社寺巡り 2013年:お伊勢参り 近鉄特急・「しまかぜ」乗りました。 2013/12/28
の続きで、


お次は本来の目的、「お伊勢参り」へ。 (^^;)







2013年・お伊勢参り1
プレミアム特急・「しまかぜ」にお別れし、伊勢市駅の改札を出ます。




まずは徒歩で「外宮」(げくう)を目指しましょう。









2013年・お伊勢参り2
おや、辺りをよく見ると、駅舎とバス乗り場をつなぐ回廊が出来ていたり、
タイルもキレイに張り替えられていたりと、



駅前広場の整備が進んでいて、去年とはずい分違う印象を受けます。





なるほど、これも式年遷宮に合わせて景観も美しく整備されたんですね。









2013年・お伊勢参り3
キレイになった駅前広場を西へ通り抜け、「月夜見宮」(つきよみのみや)で
お参りを。 ( ̄人 ̄)



いや、実はいつも外宮に向かう前に、合わせて近くの「須原大社」などにもち寄って、
お参りさせて頂いているんです。



なかなか三重県まで来る機会がありませんからね~。









2013年・お伊勢参り4
そして、やっと外宮へ到着♪ (^^;)



今年は例年に比べて、外宮にも参拝者がいようですね。





観光ツアーなどでも内宮だけ、という場合が多いようなので、ぜひどちらにも
多くの方にお参りして頂きたいものです・・・。 ( ̄人 ̄)









2013年・お伊勢参り5
ちなみに伊勢神宮は、外宮から内宮へとお参りするのが正式なんですね。


これは、神宮の祭典がまず外宮から行なわれる外宮先祭(げくうせんさい)、
という慣わしが由来になっているんだそうな。







おや、そう言えば、「しまかぜ」に乗っている時はが降っていましたが、いつの間にか
止んで良いお天気に。 (゚д゚)




これも日ごろの行いが良いからでしょう。 ( ̄人 ̄)    ←(またご都合主義)









2013年・お伊勢参り6
そんな事を言っている内に、御正宮(ごしょうぐう)に到着。 (^^;)



いつもはこの鳥居をくぐってお参りしていましたが、こちらにはもう神様
おられません。




20年に一度、内宮・外宮の建物、御装束(おんしょうぞく)や神宝の全てを造り替える
式年遷宮の儀式によって、神様もお引越しされたからなんですね。









2013年・お伊勢参り7
築20年ともなると、風雨にさらされた茅葺のお屋根は苔むして、各部にもやはり
傷みが見られます。



これはこれではあると思うんですが・・・。





でも日本人は古来より、り返し再生する事で、瑞々しい力の永続を祈り、若々しい
生命の輝きを求めて来たんですね。



それがまさに式年遷宮であり、神道における常若(とこわか)の精神であるとか。


常にこうして新調し続ける事の意味が、少し理解出来たような気がします・・・。 ( ̄人 ̄)









2013年・お伊勢参り8
お話が少々難しくなりましたが、門内をズームしてパチリ♪ (^^;)



門中央の白い布・御幌(みとばり)も外されて、奥は御正殿の扉まで臨む事が出来ます。


こうして正面から拝見すると、奥行きに結構な距離がある事に、改めて驚き。 (^^;)






ちなみにこちらの旧御正宮、来年の3月一杯までは残されるんですね。



高価なの木材を多用した神殿、解体された後どうなるのかな~と思って、
近くの守衛さんにお聞きしたところ、


各地の神社に譲渡され、建物の修復などに使われるそうな。





なるほど、ちゃんとリサイクルされるワケですね。 何か一安心。 (^^;)









2013年・お伊勢参り9
さて、では肝心の神様は、どちらにお引越しされたのか? (゚д゚)



それは旧御正宮の、すぐとなり。 (^^;)









2013年・お伊勢参り10
おお~、鳥居に垣、そして門も含め、全てがしい。 w(*゚0゚*)w




御祭神

・豊受大御神(とようけのおおみかみ)





「豊受大御神」は、お米を始め衣食住を護り、内宮の御祭神・天照大御神の
食事の守護神でもあるんですね。





今年も一年間、無事にありがとうございました・・・。 ( ̄人 ̄)





この真新しい御正宮を前に、ワタクシも特に気持ちを改めてお参りさせて頂きます。









2013年・お伊勢参り11
そして最後は、新・旧御正宮をフレームに入れて、パチリ♪



同じ形の神殿が横並びで存在しているのは、何だか不思議な感覚。 (^^;)





でもホント、こんな光景も20年に一度しか拝見出来ませんので、かなりレアかと。 (^^;)









2013年・お伊勢参り13
さて、お次はバスに乗って内宮へ向かいましょう。




内宮までは歩けない距離ではないんですが、1時間ほど掛かってしまうので、


いつもラクをしてバスに乗ってしまうワケであります。 (^^;)









2013年・お伊勢参り14
さすがにこちら内宮は、かなりの人出。




20年に一度のビッグイベントですからね~。



今年は特に、日本全国から参拝者が訪れているようです。









2013年・お伊勢参り16
またダラダラ書くクセが出ているので、き気味に。 (^^;)




おや、こちら内宮の場合、旧御正宮のエリアはロープが張られて、立ち入る事が
出来ないんですね。



新・旧比較のお写真が撮れず、残念。 (^^;)









2013年・お伊勢参り17
こちら内宮の御正宮も、真新しくて実にすがすがしい。 (^^)




気持ちを整えながら、一歩ずつ階段を上って行きます。









2013年・お伊勢参り18


御祭神

・天照大御神(あまてらすおおみかみ)





一年間、無事にありがとうございました~。 ( ̄人 ̄)







いつもながらワタクシ、伊勢神宮では特にお願い事はせず、主に一年のご報告と
御礼を申し上げるようにしているんです。 (^^;)









2013年・お伊勢参り19
その後はじっくりと、別宮にもって行きます。




それにしても今年もワタクシ的に、何かと色々と起こった年になりましたが、
大きな怪我や病気もなく、こうして無事にお伊勢参りをさせて頂ける事に、



心から感謝している次第なんです。 ( ̄人 ̄)









2013年・お伊勢参り20
ホント、ベタながら健康が一番大事であるような気がする今日この頃だったり。 (^^;)









2013年・お伊勢参り21
そんな事を言いつつも、お参りのあとは、内宮・外宮それぞれで「角祓大麻」(かくはらい
たいま)と御朱印を頂いて、



ありがとうございました。 (^^;)









2013年・お伊勢参り23
さてさて、そんなこんなで、三重県・伊勢神宮、年末恒例のお伊勢参り。



今年は新型特急・しまかぜで豪華な列車の旅を味わえて、大満足。


その上今回は、1300年の永きに渡って受け継がれてきた式年遷宮
年にも当たって、大・大満足。 (^^)




お参りとしては、最高の形でとなった1年。





来年もまたこの流れで、無事に良いお伊勢参りが出来るよう、日々がんばりたいと
思います。 (^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト