3/21(土)。京都の「東寺」(とうじ)へ行って参りました。


東寺には何度かお参りしていますが、今回のお目当ては、ズバリこちら。



2009年 春期特別公開
東寺春期特別公開
普段非公開の、「五重塔」・「宝物館」・「観智院」の3ヶ所が特別公開されています。
(3/20(金)~5/25(月)まで。)


に加えて、「弘法市」(こうぼういち)もお目当てです。



さて、JR京都駅をスタート。徒歩で東寺を目指します。


15分ほどで到着。



慶賀門(重要文化財)
慶賀門





慶賀門2
この時点で、ものすごい人です。


それもそのはず。本日は、


「春期特別公開」+「弘法市」+「土曜日」+「お彼岸」
の4つが重なっていたからなんです。(^^;)




露天
慶賀門をくぐると、境内には無数の露天がひしめき合い、
そこへひっきりなしに人がなだれ込んで来ます。




ちなみに弘法市(こうぼういち)とは、


元々”縁日”とは神仏がこの世と”縁”を持つ日とされており、この日に参詣すると
大きな功得があるということです。東寺では祖師空海入寂の3月21日を期して
毎月21日に御影堂で行われる御影供のことを指しています。
当初は年に1回行われていたものが、1239年以降は毎月行われるようになったそうです。
(公式サイトより抜粋。)


つまり、毎月21日に東寺で行なわれる、超ビッグスケールな縁日なのですね。


その出店数、なんと「1000店超」だとか。

ワタクシ、これほど大規模な縁日を見るのは初めてです。


お宝か


一般的な「焼きそば」・「たこ焼き」・「たいやき」・「金魚すくい」などの露天のほか、
骨董品・雑貨・野菜・漬物・乾物・お菓子・着物(!)などを売っているお店が
ギューギューに立ち並んでいます。


まともに歩くのも困難です。(^^;)


食堂(じきどう)
食堂
なんとか食堂までたどり着きました。






食堂2
まずはこちらで、お線香2本とロウソク1本のセットを140円で購入し、お参り。( ̄人 ̄)



食堂・説明書き
食堂3
ちなみに「しょくどう」ではなく、「じきどう」と読むのですね。



食堂・御本尊
こちらの御本尊は、十一面観音様。

食堂の中にも入り、お参りさせて頂きました。( ̄人 ̄)





春の特別拝観
春の特別拝観
さて、本命の特別拝観。

拝観券の購入が必要です。



拝観受付
拝観受付
時間的に、本日中にじっくりと3ヶ所も回れそうにありません。

受付で聞いてみると、特別公開の期間中は使用できるとの事だったので、おトクな共通券を
購入しました。(^^)

本日は、宝物館だけの拝観にしたいと思います。



毘沙門堂
毘沙門堂
宝物館へ行く前に、毘沙門堂でお参りします。( ̄人 ̄)

こちらは比較的人が少なかったので、落ち着いてお参りできました。(^^)



護摩供養
すぐ後ろでは、毎月21日の行事、護摩供養が行なわれていました。


次に、「三面大黒天」様にもお参り。( ̄人 ̄)


後ろの桜の木は、だいぶ花が開いていました。
桜



さて、再び人ごみの中に飛び込んで、今度は宝物館を目指します。



露天2
お宝か?ガラクタか?



露天3
こちらは・・・。

ワタクシには、ガラクタにしか見えませんでした。(^^;)





宝物館
やっと宝物館が見えてきました。




宝物館
宝物館2
宝物館内は撮影禁止です。




パンフレット
宝物館3

宝物館内部は2階構造になっていました。

五重塔造営の歴史を記した巻物や、落雷によって塔が焼失した際の、塔供養に関する宝物など、
数多くの寺宝が展示されており、とても見ごたえのあるものでした。(^^)


2階には仏像などが安置されており、特に巨大な観音様は圧巻でした。( ̄人 ̄)





南大門(重要文化財)
南大門
宝物館をじっくり拝見したとは、南大門からおいとまです。

門から外にも、たくさんのお店が並んでおり、最後まで楽しむ事が出来ました。



さて今回の東寺・春期特別公開は「宝物館」だけでしたが、近い内に「五重塔」と「観智院」に
訪れる予定です。(^^)









スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/13-6768a2fc