社寺巡り 兵庫・中山寺(なかやまでら) 「御本尊・御開帳」編 2009/9/14の続きになります。

中山寺の山門を出てすぐに、「市杵島姫神社」(いちきしまひめじんじゃ)
への案内看板発見。





市杵島姫神社1
「神仏習合の神・ぜひご参詣くださいませ。」





ぜひともお伺いさせて頂きます。(^^)








市杵島姫神社3
距離にして約150m。 じきに到着♪


石の鳥居に、神額は「市杵島姫神社」と掲げられています。








市杵島姫神社4
それでは、ひとしきり降る雨の中、鳥居をくぐり、


いざ潜入。








市杵島姫神社5
まずは、すぐ右手の手水舎でお清めを。


しかし、すごい水たまり。





と言ってもすでに足は、靴下まで雨が染み込んで、ズックズクですが。(^^;)








市杵島姫神社6
「!」

岩に塗り込められたが、顔だけ出しています。




こちらもまた珍しい手水舎です。(^^;)








市杵島姫神社7
古典の伝える宇気比(うけひ)の神話によれば清明なる神意を御示しになる為、
御神徳を現された神様である。
(以下、神社の石碑より抜粋。)





ここに出てくる「宇気比」(うけひ)とは、「誓約」(うけい:あらかじめ決めた通りの
結果が出るか否かによって、正否・吉凶などを判断する古代の一種の裁判)、の事
なのでしょうか。








市杵島姫神社8
天照大神の御神勅によって国土並に海上守護の神として祭られ、又一般には弁財天
と言われ、








市杵島姫神社9
福徳円満・長寿無量の福の神として或は弁舌音楽の神として上下の信仰の深い神である。




なるほど、神仏習合を強く感じます。








市杵島姫神社10
それでは失礼しまして、本社正面へ。

雨は降っていますが、かえってよい趣になっています。(^^)





主祭神

・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)




相殿神

・天照大神(あまてらすおおみかみ)
・熊野大神(くまののおおかみ)
・天児屋根命(あめのこやねのみこと)
・誉田別命(ほんだわけのみこと)








市杵島姫神社11
では、お参り~。( ̄人 ̄)








市杵島姫神社12
お参りのあとは失礼しまして、お社の側面も拝見。



本殿と渡り廊下で繋がっていて、珍しい造りです。








市杵島姫神社13
その後は、左奥に在る末社にてお参り。( ̄人 ̄)




名称はわかりませんでした。(^^;)








市杵島姫神社14
さて、次へ向かうため、そろそろおいとましましょう。


ありがとうございました。( ̄人 ̄)








市杵島姫神社15
さてさて、兵庫は宝塚市の「市杵島姫神社」(いちきしまひめじんじゃ)。



雨の中、趣のある、とても静かなお参りをさせて頂きました。(^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/105-6934a979