5/30(日)。 当ブログではの、奈良県の社寺をめぐって参りました。(^^)



710年の平城遷都(へいじょうせんと)から、1300年を経た節目となる2010年。



それを記念して奈良県の各地では、イベントや社寺の特別公開など、
様々な催しが一年を通して盛大に開催されているんです。





遷都1300年・奈良の旅1
こんなガイドブックまで買ってみたりして。(^^;)








遷都1300年・奈良の旅2
というわけで本日は、近鉄・京都駅をスタート。


おお、いきなり「平城遷都1300年祭」の宣伝が目に付きます。








遷都1300年・奈良の旅3
今日はちょっと贅沢して、特急に乗っちゃいます。(^^;)








遷都1300年・奈良の旅4
そして程よくお時間になり、列車は奈良へ向かっていざ発車。


乗車時間は40分ほどのようです。








遷都1300年・奈良の旅5
さてまずは、サブウェイ京都ポルタ店で買っておいた、「えびアボカドサンド」で
腹ごしらえ。



ここで、ワタクシが勝手に作った格言を一つ。


「腹が減っては、社寺は巡れぬ。」 (^^) ←(また言ってる。)








遷都1300年・奈良の旅6
いや~、しかし今日はまたいい天気。


のどかな車窓風景を眺めながら頂くサンドは格別です。(^^)






ちなみに今回の、都が遷都してから1300年を祝うお祭りは、世界的に見ても
珍しいらしく、1300年前に都があった場所と同じ場所で開催できることは
とてもすごいことなんだそうな。








遷都1300年・奈良の旅8
おお。 窓の外を眺めていると、第一次「大極殿」(だいごくでん)が
見えてきたので、すかさずパチリ♪




710年の平城京遷都の際に、国家的な儀式が行なわれる正殿として建設。

メイン会場である平城京跡に、こうやって記念して緻密に復元されたんですね。





今回は社寺めぐりがメインなので、こちらはまた次の機会に訪れたいと思います。(^^;)








遷都1300年・奈良の旅9
そうこうしている内に、あっという間に奈良駅へ到着。








遷都1300年・奈良の旅10
改札を出ると、公式マスコットキャラクターの「せんとくん」がお出迎え。



強烈なインパクトに、登場した当初は色々と物議を醸し出しましたが、
今となっては何だか見慣れてしまったような。



慣れって怖い。(^^;)








遷都1300年・奈良の旅11
さてさて、毎度ここまで長くなったので、一度終えまして、
奈良県は「平城遷都1300年祭」。



お参りスタートです。 (^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト