先日、「平岡八幡宮」(ひらおかはちまんぐう)にお参りした時、
社寺巡り 京都・「平岡八幡宮」 花の天井・秋の特別拝観 2009/9/26
平岡八幡宮・秋の特別公開



「福梅」を買っていたので、頂いてみようと思います。(^^)








平岡八幡宮の梅3
境内にある受付で販売されていました。 1パック500円也。 



宮司(ぐうじ)さんの手作りだそうな。








平岡八幡宮の梅1
コチラがその福梅。


さっそく開けましょう、開けましょう。(^^)








平岡八幡宮の梅2
まずはそのままで、一粒、 パク。




す、すっぱ~、 すっぱ~。(゚ * ゚;)



小粒なのに、酸味がガツンときます。
でも、果肉はやわらかくて、梅の香りもしっかり。 「昔ながらの梅干」という感じで、オイシイ。





さて、ここで、平岡八幡宮で接待頂いた、「大福茶」(おおぶくちゃ)がおいしかったので、
ワタクシもマネて作ってみようと思います。(^^;)





ちなみに「大福茶」(おおぶくちゃ)とは、福梅と結び昆布の入ったお茶のこと。
1000年ほど昔、京都に疫病が流行したとき、空也上人(くうやしょうにん)が薬茶として
庶民にふるまったものが始まりだそうな。



なるほど、これは歴史が深くて、身体にも良さそう。








大福茶1
材料

福梅・・・・・贅沢に2粒使用
お茶・・・・・ペットボトルのお茶 (適量)
昆布・・・・・頂き物のおしゃぶり昆布 (適量)



梅以外には、テキトー感が・・・。(^^;)








大福茶3
器はコチラ。

社寺巡り 京都・「百万遍・知恩寺」(ひゃくまんべん・ちおんじ) 「手づくり市」 2009/8/17
購入した、手づくりのお茶碗。



適当な湯のみが無かったので、とりあえずコレで。(^^;)





そして、お茶を軽く沸かして、器に材料を全部投入し、完成。








大福茶4  大福茶5
(ワタクシ特製大福茶)   (平岡八幡宮・本物の大福茶) 


う~ん、本物と比較すると、なんだか様子が全然違いますよ~。(^^;)

でも、実際に頂くと、



うま~、 すっぱうま~。(゚ * ゚)




いや、ホント。 本物に勝るとも劣らないお味です。 大満足。(^^)

もちろん、梅も昆布も完食。 ごちそう様でした~。( ̄人 ̄)








さて、10月に入っても、まだまだ暑い今日この頃。


季節の変わり目は、体調を崩しやすいので、また「大福茶」(おおぶくちゃ)を
飲んで、健康に気をつけようと思います。(^^)






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/115-d00f925a