神戸南京町・「上海餃子」(しゃんはいぎょうざ) 2011/09/25

続きで、まだ南京町(なんきんまち)をウロウロ。 (^^;)




見どころの多い中華街、が経つのを忘れてしまいます。








花隈厳島神社1
でも、せっかく神戸に来たので、一ヶ所くらいは社寺を巡って
おきましょう。 (^^;)



名残惜しいですが、ここで南京町とはお別れ。





気持ちを新たに、元町商店街を抜けてんでいきます。








花隈厳島神社2
さてアーケードを抜けて、目指す神社はこの花隈公園の先に
あるようです。



いや、特にお目当てはありません。地図を見ると近くに神社
あったので。 (^^;)





それにしても、以前は出先で社寺などをす時、ポケット地図を
使っていたんですが、








au・IS03-1
今では、→au・IS03ケータイ、入手しました。 2011/01/30で書きました、

スマートフォンで調べられるので、便利。 (^^)






でも、このau・IS03、1月に手に入れた時は最新機種で、
うれしくてウハウハ言っていましたが、



今となっては、早くも機種な趣が・・・。 (´д`)






更に、同じauからiPhone5が発売されるという噂もあるし・・・。 (´д`)








花隈厳島神社3
今はそんなどうでもいい情報は、置いておいて。 (^^;)





先へ進むと、朱塗りの鳥居が見えてきました。 (^^;)








花隈厳島神社4
というワケで、無事に「花隈厳島神社」(はなくまいつくしまじんじゃ)へ到着♪





それでは失礼しまして、鳥居の正面へ。








花隈厳島神社5
フト見上げると、鳥居に掲げられている神額が目に入りましたが、



あまりに塗装が剥がれていて、解読不能です。 (^^;)










「清盛七辨天」
花隈厳島神社6
右手の看板を見ると、どうやらこちらは弁天めぐりの一社のようです。





しかも、いきなり最終の地だった模様。 (^^;)








花隈厳島神社7
おや、左手の垣には、「花隈芸妓協同組合」なる文字が。



ここ神戸の花隈にも、花街(かがい)があるんでしょうか。





花街と聞けば、チョトになるところです。 (^^;)








花隈厳島神社8
さて、前置きがくなりました。 (^^;)





それでは気持ちを整えまして、いざ潜入~。








花隈厳島神社9
まずはこちら手水舎で、おめを。





平安末期、平清盛が福原京を神戸に造営した際、清盛が崇敬
していた広島の厳島神社の神を神戸の地に7箇所勧請され、
当社はその内の1社と伝えられている。
(以下、兵庫県神道青年会のサイトより抜粋。)





なるほど、入口の看板通り、清盛公と大変ゆかりの深いお社のようです。








花隈厳島神社10
すぐおとなりの小さなお塚、「白龍大明神」様でまずはお参りを。 ( ̄人 ̄)





もとは宇治川尻(左岸)にあったが、明治初年頃、神戸港建設や中央郵便局
建設に伴い、2度の遷座を余儀なくされた。








花隈厳島神社11
フト見上げると、御神木と共に高層マンションがそびえ立っていて、
やや圧迫感が。 (^^;)






戦後間もない昭和21~2年頃、現在の花隈の地にお鎮まりになられた。
鳥居には「神戸最初船場鎮守」と書かれた額が
掲げられている。






なるほど、鳥居の神額にはそう記されてあったんですね。


が解けました。 (^^;)








花隈厳島神社12
参道左手に祀られている三社でもお参りを。 ( ̄人 ̄)



・地清め竜神社
・大國主命 美穂津姫命 事代主命神社
・稲荷神社






宇治川(暗渠)と国道2号線の交わるあたりの地名が弁天町である
ことなど、古くより地域の鎮守として、人々より篤い崇敬を受けていたことを
物語っている。








花隈厳島神社13
それでは、御本殿前でお参りを。




御祭神


・市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)
・大物主命(おおものぬしのみこと)








花隈厳島神社14
それではお賽銭をすべり込ませ、



手順正しく、静かにお参りさせて頂きます・・・。 ( ̄人 ̄)








それにしても神戸の中心地に在りながら、とても静かな境内で、
心がみます・・・。








花隈厳島神社15
そう言いつつも、スキを狙って、



また殿内も撮ってしまいました。





もうしわけありません。 (^^;)  ←(また)






いや、御本殿の扉が少しいていたもので、つい。 (^^;)








花隈厳島神社16
後ろ側にも廻って、パチリ♪



なるほど、こちらは月極駐車場になっているんですね。





さて、また長居したので、そろそろおいとましましょう。 (^^;)








花隈厳島神社17
小さなお社なので社務所も見当たらず、御朱印は頂けない
だろうな~と思っていると、



御本殿脇に、セルフサービスっぽいハンコが。 (゚д゚)






でも、台がグラグラで、チョトアブナイ。 (((゚д゚)))=(((゚д゚)))








花隈厳島神社18
横揺れに気を付けながら、いらない紙に試し押ししてみると、

どうやら弁天めぐりの印のもよう。






これを自分の御朱印帳に押して自己納得しようとしましたが、



どうも納得がいかない。 (^^;)  ←(納得いかないヒト)






そもそも、インクが黒いし。 (^^;)






でも、ここに弁天めぐりのハンコがあるなら、神社の御朱印もあるかな~と・・・、








花隈厳島神社19
というワケで、神社の電話番号を、愛用のスマートフォンで調べて・・・、



「モシモシ・・・、 (´д`)  」    ←(ホントに電話するヒト)






すると・・・、 (^^;)






神社の方 : 「はい、和田神社です。」






エッ、掛け間違えた!?  (゚д゚;)






よく聞くと、こちら花隈厳島神社、いつもは無人なので、電話が
あると近くの和田神社さんへ転送されるように設定しているとの事。





なるほど、チョトビックリした。 (^^;)








花隈厳島神社20
さてさて、そんなこんなで、神戸・中央区は「花隈厳島神社」
(はなくまいつくしまじんじゃ)。



神戸の中心地にある神社ですが、とてもかなお参りをさせて頂きました。 (^^)





ちなみにお電話しました和田神社。



まだ時間がありますし、花隈厳島神社との関係も何か判るかもしれませんので、
ちょっとってみましょうか。





先週からこのネタ、やや引っ張り気味ですが・・・。 (^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト