社寺巡り 兵庫・「市杵島姫神社」(いちきしまひめじんじゃ) 2009/9/16の続きで、
売布神社(めふじんじゃ)」へ向かっています。


中山駅のおとなりなので、ちょっと足を伸ばしました。(^^)





阪急・売布神社駅
阪急・「売布神社(めふじんじゃ)駅」をスタート。








売布神社1
駅周辺に、特に案内地図が見当たらなかったので、やや迷いながら到着。


ではさっそく、石の鳥居をくぐりまして、




いざ潜入。








売布神社2
おお、なかなかに良い趣の神域です。(^^)





第六十六代醍醐天皇の延喜五年(約1,050年前)制定の延喜式巻九神名張上摂津国
七十五座の一社に加えられ、官幣社として神祇官をして幣帛を供進されました。
(以下、由緒書より抜粋。)








売布神社3
けっこう階段がキツイ。(^^;)





いづれの頃からか佛者に乱されて「貴船大明神」と誤り崇められていたのを、徳川八代将軍
吉宗が元文元年九月(740年前)に寺社奉公大岡越前守忠相に命じ、大坂の儒者
並河五市郎が調査した結果、「賣布神社」が正しいことが判明。








売布神社4
現在では、衣・食・住・財の守護神として特に繊維・食料・金融・建築業界の方々の
信仰が多く、またご夫婦神のため恋愛・結婚成就の神さまとして崇敬されています。








売布神社5
阪急電車の駅名にもなっているので、もっと大きな神社かと思っていましたが、
意外とこぢんまりとしています。(^^;) ←(コラ)








売布神社6
それでは失礼しまして、本殿正面へ。



御祭神

・下照姫神(したてるひめのかみ)=大国主神の第二皇女

・天稚彦神(あめのわかひこのかみ)=天津国魂神の皇子








売布神社7
では、雨の中、御賽銭を入れて鈴を鳴らし、手順正しく、



お参り~。( ̄人 ̄)








売布神社20
その後は右手の、「豊玉神社」・「稲荷神社」でお参り。( ̄人 ̄)



をさしながらシャッターを切るので、ブレるブレる(^^;)








売布神社21
更にその右手には、


おお、「神武天皇遥拝所」(じんむてんのう ようはいじょ)なるお社が。




歴代天皇125人中の、初代天皇でございますね。( ̄人 ̄;)








売布神社11
本殿左側から、パチリ♪



しかしこちら売布神社、雨と相まって良い趣です。(^^)








売布神社12
お次は本殿左手にある、「厳島神社」(いつくしまじんじゃ)へ。


御祭神

・市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)





おお、お社の周りがお堀になっていて、これは珍しい。( ̄人 ̄)








売布神社13
さて、お参りが済んだので、御朱印を頂こうかな~と社務所へ・・・。




でも無人のようです。(^^;)








売布神社14
よく見ると、


「ご用のお方は 前の小さな石段を下り 社務所へお越し下さい。」



なるほど、本物の社務所は下ですか。(^^;)








売布神社15
石段をトコトコと下りると、普通に民家のようです。



ピンポ~ン。



ワタクシ : 「ス、スミマセ~ン。 御朱印くださ~い。 (´Д`) 」


社務所の方 : 「まあまあ、こんなに雨が降ってるのに・・・、」








売布神社16
確かに。


ふと、後ろを振り向くと、またどえらい雨が降っています。




お気遣い頂いて、ありがとうございます。(^^;)








売布神社17
こちらが頂きました御朱印。



おお、これは、ワタクシの中でレアな、オールハンコタイプ。


ありがとうございます。(^^)








売布神社18
御礼を申し上げて、そろそろおいとまです。



階段がな上に、雨で足元が悪いので、気を付けて。









売布神社19
無事、ふもとまで到着。


さてさて、そんなこんなで兵庫県は宝塚市の「売布神社」(めふじんじゃ)。



この雨と相まって、趣のある、静かなお参りをさせて頂きました。(^^)






でも、雨の度が過ぎて、もうひざまで濡れてズックズクです。(^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/106-fd3cd4d8