本日、久しぶりにギターのを張り替えました。 ( ̄人 ̄)




これまた久しぶりの音楽ネタ。 (^^;)



いや、ここのところ社寺ネタばかりが続いていたので、たまにはこういう

日々ネタも入れておこうかなと。 (^^;)







Ibanez 7弦ギター1
そんなワケで、本日弦を張り替えますはコチラ、Ibanez(アイバニーズ)製の
7弦ギター。 (゚д゚)


正式な型名は失念したものの、Prestige(プレステージ)と位置づけられる
グレードなんですね。



同社の製品も多彩なラインナップですが、公式サイトによると、

「全モデルを日本製とし、徹底した品質管理のもと、高精度を追及した組み込みと
各部仕上げの緻密さを実現・・・」 云々と、



一応は上位モデルである模様。 (^^;)









Ibanez 7弦ギター2
1990年、グラミー賞も受賞した事のあるギタリスト・Steve Vai氏と「Ibanez」
の共同開発によって、7弦ギターは生まれたんですね。



ちなみに一般的なギターは6弦なので、やや特殊な部類に入るギターだったり。



1弦増えるだけでも豊かな音域になり、様々な可能性を秘めているんですが、

その分ネックもくなって、弾き難くなったりするワケでもあります。 (^^;)









Ibanez 7弦ギター3
低音を強調するために、最近ではラウド・ヘヴィ系のアーティストが
7弦ギターを使用するのは、もはやたり前に。


またその上、ダウンチューニングで弾くプレイヤーも多いんですね~。



最近の傾向としては、更に多弦化が進み、8弦9弦のギターが登場
したりと、何だか付いていけない世界に・・・。 (;´д`)









Ibanez 7弦ギター4
多弦ギターの沿革はこれ位にして、弦交換の方を。 (^^;)



さて、改めてこうして見ると、結構びてヒドイ状態。



判っていながら放置していたんですが、でもでも、これはある意味

交換のし甲斐があります。 (^^;)









Ibanez 7弦ギター5
せっかくの機会なので、ポリッシュや接点復活材を使ってメンテナンス
も行いましょう。 (^^)




いや、いつもならテキトーにお掃除して終了なんですが、今回はこうしてネタに
するので、ちょっと丁寧めに。 (^^;)









Ibanez 7弦ギター6
かなり丁寧めに、フレットのお磨きなんかもしたりして。 (^^;)



指板にはこれまた丁寧にマスキングテープを貼って養生を。




貼る作業も途中で挫折しそうになるし。 (^^;)    ←(基本めんどくさがり)









Ibanez 7弦ギター7
これはスゴイれ! (゚д゚;)


金属磨きの定番・ピカール液でゴシゴシしたところ、ウエスは真っ黒に。



くすんでいる位にしか見えませんでしたが、結構酸化していたんですね。




それにしても、見た目で分かる位綺麗になっていくのは実に気持ちいい。 (^^;)









Ibanez 7弦ギター8
フレットがピカピカになった後は、フレットボードのお手入れも。 



お肌の乾燥も気になるこの時期、それはギターも同じなんですね。



特に本ギターの様に、塗装膜のない指板は外気の湿度の影響を受け
やすいので、

こうして汚れ落としと同時に保湿効果のあるオイルで、いを与えてあげる
必要があるんです。 ( ̄人 ̄)









Ibanez 7弦ギター9
いつの間にかメンテ中心のお話になっていたので、弦について。 (^^;)



こうしてきめの楽器屋さんに行っても、これだけ品揃えがありながら、
7弦以上の交換弦セットを在庫されているのは、まだまだないんですね~。




そのの人達には当たり前になった多弦ギターも、世間一般からすると、

まだまだ少数派なんだな~と痛感したり。 (^^;)









Ibanez 7弦ギター10
そんな中、Ibanezブランドの交換弦セットを発見。 (゚д゚)



いや、今まで大手の「アーニーボール」や、「ダダリオ」を使う事が多かったので、

こうしたメーカー純正品がある事に気づきませんでした。 (^^;)




もちろん今回、さらっとご購入。 (^^;)









Ibanez 7弦ギター11
そして、やっと所期の目的である弦交換。 (^^;)



弦交換の仕方については今回は割愛しますが、それにしても、

こういうダブルロッキングトレモロのギターって、弦交換と
その後のチューニングが



非常に面倒なんです。 (^^;)    ←(めんどくさがり)









Ibanez 7弦ギター12
おお、チョーきやすくなった!w(*゚∇゚*)w



いやホント、メンテしたスベスベのフレットが新品の弦と相まって、

得も言われぬらかな弾き心地。



今まであんな状態の弦でいてたんですね~。



ベンドやビブラートも少ない力で掛けられるし、もっとく交換
しておけばよかった。 (^^;)









Ibanez 7弦ギター13
最後は、以前にご紹介したメインギターと並べて、パチリ♪

う~ん、これまたなんともメタラーな趣の1枚に。 (^^;)




さてさて、そんなこんなで、7弦ギターの交換。

ダラダラと作業していたので、1時間以上も掛かったり。 (^^;)



でもでも、大事にしているものがお手入れして綺麗になるのは
持ちのいいことですね。



今回は久しぶりの音楽ネタになりましたが、これまた久しぶりの
日々ネタという事で。 (^^;)



また機会があればアンプなど、その他の機材紹介なども出来ればと
思っております・・・。 (^^;)






スポンサーサイト
ヤングギター・2010年5月号 2010/4/12から、6月号は飛ばしまして、
音楽雑誌・ヤングギター・7月号、ご購入。(^^)


いつも、「速弾き」・「テクニカル」系のプレイヤーが付録DVD
登場する号は、買ってしまう訳なのですが・・・、(^^;)




中でも、今号は別格。








お目当ての方は、コチラ。
ヤングギター・2010年7月号・1
LOUDNESS(ラウドネス)の「高崎晃」(タカサキ アキラ)氏。



かの「ポール・ギルバート」を始め、数々のプレイヤーに影響を与えたという、

日本人として世界に誇れる数少ないギタリストです。





ちなみに、日本人単独の表紙登場は、13年11ヶ月ぶりとのこと。








ヤングギター・2010年7月号・2
メインメニューから、いきなりスゴイ威圧感。(^^;)



さて、何でも高崎氏、「教則ものはやらない」主義だそうで、一切断ってきたそうな。

しかし今回、YG誌の努力が実り、ついに初登場となった訳ですね。




スゴイですぞ、ヤング・ギター。 (゚Д゚ノノ"☆ パチパチパチパチ。




という訳で、さっそくDVD、再生。(^^)








ヤングギター・2010年7月号・3
重々しいデモンストレーションに始まり、リフ中心のエクササイズ。


さすがにプレイは正確・ノイズレスで、ウマイ。(゚д゚)


弾いている手元をこんなに凝視できる機会は、めったに無いかも。



LEDが埋め込まれたポジションマークも、スゴイ。








ヤングギター・2010年7月号・4
そして出ました、両手タッピング。


ここまで来ると、もうマネできません。(^^;)








ヤングギター・2010年7月号・5
そして最後に御大みずから、使用機材のご説明。


関西弁?(゚д゚) と思って調べてみると、
大阪市は東住吉区ご出身だそうな。 知らなかった。


チョト巻き舌が入っていてイカツイ。(^^;)






さてさて、そんなこんなでヤングギター・7月号。


今月号は、大変貴重なものを拝見しました。




永久保存版にして、じっくり楽しみたいと思います。(^^)





できれば「ランダムスター」のギターも紹介してほしかった・・・。(^^;) ←(トシがバレますよ。)






ギター・入院しました。 2010/3/17で入院していましたメインギターが、
先日退院しました。(^^)





入院前ギター ギター・退院しました1
右が退院後の画像ですが、絶妙に浮きが押さえられ、なだらかに面もとられて、
スバラシイ仕上がり。



さっそくアンプにつないで試しに、ピロピロ~・・・。



し、死ぬほど弾き易い。 (゚д゚;) ←(おおげさ)








ギター・退院しました2
いやホント。
不具合のあった各フレット、全てに処理が施され、ビビリが消えて、
サステインも効くように。



フレットもピカピカに磨き上げられて、ビブラートも掛け易い。



さすがは「ギターワークス」さん。 プロの技。(^^)








ギター・退院しました6
あと、青いギター弦・「DR EXTRA LIFE」 2009/7/11で書きました、
今まで使っていたカラー弦。



マイケル・アンジェロ先生ばりにフルシュレッドの練習をしていたので、
コーティングがはがれてけっこうボロボロに。(^^;)




修理のついでと言っては何ですが、








ギター・退院しました4 ギター・退院しました5
弦を一緒にお持込みで張って頂きました。(^^;)



今回の銘柄は、「Knucklehead・Super Mullet」(ナックルヘッド・スーパーマレット)。

メイドインUSAで、イラストもファンキーな雰囲気。(^^;)




しかしながら、音の輪郭ははっきりしていて、アタック感もよく、ギターとの相性も良い感じです。(^^)






さてさて、そんなこんなで、退院しましたメインギター。



コンディションはバッチリになったので、また速弾き上達を目指して
ピロピロと地道に練習しようと思います。(^^;)




音楽雑誌・ヤングギター・今月号。


久しぶりにご購入。(^^)





2010年5月号。
ヤングギター・2010年5月号・1
表紙はSCORPIONS。



でも今回も、お目当ては別です。(^^;)



以前、→ヤングギター・2009年5月号 2009/4/17で書きましたが、
昔挫折した速弾きに再チャレンジしておりまして、



「速弾き」・「テクニカル」系のプレイヤーがDVDに登場する号は、
つい買ってしまう訳です。(^^;)





そして今回お目当ての方は、コチラ。
ヤングギター・2010年5月号・2
ロバート・マルセロ(Robert Marcello)先生。



遅まきながら、ワタクシ最近注目の超絶ギタリストです。(^^)




ヤングギター・2010年5月号・4
「YouTube」や「ニコニコ動画」でも、動画が投稿されているので
色々と観てみましたが、メタルにとらわれず引き出しの数が多い。


この人、何でもできるッ (゚д゚;)  と言う感じ。



まさに、天性の技巧とセンスを持ち合わせています。








ヤングギター・2010年5月号・3
今回の号は、BOSSの新マルチエフェクター・「ME-25」の製品紹介がメインなので、
フレーズ解説などはありませんが、デモ曲のプレイを観るだけでも
値打ちがあります。








ヤングギター・2010年5月号・5
ランディローズよろしく、ポルカドットなキャパリソンのギターが
カッコイイ。(^^;)



しかし、スウィープの音粒の揃い方なんかスバラシイ。

この辺りは、ぜひとも盗ませて頂きましょう。(^^)






さてさて、今月号の「ヤングギター」。
ヤングギター・2010年5月号・6
DVDに、これまた天才的ギタリスト、「田川ヒロアキ」氏が登場するなど、
とても内容の濃い号。



ワタクシ、とてもテンションが上がって弾きたくなっているんですが、

ギター・入院しました。 2010/3/17で、メインギターはまだ入院中だったりします。(^^;)






2010年 京都・春季・非公開文化財・特別公開 その2 2010/4/5の続きで、
JR・京都駅ビル内をウロウロ。




ひとまずワタクシは、京都総合観光案内所・「京なび」で、 非公開文化財・
特別公開のパンフレットを頂けて、ご満悦。(^^)





JR・京都駅
しかし、なにやら上階のほうが騒がしい。



どうも演歌が聞こえてくるようですが。(^^;)








京都駅・五木ひろしミニライブ1
聞き覚えのある歌声に導かれ、エスカレータで上階へ。


おお、五木ひろし・新曲「おしろい花」トーク&ミニライブ、の標記が。








京都駅・五木ひろしミニライブ2
歌謡界の大御所な方ですね。

よくモノマネされる事でも有名なような。(^^;)





さて会場である、室町小路広場に到着すると・・・、








京都駅・五木ひろしミニライブ3
`;:゙;`;・(゚ε゚; )ブッ!!


す、すごい人ごみ。 (゚д゚;)




なるほど、このミニライブ、無料なんですね。

いつもながら、無料パワーはすごい。 (^^;)








京都駅・五木ひろしミニライブ4
「写真は撮らないで下さい!」



思いのほか撮影規制が厳しく、駅ビルの最上階まで来てしまいました。



左手には、京都タワーが見えちゃってます。(´Д`)








京都駅・五木ひろしミニライブ5
う~ん、この距離だと、思いっきり望遠で撮っても、誰だかよくわかりません。(^^;)





しかし、さすがに歌はウマイ。(゚д゚)








京都駅・五木ひろしミニライブ6
参加した時間が終盤だったので、そうこうしている内にミニライブは終わって
しまいました。 あらら。(^^;)



よく見ると、前方の席には青いハッピを着た人たちがズラリと。


追っかけの人たちでしょうか。 スゴイ。(^^;)








京都駅・五木ひろしミニライブ7
ライブ終了後、ステージ近くでは、本日披露された新曲のCD
即売されるとのアナウンスが。


ちょっと行って見ましょう。(^^)








京都駅・五木ひろしミニライブ8
そして、ふらりと買ってしまったCDシングル・「おしろい花」:1200円也。(^^;) ←(愚)



普段メタル一辺倒のワタクシも、たまには演歌もいいかも知れません。(^^)








京都駅・五木ひろしミニライブ9
そして、CDお買い上げの方には、五木さんとの握手券付き。



ちなみにコチラのCD販売。 以前→青いギター弦・「DR EXTRA LIFE」 2009/7/11
書きました、「JEUGIA」(ジュージヤ)さんが協賛されているようです。




JEUGIAさんとは何かとご縁があるようです。(^^;)








京都駅・五木ひろしミニライブ10
最後は五木さんと、ガシッと熱い握手を交わして、ミニライブは終了。


帰りのエスカレータも、すごい人ごみ。(^^;)



さてさて、そんなこんなで、京都駅ビル内・五木ひろし・ミニライブ。


予想外の新鮮な体験をさせて頂き、大満足です。(^^)






powered by TomiryuMap