社寺巡り 京都・2009年秋期特別公開 「西方寺」(さいほうじ) 2009/11/17
続きで、「大蓮寺」(だいれんじ)へ向かっています。



京都・2009年秋期特別公開シリーズの、第五弾にして、ラストになります。(^^)





大蓮寺1
さて、行きに通ってきた仁王門通りを、今度は西方向へ進んで行きます。




途中、周辺の寺院案内図があったので、拝見したところ・・・、








大蓮寺2
`;:゙;`;・(゚ε゚; )ブッ!!



この狭いエリアに、55もの寺院がひしめき合っています。

なんという、お寺激戦区。





「大蓮寺」を探すのも、けっこう大変。 19番ですね。(^^;)








大蓮寺3
案内表示が見えてきました。 もう少しのようです。








大蓮寺4
「安産祈願」ののぼりが立っています。

地図によると、多分こちらなのですが、周りはお寺だらけで、目印になるものが
ありません。(^^;)








大蓮寺5
山門の正面へ。

「大蓮寺」と掲げられています。


無事に到着♪








大蓮寺6
こちら「大蓮寺」も、今回初公開との事です。



と言いつつも、今回は初公開の所を集中的に巡っているんですけどね。(^^;)








大蓮寺7
おや、看板の上には何か貼り紙が。

「秘仏 祇園社薬師如来像の開帳は本日まででございます。」




これはグッドなタイミング。 ぜひ、拝ませて頂きます。(^^)








大蓮寺8
ふと、右手の壁を見ると、「走り坊さん」なるポスターが。

これは何のPRでしょうか。 謎です。(^^;)








大蓮寺9
さてさて、とりあえず、受付で拝観料800円を納めまして、いざ潜入~。








大蓮寺10
おお、 受付けの横に、今回も「特別拝観」の告知ポスターが無料で提供されています。


もちろん、お一つ頂戴いたします。(^^)








大蓮寺11
安産の寺として知られる大蓮寺は、引接山(いんじょうざん)と号する浄土宗
寺院である。
(以下、拝観の手引きより抜粋。)








大蓮寺12
創建は慶長五年(1600)、深誉上人(しんよしょうにん)が阿弥陀如来像を
お祀りする一宇を建立したことに始まる。








大蓮寺13
もと下京区毘沙門町にあったが、戦時中寺域を東山二条に移し現在に至る。








大蓮寺14
さすがは特別公開の最終日。


社寺好きな人たちが、続々と境内に入って来られます。








大蓮寺15
まずは、こちら手水舎でお清め。


人は多いのですが、ノーお清めの人もけっこう多い。(^^;)








大蓮寺16
そして、本堂内へ。 お邪魔します~。


こちらでも係りの方が、とても丁寧にお寺の説明をして下さいます。



まずは、左手にある、十一面観音様にお参り~。( ̄人 ̄)

洛陽三十三所観音巡礼・第八番の観音様で、10世紀頃の作とのこと。 スゴイ。






続いて、お堂中央へ。

御本尊の阿弥陀如来様にお参り。( ̄人 ̄)  平安時代、慈覚大師(じかくだいし)の作。


比叡山で修行中の大師は、夢の中で阿弥陀如来が「女人の厄難(お産の苦しみ)」を
救いたい、とお告げを聞き、真如堂に阿弥陀様を安置して女性の信仰を集めたそうな。



その後、応仁の乱で荒廃した真如堂から、阿弥陀様を大蓮寺にお迎えしたのが、創建の深誉上人
(しんよしょうにん)だったとの事。



なるほど、ここから大蓮寺は「安産のお寺」と言われるようになったんですね。








大蓮寺17
さて今度は右手にある、常念寺本尊・阿弥陀如来様にお参りのあと、秘仏の薬師如来様へ。

今回の、”京都古文化保存協会”「秋期特別拝観」のポスターでも、イメージ画像として
使われています。



ちなみに、入り口で頂いたこちらのポスター。 ちょっと部屋に貼ってみたりして。(^^;)




八坂神社の本地仏として祀られていたが、廃仏毀釈で大蓮寺に移されたそうな。


御開帳は本日までなので、滅多にお会いできません。 重ねてお参り~。( ̄人 ̄)








大蓮寺18
「走り坊さん」(はしりぼんさん)のポスターも頂けたので、並べて貼って
みたりして。(^^;)


大正時代、大蓮寺に実在した籏玄教(はたげんきょう)と言うお坊さんで、お堂には
その掛け軸が展示されています。


お寺に訪れるのが困難な妊婦さんの為、安産のお札を京都中走りながら届けたそうな。


身長143cmの小柄な身体ながら、1日に60kmも走っていたとの事。 スゴイ。


まさに、安産のお寺。








大蓮寺19
たっぷり拝見したので、最後に御朱印を頂きましょう。

「安産」がなまって、あんさん阿弥陀如来と書かれています。



ありがとうございます~。( ̄人 ̄)








大蓮寺20
大変見ごたえがありました。


しかしこちら大蓮寺、所蔵されている仏像の数が多くて、チョトびっくりです。








大蓮寺21
山門で、軽く一礼しておいとまします。


ありがとうございました。(^^)









大蓮寺22
さてさて、京都・2009年秋期・非公開文化財・特別公開編は、これで終了です。



今回は、
「海住山寺」(かいじゅうせんじ)
「悲田院」(ひでんいん)
「東光寺」(とうこうじ)
「西方寺」(さいほうじ)
「大蓮寺」(だいれんじ)

の計5ヵ所、たっぷり拝見させて頂きました。(^^)



もっと巡れると思ったんですけどねぇ。





とりあえず、初公開寺院はコンプリートいたしました。(^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/139-7d19b10a