社寺巡り 三重・ 伊勢神宮 「外宮」(げくう) 2009/12/18の続きで、伊勢神宮は
内宮(ないくう) へ向かっています。





バス停1
内宮までは、ちょっと距離があるので、バスで向かいます。


表参道まで戻り、道路を隔てたバス停へ。


2番乗り場が内宮行きです。








バス停2
約10分ほどで、内宮前に到着。


テンション上がって参りましたよ~。(^^)








内宮1
そして、宇治橋鳥居(うじばしとりい)が見えてきました。


一年ぶりの、伊勢神宮・内宮です。








内宮2
それでは、またまた特別に気持ちを整えまして、  いざ潜入~。


と、おや? 右側通行ですか。 下宮では左側通行だったような。(^^;)








内宮3
おお。 橋がなんとも真新しくなっています。


第62回・神宮式年遷宮(しきねんせんぐう)に伴って、「宇治橋の架け替え」が
行なわれたからなんですね。




しかも、渡始式(わたりはじめしき)が行なわれたのは、先月・11/3とのこと。 これは超新しい。








内宮4
それでは橋を渡り切り、神苑を通って御正宮(ごしょうぐう)を目指します。


天照大御神(あまてらすおおみかみ)は皇室の御祖神であり、歴代天皇が厚く
ご崇敬になられています。
(内宮の案内看板より抜粋。)





歩いていくと、なにやら左手の方から、コケコッコーと聞こえてきます。


まさかニワトリでしょうか。(^^;)








内宮5
おお、 まさかのニワトリさん。


なるほど。 伊勢神宮で「鶏」は御神使(神様のお使い)なのですね。


放し飼いにされているようです。








内宮6
「五十鈴川の増水につき、この手水舎で手をお清めください。」


なるほど、前日の雨で川が増水しているんですね。








内宮7
それでも、五十鈴川へ向かうワタクシ。(^^;)








内宮8
おお、やはり増水していて、流れも速い。


増水していても、伝統の自然の「御手洗場」(みたらし)でお清めしたいのです。





う~ん。 こちらで清めて、気が済みました。( ̄人 ̄)








内宮9
左手に神楽殿を臨みながら進みます。


約二千年前の崇神天皇(すじんてんのう)の御代に皇居をお出になり、
各地をめぐられたのち、この五十鈴川のほとりにお鎮まりになられました。
(内宮の案内看板より抜粋。)








内宮10
しかし、外宮に比べて人が多い。




内宮は、観光目的で来る方が多いようです。








内宮11
さて、突き当りを左へ曲がると、いよいよ御正宮(ごしょうぐう)です。








内宮12
ガイドブックなどでよく見る、この角度から一枚、パチリ♪



気持ちを整えながら、階段を一歩ずつ上がっていきます。








内宮13
それでは失礼しまして、正面へ。 写真撮影はここまでです。





御祭神

・天照大御神(あまてらすおおみかみ)





日本神話の中の最高神、太陽の女神様です。





外宮と同じく、一年のご報告と御礼を申し上げます。


一年間、ありがとうございました~。 ゴニョゴニョ。 ( ̄人 ̄)








内宮14
たっぷりと時間を掛けてお参りさせて頂きました。


その後は左手にある、式年遷宮(しきねんせんぐう)の新御敷地(しんみしきち)を拝見。





ちなみに式年遷宮とは、20年に一度社殿を造り替えて、御祭神を遷し奉る
神宮最大の行事なんですね。


2013年(平成25年)に第62回遷宮を迎えるそうです




戦国時代の中断を除いて、690年(持統天皇4)から続いているそうな。 スゴイ。








内宮15 内宮16
その後は、御稲御倉(みしねのみくら)、外幣殿(げへいでん)を拝見しながら進みます。


う~ん。 まず、一般の神社では見かけることのない、造りの建造物です。




古代の高床式な趣で、カッコイイ。








内宮17
別宮の荒祭宮(あらまつりのみや)でもお参りさせて頂きます。( ̄人 ̄)





おっと、日帰りお伊勢参りのため、ちょっと時間が押してきました。(^^;)


内宮の角祓大麻(かくはらいたいま)を授与頂くため、御神札授与所へ急ぎましょう。








内宮18
`;:゙;`;・(゚ε゚; )ブッ!!


なんという人ごみ。 (゚д゚;)




外宮とは違って、授与所はラッシュ状態です。(^^;)








内宮19
なんとか御札を授けて頂きました。


古くなった、外宮の「豊受大御神」、内宮の「天照大御神」の御札は、まとめてこちらの
古札納所(こさつのうしょ)へ。




お志の初穂料(はつほりょう)と共に、一年間ありがとうございました~。( ̄人 ̄)








内宮20
御朱印も一緒に頂きます。


う~ん、外宮と同じく、きわめてシンプル。(^^;)








内宮21
再び神苑を通って、宇治橋へ。



帰りの電車の時間が気になって、ちょっとバタバタしてきました。(^^;)


いそげ・いそげ。








内宮22
宇治橋鳥居まで戻ってきました。


なぜか、橋の真ん中通行する人がけっこう多い。(^^;)








内宮23
さてさて、そんなこんなで、伊勢神宮は「内宮」(ないくう)。



外宮に引続き、たっぷりと一年分のお参りをさせて頂きました。(^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/157-320e66ad