6/30(木)。 水無月(みなづき)食べました。  ( ̄人 ̄)






いや、唐突なくだりで恐縮ですが、本日は夏越祓(なごしのはらえ)
の日なんですね。 (^^;)



各神社では6月の後半に、日々の罪・汚れをい清め、暑い夏を無事に
過ごし、 残る半年の無病息災を祈願する神事が行われるんです。









2016年・水無月1
その一年の丁度折り返しである「夏越祓」に合わせて、関西のごく一部では

水無月(みなづき)と呼ばれる和菓子を頂く風習がありまして・・・、



いや、これも最近まで全国区的な行事と思い込んでいたり。 (^^;)









2016年・水無月2
そう言いつつも、近所のスーパーで購入した水無月を御賞味。 (^^;)



ちなみに「水無月」とは、ういろう生地に小豆をのせて、三角形に切った
和菓子の事。



直前まで冷蔵庫に入れていたので、え冷え。 (^^;)






2016年・水無月5
ちなみに旧暦6月1日は、「氷の節句」または「氷の朔日」といわれ、
室町時代には幕府や宮中で年中行事とされていたそうな。


この日になると御所では、「氷室」(ひむろ)のを取り寄せて、
その氷を口にして暑気を払っていたんですね。




でもでもなるほど、当時の庶民にとって夏の氷など食べられるもの
ではなく、そこで宮中の貴族にならって、

氷をどった菓子・「水無月」が作られるようになったワケですか。



小豆は邪気払い、三角形は暑気払いのを表しているとか。









祝・ブログ開設七周年6
節分の日にしても然り、豆には古来より、魔を滅する「魔滅」(まめ)
という 意味が込められている事から、


魔除けや厄除けの供物として儀式などに使われたそうな。  ( ̄人 ̄)









2016年・水無月3
そう言いながらも、ペロリと平らげて、ご馳走様でした~。 ( ̄人 ̄)




いや、る前なので控えめにしようと思いながらも、


結局フル食してしまうし。 (^^;)









2016年・水無月4
さてさて、そんなこんなで、2016年・水無月(みなづき)。  (^^;)


梅雨もまだ明けておらず、夏本番もまだながら十分にし暑い今日この頃。

そんな中たい水無月を頂いて、暑気が払われました。 (^^)


でもまずはこうして半年間、無事に過ごせた事に感謝を・・・。 ( ̄人 ̄)




そう言えば、今年はまだの輪くぐりをしていませんでした。


これもまた、どちらかのお社にれねば・・・。 (^^;)





スポンサーサイト
社寺巡り 大阪市・北区 「綱敷天神社 御旅社」(つなしきてんじんしゃ おたびしゃ) 
2014/08/27
の続きで、


まだ梅田周辺をウロウロ。 (^^;)




いや、この日はお昼ご飯を食べる機会を逃してしまって、もう夕方になって
しまったんですよね~。



おウチに帰る前に、何か軽くでも食べておきたいな~と、辺りを探していると・・・、








梅田 回転すし さかえ・北店1
回転すしの看板を発見。 (゚д゚)




そう言えば回転寿司とは、暫く訪れていませんでした。



なるほど、こちらだと注文したりつ必要もありませんし、食べる
自分で調節できますし、



これはお手軽かも。 (゚д゚)









梅田 回転すし さかえ・北店2
というワケで、い込まれるように、お邪魔します~。 (^^;)




いや、お夕飯前の軽い軽食という事で、あくまで少なめに。 (^^;)









梅田 回転すし さかえ・北店3
さて、案内されました椅子に着席して辺りを見渡すと、なるほど、カウンター
のみのお席になるんですね。




さすがに午後4時という中途半端な時間帯だと、お客さんの姿もまばら。 (^^;)









梅田 回転すし さかえ・北店4
目の前に掲げられたお品書きを拝見しますと、一皿130円均一ですか。



お手頃価格なのに、品数は50種類以上と、これまた本格的。




レーンには多くのお寿司が流れていますが、手始めにから頂きましょうかね~・・・、









梅田 回転すし さかえ・北店5
まずはおビールを頼んだりして。 (^^;)



いや、この時季の社寺巡りは、何気にノドが渇くんです。 (^^;)




別にい訳をする必要はありませんか。 (^^;)









梅田 回転すし さかえ・北店6
ぷは~、 おいし~。 (;゚д゚) =3



喉が渇いた時の一口目のビール、何物にも代えがたい美味しさです。




そう言いつつもワタクシ、そんなにお酒にはくないので、気を付けて飲まねば。



調子に乗って一気に飲んでしまうと、れてしまいます。 (^^;)









梅田 回転すし さかえ・北店7
お寿司の方も頂きましょう。 (^^;)



何気なく手に取った一皿目は、サーモンユッケと思しき軍艦巻き。





いや、実際は「ネギトロうずら」だそうな。 (^^;)    ←(全然違う)










梅田 回転すし さかえ・北店8
でもでも、脂の乗ったトロと、濃厚なうずらの黄身が相まって、何とも
まったりとした口当たりに包まれます。



海苔の風味と小ネギのアクセントも加わって、クセになりそうな味わい。





商品名を勘違いしながらも、一皿目からたりを引いた感が。 (^^;)









梅田 回転すし さかえ・北店9
お次に、明太子はしっかりとボリュームがありながら、しかも二貫入り。



これでも一皿130円とは、並々ならぬ企業努力が感じられます。





プチプチの食感、明太子特有の風味、そして程よい塩気に、ビールもむ。 (^^;)









梅田 回転すし さかえ・北店10
おかかを添えた、厚焼き玉子の様な一品もあるんですね。


これまたビールにうと言いますか、




いつの間にか居酒屋的な利用になっていたりして。 (^^;)









梅田 回転すし さかえ・北店11
お寿司屋さん本来の、お魚の一皿もご賞味も。 (^^;)




こちらはハマチでしょうか、触感はコリコリと、鮮度も申し分なし。



全体的なレベルのさがうかがえます。









梅田 回転すし さかえ・北店12
フト壁面を見ると、通常のメニューに加えて、さらに季節的なネタや、その時々の
仕入れに応じたネタも、こうして提供されるんですね。




トータルすると、スゴイのネタ。 









梅田 回転すし さかえ・北店13
時間帯的にお客さんの人数は少ないながら、レーンには隙間なくみっちりとお寿司を
されているのも、これまたスゴイ。



見た感じ、お客さんの回転も速く、常連さんも多い様で、そういった層のニーズに
応えるための策かも知れません。





休日なのにファミリー層の姿は全く見られないので、まさにをターゲットに
したお店なのかも。 (^^;)









梅田 回転すし さかえ・北店14
目の前で職人さん方が、手際よく握っておられますよ。



大手の回転寿司屋チェーン店では、シャリも機械で握ることが多いそうですが、


こちらでは全て職人さんの作業とは、これまたこだわりが感じられます。









梅田 回転すし さかえ・北店15
さてワタクシも、もう少し頂きましょう。  (^^;)



これまた流れて来たばかりで、エビアボカドの軍艦巻き。





エビの旨み、そしてアボカドの風味と舌触りが相まって、実に



マロヤカ。 (゚д゚)









梅田 回転すし さかえ・北店16
続いて、これまた流れて来たばかりのマグロアボカドの軍艦巻き。





マグロの旨み、そしてアボカドの風味と舌触りが相まって、実に



ナメラカ。 (゚д゚)      ←(コメント内容かぶり気味)






いや、食レポはあまり得意分野ではありませんので。 (^^;)









梅田 回転すし さかえ・北店17
でもホント、予想以上においしいお寿司で、少しのつもりが7皿も食べて
しまうし。 (^^;)






さて、そんな事でまた何気に長居してしまいました。









梅田 回転すし さかえ・北店18
最後は熱いお茶を頂いて、ごちそうさまでした~。 ( ̄人 ̄)









梅田 回転すし さかえ・北店19
さてさて、そんなこんなで、大阪 梅田の回転すし・「さかえ」北店。


ふらりと立ち寄りましたが、130円均一ながら本格的なお寿司を頂けました。 (^^)



今回、お一人様で静かに頂けたのも、ポイントが高かったですね~。 (^^;)




回転寿司店としては、意外と穴場的なお店なのかも・・・。



また近くに寄った際には、リピするかも知れません。 (^^;)






powered by TomiryuMap






さて本日は、超久しぶりに、グルメレポなどを一つ。 ( ̄人 ̄)





いや先日、→ウイルス性胃腸炎にかかりました。 2014/01/09で、どうでもいい系の
日常記事を書いたので、


どうでもいいネタがりで、今回も更新をと。 (^^;)





ちなみにお陰様で、現在はすっかり体調もよくなって、完全復活致しました。 m(_ _)m









ラーメン・太龍軒なんば店1
そんな事を言いつつも、また更新がりまして、3日(金)のお話になりますが、

これまた超久しぶりに、大阪・ミナミヘやって参りました。 (^^;)




それにしても、お正月は三が日からスゴイ人出ですね~。





24時間・らない街とも呼ばれるだけあって、本当に年中無休な趣。 (^^;)









ラーメン・太龍軒なんば店2
こうして道頓堀の風景を眺めていると・・・、




何だか、ミナミの帝王のワンシーンを連想したり。 (^^;)    ←(テレビの見すぎ)









ラーメン・太龍軒なんば店3
かに道楽の立体看板も、こうして間近で拝見すると、




改めて、濃いですね~。 (^^;)









ラーメン・太龍軒なんば店4
それにつられてか、周りの店舗も応酬するかのごとく。 (^^;)




大阪王将では巨大な餃子の立体看板まで掲げてあるとは、



これまた濃い。 (^^;)









ラーメン・太龍軒なんば店5
それにしても、グルメの街でもあるミナミ。



辺りの飲食店からは、食欲をそそる良い香りが・・・。 (´д`)





そう言えば、そろそろお昼時でした。




ワタクシもこのタイミングで、お昼ご飯にしましょうか。









ラーメン・太龍軒なんば店6
何にしようかと迷いつつ、この日もいので、久しぶりにラーメンなどを
頂こうかと、周辺をウロウロ。




ちなみにこの周辺は、ラーメン激戦区でもあるんですね。





こうしてざっと見ただけでも、「ラーメン東大」、「金久右衛門」、「神座」、「作ノ作」などなど、


名店が乱立しているのが伺えます。





いやワタクシ、そんなにラーメンにしくないんですけどね。 (^^;)





そんな事を言っていると・・・、









ラーメン・太龍軒なんば店7
20時間以上炊き続ける豚骨スープ」、

「上質な小麦粉を使用した自家製麺」、云々・・・。





こだわりのフレーズが連なる看板に惹かれて、ち止まる事に。









ラーメン・太龍軒なんば店8
立て看板を拝見すると、オトクで豊富な定食メニューが揃っているのも、嬉しい所です。



しかもいずれのラーメンにも、大きな海苔が3枚も入っているのが、インパクト大。 (゚д゚)









ラーメン・太龍軒なんば店9
その上、ラーメンを注文したお客さんは、+100円でライスをべ放題とは、これまた


インパクト大。 (゚д゚)









ラーメン・太龍軒なんば店10
そんなこだわり・オトク情報に加えて、空腹も相まって、



い込まれるように店内へ、お邪魔します~。 (^^;)









ラーメン・太龍軒なんば店11
お昼時ともあって店内は満席の盛況ぶり。



運良くすんなりとお席に着けましたが、お店の外には行列ができ始めています。









ラーメン・太龍軒なんば店12
さてワタクシは、券売機で購入した食券をお渡しし、お冷を頂きながら店内の拝見を。




L字型に配置された、カウンター13席のみのお店なんですね。


厨房はお手入れが行き届いていて、とても清潔な印象を受けます。




全体的にしい感じがするな~と、公式サイトを拝見したところ、それもそのはず、

昨年の6月にオープンしたばかりの模様。




東京は「恵比寿」に本店があるそうな。









ラーメン・太龍軒なんば店13
そうこうしている内に、給仕頂けました。



ちなみに今回はシンプルに、ラーメンライスをチョイス。 (^^;)





それではさっそく、頂き申し上げます~。  ( ̄人 ̄)









ラーメン・太龍軒なんば店14
まずは、スープを一口、 ズズ。



とろみのある豚骨醤油スープ。 さすが20時間以上き続けられただけあって、

濃厚で深みのある味わいは、実にオイシイ。 (゚д゚)




豚骨特有の臭みも全く感じられません。









ラーメン・太龍軒なんば店15
フト案内書きを拝見すると、ご飯との相性がとてもよいスープなんだそうな。



なるほど、お味がややい目に感じたのは、ご飯との相性を考えた設定なのかも
知れません。









ラーメン・太龍軒なんば店16
でもホント、このおいしいスープだけでご飯がどんどんみます。 (^^;)









ラーメン・太龍軒なんば店17
肝心ののほうも。 (^^;)




お箸で持ち上げてみると・・・、


おお、これはかなりの太麺。




茹で時間も絶妙で、プリプリとしたごたえ、越しはつるりと、スープとの
バランスもバッチリです。









ラーメン・太龍軒なんば店18
チャーシューはお箸で摘むと、崩れるほどらかく煮込まれています。





このチャーシューでもまたご飯が進む。 (^^;)









ラーメン・太龍軒なんば店19
おや、その下にはほうれん草が隠れていたんですね。




麺類+ご飯という、炭水化物最強タッグでは栄養も偏りがちなので、


こうしてお野菜がえられているのは、実にウレシイ限りです。 (^^;)









ラーメン・太龍軒なんば店20
そのトッピング全てを海苔で巻いて、またご飯を頂いてみたり。 (^^;)









ラーメン・太龍軒なんば店21
そんな食べ方をしているとご飯がなくなって、ほとんどだけが残ってしまった。

あらら。 (^^;)




いやホント、麺のも多いようなので、がんばって食べねば。 (^^;)









ラーメン・太龍軒なんば店22
フト厨房を見ると、煮上がったばかりの山盛りのチャーシューが。 スゴイ。 (゚д゚;)




見た目のあまりのボリュームに圧倒されて、お箸が止まってしまった。 (^^;)









ラーメン・太龍軒なんば店24
元来食べるのがい上に、グズグズしていると、お昼時も終わって周りのお客さんは

どんどんて行くし。 (´д`)









ラーメン・太龍軒なんば店23
これまたスゴイ超大盛! (@_@;)




次に入ってきたお客さんが注文したラーメン、トッピングの「キャベツ・もやし・ニンニク」が

これでもかと盛られていて圧巻。





う~ん、「太龍軒」、ガッツリ系のお店かも? (^^;)     ←(気付くの遅い)









ラーメン・太龍軒なんば店25
ワタクシもがんばって、スパートをかけましょう。



いや、早く食べないと、残ったスープを吸ってい麺が更にくなりつつあるので。 (^^;)









ラーメン・太龍軒なんば店27
そう言いながらも、時間は掛かりましたが、完食。 ( ̄人 ̄)









ラーメン・太龍軒なんば店28
お冷で一息つかせて頂いたので、そろそろおいとましましょう。




と言いますか、ラーメン屋さんで50分は長居しすぎです。 (^^;)









ラーメン・太龍軒なんば店29
さてさて、そんなこんなで、大阪は「太龍軒」(たいりゅうけん)・なんば店。


ふらりと立ち寄りましたが、本格的な豚骨醤油ラーメン、大変おいしゅう頂きました。 (^^)



予想外にボリューミーで、食べるのにえらく時間が掛かってしまいましたが。 (^^;)




ご飯のべ放題もまったく出来ず、残念。 (^^;)




また訪れる機会があれば、もっとお腹を空かせてガッツリ行こうと思います。 (^^;)






powered by TomiryuMap






社寺巡り大阪府・三島郡「水無瀬神宮」(みなせじんぐう)茅の輪くぐり 2013/07/14
の続きで、



ややっ張り気味に、夏越祓(なごしのはらえ)ネタをもう少し。 (^^;)









2013年・水無月17
毎年、夏越祓に合わせて食しております和菓子・水無月(みなづき)。



おととしは買いれ、そして去年は売り切れ寸前をご購入と、





ここ何年か、ドタバタ続きだったんですよね~。 (^^;)









2013年・水無月1
そんな事から、今年はれまいぞ~と、ずっと意識しておりまして。 (^^;)









2013年・水無月2
そうり言をブツブツ言いながら、お社を出て西側に進んでいると、


じきにスーパー・mandai(マンダイ)・水無瀬店を発見。 (゚д゚)





関西を中心に展開される、ややローカルなスーパーマーケットですが、こういう
地元密着型のお店なら、水無月もあるかなと立ち寄ったところ・・・、









2013年・水無月3
おお、予想が的中。


店頭のPOPには、特設の和菓子コーナーで販売している旨が掲示されています。





今年は余裕を持って、ご購入出来そうです。 (^^;)








2013年・水無月4
さっそく店内にお邪魔したところ、これはしい。




エアコンと、冷ケースからガンガン出て来る冷気で、ちょっと寒いくらい。 (^^;)









2013年・水無月5
暑い中、お参りで火照った身体がクールダウンできた頃合いに、「水無月」の
特設売り場へ到着♪



それにしてもPOPをよく拝見すると、商品名は「水無月」なんですね。





頭に「夢」を付けるとは、何とも奥ゆかしいネーミングセンスを感じます・・・。 ( ̄人 ̄)









2013年・水無月6
またブツブツ言っていると、商品はわざわざ店員さんがり分けて下さるんですね。


恐縮です。 (^^;)









2013年・水無月7
そして、こちらがオウチに帰ってから開封しました水無月。




二つのを、それぞれ1個ずつ購入しました。 (^^)









2013年・水無月8
ちなみに今回盛り付ける小皿は、京おどりのお茶席で頂けたお品。









2013年・水無月9
いや今年の4月、チケットをお安く譲って頂けたので、今回めて舞台を拝見
しまして・・・。 (^^;)









2013年・水無月10
京都五花街(ごかがい)の内、宮川町で上演される、年に一度の芸・舞妓さんの
舞踊公演。




感動を覚えるほどの、優雅で趣向を凝らした舞台を堪能させて頂きました。 (^^)









2013年・水無月11
お話がやや脱線しつつも、そのお皿に盛り付けた水無月ふたつ。 (^^;)




う~ん、京おどりのお皿がさいのか、はたまた水無月がきいのか、
スケール感が不明ですが、





いずれにしても、少々はみ出気味。 (^^;)









2013年・水無月12
そんな事を言いつつも、まずは従来の水無月を一口。 (^^;)




ひんやりとたく、弾力ある食感が実に滋味深い。





ちなみに「水無月」とは、ういろう生地に小豆をのせて、三角形に切った
和菓子の事。



小豆は邪気払い、三角形は暑気払いの氷を表しているんだそうな。





夏越祓に合わせて、こうして水無月を頂く風習が残っているのもうなずけます。 ( ̄人 ̄)









2013年・水無月13
続いて、黒糖味の方もご賞味を。



最近は水無月の種類も多様化していて、他に抹茶味なんかもあるんだそうな。






その内、イチゴ味とかも出て来たりして。 (^^;)









2013年・水無月14
こちらも一口頂きますと・・・、



黒糖の濃厚な甘み、深い味わいに香り、意外なほどに水無月とマッチしていて、
やや驚きです。









2013年・水無月15
ちなみに上に乗っている小豆には古来より、魔を滅する「魔滅」(まめ)という
意味が込められている事から、

魔除けや厄除けの供物として儀式などに使われたそうな。





まただらだら書いたので、こういうマメ知識も入れつつ、そろそろ

シメのほうへ。 (^^;)









2013年・水無月16
さてさて、そんなこんなで、2013年・水無月(みなづき)。



連日厳しい猛暑が続いておりますが、水無月を頂いて、少しは暑気も
払われました。 ( ̄人 ̄)




夏本番の八月も間近ですね~。


まだまだ続く暑さに気はいですが、何とか乗り切らねば・・・。 (´д`)







それにしても、晩ごはん前にこんな甘いものを完食してしまうし。 (^^;)



ま、晩ごはんは、別腹という事で・・・。 (^^;)     ←(どんな別腹)






powered by TomiryuMap






社寺巡り 大阪・三島郡「若山神社」(わかやまじんじゃ)茅の輪くぐり 
2012/07/22
の続きで、



ややっ張り気味ですが、夏越祓(なごしのはらえ)ネタを
もう少し。 (^^;)








いや、去年は→社寺巡り 京都・上京区「護王神社」(ごおうじんじゃ)
茅の輪くぐり 2011/07/06
のあと、肝心の水無月を食べるのを、





れていたんですよね~。 (^^;)









2012・水無月1
というワケで、今年はれずに、近所のスーパーでご購入。 (^^;)





でも、買いに行った時間が夜遅くだったので、もうおつとめ品しか
残っておらず、



売り切れ寸前でアブナイアブナイ。 (^^;)









2012・水無月2
何とかゲットした水無月を小皿に盛り付けると、涼やかでいい趣。 (^^)






ちなみに「水無月」とは、ういろう生地に小豆をのせて、三角形に切った
和菓子の事。






小豆は邪気払い、三角形は暑気払いの氷を表しているんだそうな。




主に関西では夏越祓に合わせて、こうして水無月を頂く風習が
あるんですね。









2012・水無月3
それではいざ、プラナイフを入刀~。 ( ̄人 ̄)





いや、エコを意識して、スタバで頂いて来たプラナイフを、
こうして使い回しているんです。 (^^;)     ←(物持ちがいい)









2012・水無月4
そんな事を言いつつも、さっそく一口。 (^^;)





ひんやりとたい、ういろうのプルプルとした食感。




上に乗った粒あずきの風味も相まって、まさにこの時期にふさわしい
冷菓。






ちなみに旧暦6月1日は、「氷の節句」または「氷の朔日」といわれ、
室町時代には幕府や宮中で年中行事とされていたそうな。



この日になると御所では、「氷室」(ひむろ)のを取り寄せて、
その氷を口にして暑気を払っていたんですね。





その名残から模られた水無月。 






歴史深く、ホントに暑気が払われる感じです。 (^^)









2012・水無月5
そうこう言ってると、早くも最後の一口に。 (^^;)









2012・水無月6
いや、四切れ入っていたので、半分は翌日にしておこうと
思ったんですが、



冷たくておいしかったので、勢い余ってペロリと完食。 (^^;)









2012・水無月7
ちなみに今回盛り付けた小皿は、都をどりのお茶席で頂ける物
なんですね。





ワタクシ、都をどりを観に行った事がないので、このお皿は

「頂き物」という形になるんですが。 (^^;)









2012・水無月8
さてさて、そんなこんなで、2012年・水無月(みなづき)。 (^^;)
 



このところ、連日猛暑が続いておりますが、水無月を頂いて少しは
暑気が払われたような気がします。 ( ̄人 ̄)






これから夏本番で、八月も間近。






そういえば最近、舞妓さん撮影も全然行ってませんね~。 (´д`)






八朔(はっさく)辺りは撮りに行きたいな~と。 (^^;)    ←(全然関係ないオチ)