今年も秋になり、紅葉の美しい季節を迎えようとしていますね~。




それと同時に、各社寺の特別公開ラッシュが掛かるシーズンでも
あったり・・・。 ( ̄人 ̄)






というワケで本日は、当ブログでも毎回ご紹介しておりますシリーズ、



財団法人・京都古文化保存協会が主催する、2013年・秋期
「非公開文化財・特別拝観」の詳細についての



レポなどを一つ。 ( ̄人 ̄)    ←(今ごろ)







確かに、今さら感は否めなかったり。 (^^;)





いや、いつもだと、→京都古文化保存協会・公式サイトをチェックして、特別公開の
詳細発表があると、ひとまずはご紹介するんですが・・・、





なにかとしく、ブログの更新もりがちで・・・、 (´д`)








2013年 京都・秋季・非公開文化財・特別公開1
何だか言い訳モードに入っているので、改めまして本題へ。 (^^;)





とりあえず、毎度「京なび」で頂いて来ましたコチラ、パンフレットから

公開ラインナップを拝見して参りましょう。 (^^;)






「北区」
上賀茂神社【かみがもじんじゃ】
真珠庵【しんじゅあん】(大徳寺山内)


「上京区」
清浄華院【しょうじょうけいん】
浄福寺【じょうふくじ】
廬山寺【ろざんじ】
慈受院【じじゅいん】
冷泉家【れいぜいけ】


「左京区」
下鴨神社【しもがもじんじゃ】
法然院【ほうねんいん】


「東山区」
知恩院三門【ちおんいんさんもん】
三十三間堂本坊 妙法院【みょうほういん】
東福寺三門【とうふくじさんもん】
永明院【ようめいいん】(東福寺山内)  <初公開>


「下京区」
西念寺【さいねんじ】  <初公開>


「南区」
東寺五重塔【とうじごじゅうのとう】


「伏見区」
城南宮【じょうなんぐう】


「宇治市」
放生院(橋寺)【ほうじょういん・はしでら】  <初公開>
恵心院【えしんいん】  <初公開>
興聖寺【こうしょうじ】  <初公開>


「八幡市」
石清水八幡宮【いわしみずはちまんぐう】
神應寺【じんのうじ】




・期間 : 平成25年11月1日(金)より11月10日(日)まで (社寺により異なる)
・拝観料 : 一ヶ所につき大人800円/中高生400円、小学生以下は
      保護者同伴一名につき一名無料







おお~、今回は全21ヵ所、そのうち初公開が5ヵ所ですか。



しかもその内、宇治市のお寺が一挙に3ヵ所も初公開されるとは、近年には
ない傾向で、フレッシュ。 (゚д゚)





これは太っ腹! (゚д゚)ノ






いや、何が太っ腹なのか自分でもよくりませんが、続いてパンフレットの

裏面も拝見を。 (^^;)









2013年 京都・秋季・非公開文化財・特別公開2
ちなみに裏面は、こうして所在地交通図が記されてあるんですね。





いつも全体像が把握できる地図で、巡る計画が立て易くて重宝していたんですが、


なぜか前回の春期分から、各エリアの拡大図表示になって、ワタクシ的には

見にくくなってしまったんですよね~。 (´д`)






でも今回の地図をよくると・・・、




なんと、元の広域図に戻ってる!? (@_@;)










(前回・春期分)
2013年 京都・春季:非公開文化財 特別公開 その2-2

地図の尺度は、見る人の使い方やみによるので何とも言えませんが、

それにしても、わずか1回きりで元に戻ってしまうとは、何かあったんでしょうか・・・。





見にくくなったと言う事で、財団に激しくクレームをつけた人がいるのかも

知れません。 ( ̄人 ̄)     ←(そんなヒトいないでしょう)






ちなみにワタクシではありませんので、 のため。 (^^;)










放生院(橋寺):「地蔵菩薩像」
2013年 京都・秋季・非公開文化財・特別公開3


さてさて、そんなこんなで、2013年・秋季、

第四十九回・京都「非公開文化財・ 特別拝観」。  (^^;)




またダラダラと書いてしまいましたが、数ある特別公開の中でも、ワタクシはいつも
しみにしているシリーズなんですよね~。



とりあえずはまた、初公開の箇所をっていこうと思います。 (^^)






拝観ではいつも、たっぷりと詳しいご説明も頂けるし、



また長居してしまいそうな予感・・・。 (^^;)






スポンサーサイト