのを見たので、京都という土地柄、こういう表記も
必要なのかも。(^^;)








三十三間堂18
後半の仏様にも、充分にお参りしておいとまします。



出口もまたスゴイ人。(^^;)





さてさて、そんなこんなで、京都の三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は、
伝統の「通し矢」と、「楊枝のお加持」(やなぎのおかじ)大法要。



いつもテレビで見る、京の伝統行事を間近で拝見できて、大満足です。(^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/177-51d32606