社寺巡り 大阪・総持寺 「御本尊・御開帳」編 2009/9/7の続きで、
茨木神社(いばらきじんじゃ)」へ向かっています。



せっかく茨木市に来たので、ちょっと足を伸ばしました。(^^)





阪急・茨木市駅
阪急・総持寺駅からわずか一駅、「茨木市駅」をスタート。








茨木神社1
西方向へ一直線に進んでいくと、右手に見えてきます。







茨木神社2
じきに到着♪


大きな石の鳥居には、「茨木神社・天石門別神社」
(あまのいわとわけじんじゃ)と、連名で掲げられています。



それでは、気持ちを整えまして、鳥居をくぐらせて頂きましょう。


少し階段を下りる形になるんですね。








茨木神社3
いざ潜入。


おお、ずどーんと一直線に、長い参道が続いています。 スゴイ。



当神社は、今から千百余年の昔、平城天皇の御代大同二年、坂上田村麻呂
が荊切の里をつくった時、当神社奥宮・天石門別神社(あまのいわとわけじんじゃ)が
今日の宮元町に鎮座されたと伝えられています。
(以下、由緒書きより抜粋。)








茨木神社4
以来、中条村・茨木村の氏神として多くの人々の崇敬をあつめ、楠木正成公
茨木城築城の際、現在の地へ奉遷し、以後代々の城主は厚い崇敬を捧げてまいりました。








茨木神社5
元亀・天正の頃、織田信長は天下統一の手段としてキリスト教の布教につとめ
近畿一円の神社仏閣を多数焼却するに際して、天照大御神、春日大神、八幡大神及び牛頭天皇
(素盞嗚大神・信長の産土神)の諸神は恐れ畏んで破壊しませんでした。



織田信長にも、怖いものはあったんですね。





人間、畏怖の念は必要です。( ̄人 ̄)








茨木神社6
まずは左手の「恵美須神社」(御祭神:事代主命・大国主命)でお参り。



そこで天石門別神社(あまのいわとわけじんじゃ)の社名を隠して牛頭天皇社と称して
焼却を免れ、後実際に素盞嗚尊を合祀したと摂津名所図会(寛政十年刊)
にも記されています。


なるほど、そのようなエピソードがあるんですね。 なかなかに興味深い。








茨木神社7
「恵美須神社」の右どなりは何かと思えば、市営駐車場への出入り口でした。



なかなか、サイバーな趣です。(^^;)








茨木神社8
その後は、「厳島神社」でお参り。


では、本社へ向かいましょう。(^^)








茨木神社9
その前に、こちらの手水舎でお清め。


メタリックなドラゴンがまた、サイバーな感じです。(^^;)








茨木神社10
それでは失礼しまして、正面へ。



御祭神

・建速素盞嗚尊(たけはやすさのおのみこと)


配祀

・誉田別命(ほんたわけのみこと)
・天児屋根命(あめのこやねのみこと)








茨木神社11
では、御賽銭を入れて鈴を鳴らし、手順正しく、



お参り~。( ̄人 ̄)






先ほどの「総持寺」と違って、人が少ないので落ち着いてお参りが出来ます。(^^;)








茨木神社12
本社の右手をのぞくと、おお、奥宮が見えます。


しかし、参道を含めて、ずどーんと一直線な配置なので、さながら禅寺の
七堂伽藍(しちどうがらん)の様相です。(^^;)








茨木神社13
さて、奥宮へ到着。



式内 天石門別神社(あまのいわとわけじんじゃ)

御祭神
・天手力男命(あめのたぢからおのみこと)

配祀 豊国神・東照神
・天宇受売命(おめのうずめのみこと)




神明造りというんでしょうか。

高床式で、古式な感じで、とても風格がある神社です。




伊勢神宮っぽくてカッコイイ。(^^) ←(神社にカッコイイって)








茨木神社14
左手の「愛宕神社」(御祭神:火産霊神)と、右手の「皇大神宮」(御祭神:天照大御神)と
合わせてお参り~。( ̄人 ̄)




三社とも、それぞれに鳥居の形が違っていて、スゴイ。








茨木神社15
更にその奥にある「稲荷神社」(御祭神:宇迦御魂神・猿田彦神)でもお参りさせて頂きます。


しかし、こちら茨木神社、奥が深い。(^^;)











茨木神社16
本社横まで戻ってきました。


しばし境内を拝見。



立派な松の木がたくさん茂っていて、趣のある神域です。(^^)








茨木神社17
最後に、「皇太神社」(御祭神:天照大御神)、


そして、「天満宮」(菅原道真公)・「主原神社」(天児屋根命・応神天皇)・「多賀神社」
(伊射那岐尊)でお参り~。( ̄人 ̄)




こちらのお社は、最近建て替えられたのでしょうか。 とても真新しくて、清々しい。(^^)








茨木神社18
また長居しましたので、そろそろおいとまを。



その前に、社務所で御朱印を頂きましょう。








茨木神社19
こちらが、頂きました御朱印。


ありがとうございます。(^^)








茨木神社20
さてさて、大阪は「茨木神社」(いばらきじんじゃ)。


ゆっくりと、落ち着いたお参りをさせて頂きました。




末社も多く、また歴史に触れることもでき、大満足のひと時でした。(^^)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
Secret

この記事のトラックバックURL
→http://watashaji.blog81.fc2.com/tb.php/102-bd193397